長靴から逆算する。雪国の「冬服コーデ」の正解。

北陸の冬には雪が降る、当たり前の話ですが2021年(令和3年)の冬はその現実をとことん思い知らされましたね。

 

「やぼったくなるから履きたくない」とかたくなに長靴ファッションを拒否する若者であってもこれだけ雪が降れば考えを曲げざるを得ません。

 

ただ長靴は見た目の面積が大きく存在感もあります。「大雪の日だけだからなんでもいいや」と諦めにも似た気持ちで長靴と洋服のコーディネートを考えると、その瞬間に生まれる見た目の残念な印象は誠に強烈です。

 

露骨に言ってしまえば「THE・田舎者」が一瞬で出来上がるわけです。

 

北陸のような雪国の冬には手放せない・履かざるを得ないアイテムなのですから、長靴ありきで今ある長靴から逆算して全身のファッションを装う技術はないのでしょうか?

 

今回の特集ではそんな疑問を解決するべく、金沢市や富山市でオーダースーツの専門店〈the Measuring order salon〉を経営する藤田伸朗さんに長靴から逆算して考える冬服の「正解」を教えてもらいました。

 

オーダースーツ専門店をオープンする前は有名アパレルブランドでの勤務やセレクトショップを立ち上げた経歴もある、いわばファッションのプロフェッショナルが藤田さんです。

 

手持ちの長靴を使ってどのように洋服を合わせるかの話から始まって、長靴を買い替える際のポイント、さらには長靴の手入れにまで話は及びました。

 

単なるファッションアイテムの組み合わせだけで完結するのではなく冬服のコーディネートを行く場所も計算して組み立てる、そんな心掛けを一人一人が持てば北陸の暗いまちの景色を変えられるかもしれないといった深い話も出てきました。

 

そろそろまた冬が始まります。最後まで読んでみてくださいね。

 

HOKUROKU編集長・坂本正敬