長靴から逆算する。雪国の「冬服」の正解。

2021.01.27

vol. 02

着る服も長靴の色に負けないように色の面積が大きいデザインがいい。

 

大坪:ここから、いよいよ僕の自前の長靴を使っておしゃれをする、言い換えれば、今ある長靴から逆算してファッションを考える本題へと入りたいと思います。

 

実は事前に<HOKUROKU>の<Twitter>でアンケートを取ったところ、ブランドを気にして長靴を購入している人は少数派でした。

 

さらに言えば、「とりあえず履ければよい」と考えている方も多いようです。

 

 

こだわった長靴をおしゃれに履こうと思う少数の人と、とりあえず履ければいいと思っている大多数の人。この2者の間には大きな溝がありそうです。今回の特集では、少しでもこの溝を埋められればと思います。

 

そこで、「とりあえず履ければいい派」の大多数の読者に向けて、「特にこだわりを持たずに買った手持ちの長靴でもできる、おしゃれな長靴コーディネートの組み立て方」を聞かせてください。

 

藤田:分かりました。

 

履き口の高いロングの長靴。

大坪:まず、長靴を大きく分けると、履き口の高さ、色で分けられると思います。履き口はひざの下ぐらいまでの高さのあるロングなタイプ、くるぶしからすねぐらいまでの高さのショートなタイプがあります。

 

履き口の低いショートの長靴。

僕は今まで長靴を持ってなかったんですが、今回の北陸の豪雪では、さすがにロングの長靴を買いました。

 

選んだ商品は近所の靴屋の一番手前に並んでいた、サイズの合う長靴です。お店に入ってから購入するまでに10分もかかってないぐらいだと思います。

 

筆者の長靴。

この何の気無しに買った長靴に対して、どんなコーディネートを考えていったらいいでしょうか。

 

私物でいろいろな洋服も持ってきました。コーディネートのポイントを教えていただければと思います。

 

藤田:分かりました。まず概論として、履き口の高いロングなタイプは体に対して長靴の占める面積が大きくなります。つまり、長靴のインパクトが強くなりがちです。

 

なので、長靴のボリュームを全体で中和させるようなコーディネートがいいと思います。

 

その上で各論に入ると、大坪さんの長靴の場合は、コーディネートの前にまずこの長靴についているひもを、もっと細いひもに替えたら格好いいと思います。

 

長靴にひもがついている。

大坪:それはなぜでしょう。現状だと何が悪いのでしょうか。

 

藤田:現状だと、ちょっと露骨に言えば、ごめんなさいね。完全に「おっさん」臭いです。

 

ちょう結びが目立つんですよね。ひもの存在感がすごいので、僕だったらこのひもを取って履きます。もう少しワイルドな感じになる気がします。

 

パーカーでもフードのひもを取る人が居るじゃないですか。ひものあるなしで、だいぶ雰囲気は変わります。この方が足もちょっと長く見えると思います。

 

大坪:じゃあ、ちょっと取ってみましょうか。

 

 

取れました。

 

 

確かにすっきりしていいですね。ちょっと足が長く見える気もします。

 

ただ、自分で言うのもなんですが、ひもがついてる長靴ってそんなに数は多くはないと思います。もう少し一般的なポイントも知りたいです。合わせるパンツの色などはどうでしょうか。

 

 

藤田:パンツの色はそんなに悪くないと思います。黒い長靴に対して明るい色でいいと思います。

 

パンツの場合、すそは長靴の中に入れる場合がほとんどだと思います。そうなるとパンツの形はなるべく細身のタイプを選んだ方がいいですね。

 

素材としてはデニム生地もいいと思います。生地が硬いので、すそを長靴に入れてもそんなにぶかっとしません。また細身のパンツは体にフィットするので、冬場でもあまり寒くないと思います。太めのパンツを履くと、結構寒いです。

 

大坪:なるほど。ポイントとしてまとめると、長靴を履く時は細身のパンツを合わせた方がいい。またお勧めとしては、デニム生地のパンツがいいという話でしょうか。

 

藤田:そうですね。防寒の観点からも、スタイルの観点からもお勧めです。

冬服の長靴の正解。その1。

防寒も考えて、長靴を履く時は細身のジーンズを履く。

長靴はブーツ、つまりカントリーやアウトドアをルーツに持つアイテム。

大坪:次に上着はどうでしょうか。

 

藤田:先ほども少し言いましたが、長靴のボリュームを全体で中和させるコーディネートがいいと思います。合わせる上着は、長めのスタイルが格好いいんじゃないでしょうか。

 

大坪:例えば、このロングコートはどうでしょうか。僕、今日はこのロングコートを着て来ました。

 

 

藤田:今、長めのスタイルと言いましたが、これはちょっと合わないですね。

 

長靴はブーツ、つまりカントリーやアウトドアをルーツに持つアイテムなので、あまりアーバンな雰囲気の服は合わせない方がいいと思います。

 

例えばアースカラーだったりとか、アウトドアを感じさせるデザインだったりとか。そういった洋服の方が長靴には合わせやすいと思います。

 

大坪:具体的にはどんな洋服がよいでしょう?

 

藤田:例えばうちのスタッフの相賀くんが今着ている、アクティブな印象のジャケットは合います。

 

<the Measuring order salon>のスタッフで、靴磨き職人の相賀善博さん。

このジャケットはイギリスの<Barbour(バブアー)>というブランドの洋服です。

 

Barbourはイギリスのアウトドアブランドで、もともとは船員や漁師、港湾労働者など、労働のための服装というルーツがあります。

 

その意味で、ブーツをルーツとする長靴とも相性がいいのです。最近は女性でも着ている人が増えました。個人的にBarbourはお勧めです。

 

大坪:なるほど。洋服のルーツと長靴のルーツを合わせる考え方が大事なんですね。

冬服の長靴の正解。その2。

長靴と洋服のルーツを合わせる。

その意味で言えば、あらためてコートを脱いで、下に着ているセーターと長靴を合わせた方が、カントリーな雰囲気が出て、バランスが良いと思うのですが。どうでしょうか。

 

 

藤田:そうですね。確かに方向性としてはその通りなのですが、率直に申し上げれば、現状でそのセーターからは、「長靴が楽だから上も楽しよう」っていう感じがすごく伝わってきます。その気の緩みが、上半身に出ている感じがします。

 

大坪:いや、実はおっしゃる通りで。今の状態って、もう長靴だし、「これでいいか」という服装なんですよ。僕に限らず、このような感じで毎日の服を選んでいる人も居るのではないでしょうか。

 

藤田:まず、セーターの色が良くないと思います。今の大坪さんは、ちょっと言い過ぎかもしれませんが、「実家のお父さん感」が満載です。この色のセーターを着るのでしたら、白のシャツとかを着た方が格好いいと思います。

 

もっと言えば、パンツの色は良かったのですが、セーターも同じ色味になっている点が良くないです。

 

上下でメリハリをつけて、ちょっと明るい色があってもいいかなと思います。今のパンツとセーターの組み合わせはそれこそ、「冬の北陸の空」のようです。

 

大坪:冬の北陸の空ですか。

 

藤田:北陸は冬になると、暗い色でコーディネートしている人がすごく多いんです。まるで北陸の空みたいで。

 

なので現状のスタイルでいくなら、小物で明るいアイテムを入れてもいいと思います。バッグとか、今の時期だとマフラーだとか。

 

あとは着こなしでもちょっと変わるかなと思います。例えば袖をちょっとまくってみたりとか。上半身のぼさっとした感じが少しすっきり見えますね。

 

シャツも着るならきちんとパンツの中に入れたほうがいいかも。

 

筆者のシャツの着こなしをアドバイスする藤田さん。

大坪:長靴でもちゃんと気を張るっていうことは大事ですね。ポイントとしてまとめると長靴を履くならだらしなくしないっていうのは大事かもしれないですね。

全体で3色、多くて4色です。

アウターはどうでしょうか。今日持ってきたラインアップで言えば、赤色のダウンジャケットがあります。

 

藤田:そうですね。一般的に言えば、長靴のカントリーな感じに合うアウターで、明るい色も入るといいですよね。なので、赤色のダウンは悪くないと思います。

 

 

大坪:いかがでしょう?

 

 

藤田:さっきのコートよりは、こっちの方がいいと思います。アウトドアな雰囲気が出て、長靴とも合います。暗い色ではなく、あえて明るい色を選ぶのもいいと思います。

冬服の長靴の正解。その3。

アウトドアな雰囲気の明るい色のアウターを選んでみる。

あと、先ほどのセーターを脱いで、お持ちのダッフルコートを着てみてもいいと思います。今着ているネイビーのシャツよりも濃いネイビーがグラデーションになっていて、上半身がもっとスッキリと見えるかと思います。

 

大坪:じゃあ、着てみますね。

 

 

大坪:なるほど。あんまり同色同士合わせるのは良くないのかなと思っていましたが、スッキリしました。

 

藤田:色を使いすぎるのも良くないです。全体で3色、多くて4色です。

 

かつ、長靴の時ははっきりした色を使っていったほうがいいです。

 

長靴は面積が大きいので、着るものも長靴の色に負けないように色の面積が大きいものがいいと思います。

冬服の長靴の正解。その4。

長靴の色に負けないように、洋服は色の面積が大きいアイテムを合わせる。

 

さらに、コートのボタンを締めてみてもいいと思いますよ。

 

 

大坪:何の気なしに選んだ長靴ですが、だんだん愛着が持てるようになってきた気がします。

 

藤田:良かったです。ただ、振り出しに戻るような話で申し訳ないですが、大坪さんの長靴の場合、履き口がもっと高い方がいいと思いますよ。

 

藤田さんの長靴。

長靴は履き口の高さによって見え方ってかなり変わります。ちょっと僕のHUNTERの長靴も履いてみてください。

 

大坪:ではちょっと失礼して、履かせていただきます。

 

 

確かに藤田さんの長靴の方がちょっと長いですね。いかがでしょうか。

 

 

藤田:そうですね。今の長さならだいぶ、ちょっと露骨な言い方をすれば、「おっさん感」が軽減された気がします。

 

大坪:確かに、履き口の高さがちょっと違うだけで見え方が変わりますね。

 

 

藤田:履き口の高さが1、2センチ増すだけでも、除雪など作業のしやすさは落ちてしまうかもしれません。

 

なので、作業用の長靴と、おしゃれに履きたい長靴とで履き分けた方がいいのかなと思います。

もし僕が今から香林坊の方で会議があるなら、長靴はたぶん履いて行かないです。

大坪:ちなみにスーツスタイルの時はいかがでしょうか。男性だと仕事中にスーツを着る場面も多いと思うんですけれども。

 

藤田:スーツに長靴を合わせるコーディネートは、結構難しいと思います。もし僕が今から香林坊の方で会議があるなら、長靴はたぶん履いて行かないです。

 

ゴム底の革靴を履いたり、サイドゴアの靴を履いたりします。強いて言えば、ショートの長靴になるでしょうか。

 

ただ、北陸の雪を考えればショートの長靴では、高さが足りず、雪や水で汚れてしまう場合もあると思います。

 

例えば車の中にゴム底の革靴を入れておいて、シーンによって長靴と履き分けてもいいのかなと思います。車を持っている方に限られるかもしれませんが。

 

大坪:作業用の長靴とおしゃれに履きたい長靴を使い分け、さらにフォーマルな場面では、やはり長靴を避け、ゴム底の革靴を履き分けるなどの細やかな工夫も大切なのですね。

冬服の長靴の正解。その5。

冬の雪国の着こなしを、一足の長靴だけで済ませようとしない。

(編集長のコメント:都会的な印象のコートから、ちょっとアウトドアな雰囲気のアウターに切り替えて長靴を合わせた時の印象の違いは、確かに藤田さんの言う通り、大きく違って見えました。

 

もともとアウトドアをルーツに持つ長靴には、メンズの場合、ミリタリーなど屋外で自由に動き回るために生まれた洋服を組み合わせていけばいいのですね。

 

次は第3回、ちょっと話題に出てきたショートの長靴と、色の問題をあらためて考えます。)

土や砂、草や木など、地球にもともと存在する自然物の色。

靴のアッパー(甲革)側面に縫い込まれたゴム布。

この記事を書いた人

Avatar

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。