Hokuroku Maps

泊まる楽しみはもっと深い。新・北陸の宿。

年間で70泊、多い年で100泊くらい全国のホテルや宿を泊まり歩いてきた明石博之が、北陸の気になる宿を紹介するとともに、宿の選び方・楽しみ方を語ります。

泊まる楽しみはもっと深い。新・北陸の宿。

年間で70泊、多い年で100泊くらい全国のホテルや宿を泊まり歩いてきた明石博之が、北陸の気になる宿を紹介するとともに、宿の選び方・楽しみ方を語ります。

泊まる楽しみはもっと深い。新・北陸の宿。

年間で70泊、多い年で100泊くらい全国のホテルや宿を泊まり歩いてきた明石博之が、北陸の気になる宿を紹介するとともに、宿の選び方・楽しみ方を語ります。

泊まる楽しみはもっと深い。新・北陸の宿。

年間で70泊、多い年で100泊くらい全国のホテルや宿を泊まり歩いてきた明石博之が、北陸の気になる宿を紹介するとともに、宿の選び方・楽しみ方を語ります。

泊まる楽しみはもっと深い。新・北陸の宿。

年間で70泊、多い年で100泊くらい全国のホテルや宿を泊まり歩いてきた明石博之が、北陸の気になる宿を紹介するとともに、宿の選び方・楽しみ方を語ります。

特集の予告。その1。

地図の機能は増えるけど。今週は初めての「蔵書整理」です。

今週のHOKUROKUは「蔵書整理」週間に入ります。
きっと読んでいない特集もあるはずです。この機会に探して、楽しんでくださいね。

世界の豪雪都市に学ぶ。雪国暮らしの「雪遊び」

実は私たち北陸人は、世界的に見ても極めてまれなくらい恵まれた環境に暮らしています。

ならば「冬を楽しまなければ、もったいないんじゃない?」と、諸外国を旅しながら感じた、極めて個人的な意見を書き連ねます。

世界の豪雪都市に学ぶ。雪国暮らしの「雪遊び」

実は私たち北陸人は、世界的に見ても極めてまれなくらい恵まれた環境に暮らしています。

ならば「冬を楽しまなければ、もったいないんじゃない?」と、諸外国を旅しながら感じた、極めて個人的な意見を書き連ねます。

世界の豪雪都市に学ぶ。雪国暮らしの「雪遊び」

実は私たち北陸人は、世界的に見ても極めてまれなくらい恵まれた環境に暮らしています。

ならば「冬を楽しまなければ、もったいないんじゃない?」と、諸外国を旅しながら感じた、極めて個人的な意見を書き連ねます。

長靴から逆算する。雪国の冬服の正解。

今回の特集では、有名アパレルブランドに勤務後、セレクトショップを立ち上げ、現在は金沢市や富山市でオーダースーツの専門店<the Measuring order salon>を経営する藤田伸朗さんに、長靴から逆算して考える冬服の「正解」を教えてもらいました。

長靴から逆算する。雪国の冬服の正解。

今回の特集では、有名アパレルブランドに勤務後、セレクトショップを立ち上げ、現在は金沢市や富山市でオーダースーツの専門店<the Measuring order salon>を経営する藤田伸朗さんに、長靴から逆算して考える冬服の「正解」を教えてもらいました。

法律家の「謎解き」。弁護士Iからの挑戦状。(金沢市庁舎前広場編)

以前<HOKUROKU>で、「法律家の『謎解き』。弁護士Iからの挑戦状。(ふるさと納税編)」という特集を出しました。
今回の「金沢市庁舎前広場編」は、シリーズ第2弾。舞台を北陸に移し、憲法学者に「許容できない」とまで言わしめた、金沢の「広場」を巡る事件を扱います。

移住者にも地元民にも。自衛隊式「雪かき」の作法。

今回は急きょ、雪かきや屋根の雪下ろしなど、雪に慣れない北陸への移住者が、雪国の生活で身に付けておきたい即戦力の技術をとめました。

移住者にも地元民にも。自衛隊式「雪かき」の作法。

今回は急きょ、雪かきや屋根の雪下ろしなど、雪に慣れない北陸への移住者が、雪国の生活で身に付けておきたい即戦力の技術をとめました。

移住者にも地元民にも。自衛隊式「雪かき」の作法。

今回は急きょ、雪かきや屋根の雪下ろしなど、雪に慣れない北陸への移住者が、雪国の生活で身に付けておきたい即戦力の技術をとめました。

福井・石川・富山のどこにある? 東西お雑煮の境界線。

今回は、お雑煮発祥の地である京都と地理的に近い福井から順に、地図上で旧北陸道をすごろくのようにたどりながら、福井、石川、富山のお雑煮の特色を探ります。

福井・石川・富山のどこにある? 東西お雑煮の境界線。

今回は、お雑煮発祥の地である京都と地理的に近い福井から順に、地図上で旧北陸道をすごろくのようにたどりながら、福井、石川、富山のお雑煮の特色を探ります。

福井・石川・富山のどこにある? 東西お雑煮の境界線。

今回は、お雑煮発祥の地である京都と地理的に近い福井から順に、地図上で旧北陸道をすごろくのようにたどりながら、福井、石川、富山のお雑煮の特色を探ります。

福井・石川・富山のどこにある? 東西お雑煮の境界線。

今回は、お雑煮発祥の地である京都と地理的に近い福井から順に、地図上で旧北陸道をすごろくのようにたどりながら、福井、石川、富山のお雑煮の特色を探ります。

福井・石川・富山のどこにある? 東西お雑煮の境界線。

今回は、お雑煮発祥の地である京都と地理的に近い福井から順に、地図上で旧北陸道をすごろくのようにたどりながら、福井、石川、富山のお雑煮の特色を探ります。

福井・石川・富山のどこにある? 東西お雑煮の境界線。

今回は、お雑煮発祥の地である京都と地理的に近い福井から順に、地図上で旧北陸道をすごろくのようにたどりながら、福井、石川、富山のお雑煮の特色を探ります。

福井・石川・富山のどこにある? 東西お雑煮の境界線。

今回は、お雑煮発祥の地である京都と地理的に近い福井から順に、地図上で旧北陸道をすごろくのようにたどりながら、福井、石川、富山のお雑煮の特色を探ります。

福井・石川・富山のどこにある? 東西お雑煮の境界線。

今回は、お雑煮発祥の地である京都と地理的に近い福井から順に、地図上で旧北陸道をすごろくのようにたどりながら、福井、石川、富山のお雑煮の特色を探ります。

福井・石川・富山のどこにある? 東西お雑煮の境界線。

今回は、お雑煮発祥の地である京都と地理的に近い福井から順に、地図上で旧北陸道をすごろくのようにたどりながら、福井、石川、富山のお雑煮の特色を探ります。

今年もお世話になりました。2020年に最も読まれたHOKUROKUの特集。

2020年(令和2年)5月31日に創刊してから、7カ月が経過した<HOKUROKU>(ホクロク)。これまでに1万人近くの人が、10万回以上読んでくれました。

利き酒師と酒匠で考える。日本酒の「ペアリング」の教科書。(後編)

富山県氷見市にある日本酒バーを併設した宿<蔵ステイ池森>で、宿泊者限定のミニバーセットをつくろうという話からスタートした今回の特集。

利き酒師と酒匠で考える。日本酒の「ペアリング」の教科書。(後編)

富山県氷見市にある日本酒バーを併設した宿<蔵ステイ池森>で、宿泊者限定のミニバーセットをつくろうという話からスタートした今回の特集。

利き酒師と酒蔵の社長で考える。日本酒の「ペアリング」の教科書。(前編)

今回は利き酒師にして、日本酒バーを併設した宿<蔵ステイ池森>を富山県氷見市で営む池森典子さんと一緒に、日本酒のペアリング論を深めてみました。

利き酒師と酒蔵の社長で考える。日本酒の「ペアリング」の教科書。(前編)

今回は利き酒師にして、日本酒バーを併設した宿<蔵ステイ池森>を富山県氷見市で営む池森典子さんと一緒に、日本酒のペアリング論を深めてみました。

多くの人の共感を集める。THE「クラファン」のノウハウ。

話を聞いた相手は富山県氷見市と富山市でブルーパブを営む<Beer Cafe BREWMIN>の山本悠貴さん。石川県金沢市の<ノルマン洋菓子店>の3代目、中村一貴さん。福井県福井市で「越前海岸盛り上げ隊」の一員として活動する高橋要さんです。

多くの人の共感を集める。THE「クラファン」のノウハウ。

話を聞いた相手は富山県氷見市と富山市でブルーパブを営む<Beer Cafe BREWMIN>の山本悠貴さん。石川県金沢市の<ノルマン洋菓子店>の3代目、中村一貴さん。福井県福井市で「越前海岸盛り上げ隊」の一員として活動する高橋要さんです。

多くの人の共感を集める。THE「クラファン」のノウハウ。

話を聞いた相手は富山県氷見市と富山市でブルーパブを営む<Beer Cafe BREWMIN>の山本悠貴さん。石川県金沢市の<ノルマン洋菓子店>の3代目、中村一貴さん。福井県福井市で「越前海岸盛り上げ隊」の一員として活動する高橋要さんです。

ダスキンの「Gメン」に聞く。古民家リノベのゴキ〇リ対策。

ダスキンの協力の下、実は人知れず悩んでいるオーナーが多いはずの、古民家におけるゴキブリ対策をまとめました。古民家を「リノベ」して飲食店にしたい人はもちろん、住居に利用したい人たちにも役立つ情報が盛りだくさんです。

HUM&Go#とAmacaで考える。「次のお店」のつくり方。

富山の滑川にある行列の絶えないカフェ<hammock cafe Amaca>の坂上翔太さんと一緒に、石川の野々市や金沢で人気カフェ<HUM&Go#>を展開する久木(きゅうき)誠彦さんを訪ね、「次のお店」のつくり方について学んできました。

HUM&Go#とAmacaで考える。「次のお店」のつくり方。

富山の滑川にある行列の絶えないカフェ<hammock cafe Amaca>の坂上翔太さんと一緒に、石川の野々市や金沢で人気カフェ<HUM&Go#>を展開する久木(きゅうき)誠彦さんを訪ね、「次のお店」のつくり方について学んできました。

こんなのもあるんです。HOKUROKUのコメント欄「オプエド」

読者に開放されたこのコメント欄は、実は見掛け以上にHOKUROKUが大事にしている部分。今回はその「オプエド」の機能を紹介します。

富山の人が「ばんそうこう」を「キズバン」と呼ぶ唯一の県民である理由。

「富山の人たちってなんで、ばんそうこうを『キズバン』と呼ぶの?」という読者から届いた素朴な問いを取り上げます。

移住者たちの川柳。第1回「金猫賞」発表の話。

もともとは、川柳と俳句の違いも知らないHOKUROKU編集部が、あまり高尚とは言えない動機で始めたコーナーです。

移住者たちの川柳。第1回「金猫賞」発表の話。

もともとは、川柳と俳句の違いも知らないHOKUROKU編集部が、あまり高尚とは言えない動機で始めたコーナーです。

移住者たちの川柳。第1回「金猫賞」発表の話。

もともとは、川柳と俳句の違いも知らないHOKUROKU編集部が、あまり高尚とは言えない動機で始めたコーナーです。

国立工芸館の唐澤館長に聞く。北陸の工芸を巡る旅の「予習」

遠出ができない今の状況を逆手にとって、1泊2日で北陸の工芸を巡る小旅行(マイクロツーリズム)を紹介する今回の連載、第1回目は工芸の基礎的な話を、国立工芸館の館長・唐澤昌宏さんに聞きます。

「スマホ」で撮る。SNS時代の「物撮り」の教科書。

金沢で広告写真を手掛ける<カメラマンズハウス>所属の佐渡亮介さんに、「スマホ」でも実践できる「物撮り(ぶつどり)」の基本を教えてもらいました。

「買い」の古民家。「買ってはいけない」古民家。

『HOKUROKU』のプロデューサーにして、過去に古民家を500軒以上も内見してきた古民家再生の専門家・明石博之が、買いの古民家・買ってはいけない古民家の見定め方を語ります。

ラーメンの代名詞になるくらいタイで「8番らーめん」が広まる理由。

意外にも東南アジアのタイ王国には、その数を上回る135店舗もの8番らーめんがあります。

新・テイクアウトの楽しみ。8番らーめんの「ちょい足し」レシピ。

今回はその「ちょい足し」メニューを、北陸の人たちのソウルフード(その地域で特に親しまれている料理)<8番らーめん>のメニューを使って考えてみました。

「8番」の本店で聞いた。野菜トマトらーめんの通な食べ方講座。

加賀市にある8番らーめんの本店で、株式会社ハチバンの営業戦略部の村中美貴さんに、野菜トマトらーめんの通な食べ方を学んできました。

漫画家ちさこ先生と考える。「8番らーめん」の愛し方・愛され方。

8番らーめんを深掘りするために、同店を作中で描いた漫画『北陸とらいあんぐる』の作者であり、石川県の出身者でもある漫画家ちさこ先生にユーザー代表として、一方で運営元の株式会社ハチバンからは、8番らーめん側の代表の方に、オンラインで集まってもらいました。

北録伝力

北録伝力(ホクロクデンリョク)とは、北陸にあるどこかの場所をバーチャル体験できる生活音や自然音を集めた、暮らしや仕事のBGMにもなる音声コンテンツです。

ヒットメーカーの漁師さんが身近な物から「価値を生む」方法。

「ブランド戦国時代」と言われる現代。北陸3県はもちろん、日本各地で農畜水産物のブランド化が行われています。
今回は東海さんに、身近な物の値打ちに気付き、磨いて、価値を生む方法を聞いてみました。

すみません。HOKUROKU、Wikipediaデビューしちゃいました。

世界最大のオンライン百科事典『Wikipedia(ウィキペディア)』。人名や社名、商品名を検索したときにWikipediaに記載があると、「へえ、きちんと載っているんだ」と、ちょっと印象が変わりますよね。

法律家の「謎解き」。弁護士Iからの挑戦状。(ふるさと納税編)

この連載は、<HOKUROKU>の運営メンバーの一人、弁護士の伊藤建による、北陸3県にまつわるリーガル(法律に関する)な「謎解き」コンテンツです。

法律家の「謎解き」。弁護士Iからの挑戦状。(ふるさと納税編)

この連載は、<HOKUROKU>の運営メンバーの一人、弁護士の伊藤建による、北陸3県にまつわるリーガル(法律に関する)な「謎解き」コンテンツです。

法律家の「謎解き」。弁護士Iからの挑戦状。(ふるさと納税編)

この連載は、<HOKUROKU>の運営メンバーの一人、弁護士の伊藤建による、北陸3県にまつわるリーガル(法律に関する)な「謎解き」コンテンツです。

おもたせやお中元にも。あの人の夏のお菓子。(後編)

北陸でも、お盆休みが始まった人も居るはずです。誰かに会う機会が、いつも以上に増えるタイミング。そんな時に、今回の特集に出てきたお菓子が役立てばいいなあと思います。

おもたせやお中元にも。あの人の夏のお菓子。(後編)

北陸でも、お盆休みが始まった人も居るはずです。誰かに会う機会が、いつも以上に増えるタイミング。そんな時に、今回の特集に出てきたお菓子が役立てばいいなあと思います。

おもたせやお中元にも。あの人の夏のお菓子。(後編)

北陸でも、お盆休みが始まった人も居るはずです。誰かに会う機会が、いつも以上に増えるタイミング。そんな時に、今回の特集に出てきたお菓子が役立てばいいなあと思います。

Hokuroku

おもたせやお中元にも。あの人の夏のお菓子。(前編)

北陸3県の人に聞き始めてみると、出てきた答えには、おいしそうな和菓子がいっぱい。日本三大菓子処(どころ)として知られる金沢がある北陸らしい答えとも言えるかもしれませんね。

Hokuroku

おもたせやお中元にも。あの人の夏のお菓子。(前編)

北陸3県の人に聞き始めてみると、出てきた答えには、おいしそうな和菓子がいっぱい。日本三大菓子処(どころ)として知られる金沢がある北陸らしい答えとも言えるかもしれませんね。

Hokuroku

おもたせやお中元にも。あの人の夏のお菓子。(前編)

北陸3県の人に聞き始めてみると、出てきた答えには、おいしそうな和菓子がいっぱい。日本三大菓子処(どころ)として知られる金沢がある北陸らしい答えとも言えるかもしれませんね。

こんなのもあるんです。HOKUROKUの「たまり場」たち。

公開分も未公開分も含めて、創刊時につくった「たまり場」を紹介します。各ページの最後には、それぞれの応募フォームも掲載しています。皆さん、どしどし投稿してくださいね。

北陸3県で考える。コーヒー・タンブラーのある暮らし。(調査編)

「北陸にはどこにタンブラーを使えるお店があるのか」、「どんなコーヒー・タンブラーが売っているのか」と調べを進めるうちに、北陸の環境問題を考えるきっかけにもなりました。

北陸3県で考える。コーヒー・タンブラーのある暮らし。(調査編)

「北陸にはどこにタンブラーを使えるお店があるのか」、「どんなコーヒー・タンブラーが売っているのか」と調べを進めるうちに、北陸の環境問題を考えるきっかけにもなりました。

北陸3県で考える。コーヒー・タンブラーのある暮らし。(調査編)

「北陸にはどこにタンブラーを使えるお店があるのか」、「どんなコーヒー・タンブラーが売っているのか」と調べを進めるうちに、北陸の環境問題を考えるきっかけにもなりました。

イナガキヤスト×大木賢。「バズる」写真論。

写真家のイナガキヤストさんと、同じく北陸で活躍するフォトグラファー・大木賢さんで、今回は「バズる写真論」について話してもらいました。

置く、掛ける、つるす。「陳列と展示」の正解。

福井には画家として輝かしい受賞歴を持ちながら、ディスプレーコーディネーターとしても活躍する筧いづみさんが居ます。
今回はその筧さんに、仕事や暮らしで役立つ陳列と展示のルールを教えてもらいました。

実録・北陸人のための金沢「茶屋遊び」入門。

北陸3県の地元民による、地元民のための、地元の大切な茶屋街を特集します。

100年前のニュースに学ぶ。北陸3県の「スペイン風邪」365日。

100年前に流行し、北陸3県でも82万人の感染者と1万6千人の死者を出した「スペイン風邪(スパニッシュ・インフルエンザ)」について。

北陸がもっと好きになる。あの人の「本と映画と漫画」の話。

今回は北陸3県に暮らす各界の人に、「北陸がもっと好きになる、本や映画や漫画を教えてください」と声を掛けてみました。

北陸がもっと好きになる。あの人の「本と映画と漫画」の話。

今回は北陸3県に暮らす各界の人に、「北陸がもっと好きになる、本や映画や漫画を教えてください」と声を掛けてみました。

北陸がもっと好きになる。あの人の「本と映画と漫画」の話。

今回は北陸3県に暮らす各界の人に、「北陸がもっと好きになる、本や映画や漫画を教えてください」と声を掛けてみました。

北陸がもっと好きになる。あの人の「本と映画と漫画」の話。

今回は北陸3県に暮らす各界の人に、「北陸がもっと好きになる、本や映画や漫画を教えてください」と声を掛けてみました。

北陸がもっと好きになる。あの人の「本と映画と漫画」の話。

今回は北陸3県に暮らす各界の人に、「北陸がもっと好きになる、本や映画や漫画を教えてください」と声を掛けてみました。

コロナ後も考えてみた。「愛される場所」のつくり方。

「愛される場所づくり」を論題とする座談会を開き、グリーン・ノート・レーベル(富山)の明石博之さんと、CORARE ARTISANS JAPAN(富山)の山川智嗣さん、さつきさん、聞き手としてWE建築計画(石川)の西出雅史さんに集まってもらいました。

コロナ後も考えてみた。「愛される場所」のつくり方。

「愛される場所づくり」を論題とする座談会を開き、グリーン・ノート・レーベル(富山)の明石博之さんと、CORARE ARTISANS JAPAN(富山)の山川智嗣さん、さつきさん、聞き手としてWE建築計画(石川)の西出雅史さんに集まってもらいました。

コロナ後も考えてみた。「愛される場所」のつくり方。

「愛される場所づくり」を論題とする座談会を開き、グリーン・ノート・レーベル(富山)の明石博之さんと、CORARE ARTISANS JAPAN(富山)の山川智嗣さん、さつきさん、聞き手としてWE建築計画(石川)の西出雅史さんに集まってもらいました。