HOKUROKUの「考える技術」を読んで人気の建築家が考えた話。(アート思考編)

これまでに〈HOKUROKU〉では専門家の力を借りて「考える技術」を特集テーマにしてきました。

 

プログラミング的思考・デザイン思考ときて、最後にアート思考を取り上げます。

 

いわば「考える技術」の三部作。なんだかSF映画やファンタジー映画みたいで、格好いいですよね。

 

関連:同調圧力が強いので。北陸に大事な「考える技術」(プログラミング的思考編)

 

同調圧力が強いので。北陸に大事な「考える技術」(デザイン思考編)

 

プログラミングとデザイン、さらにアートという言葉の並びを見るだけで、ちょっとアレルギー反応を起こしてしまう人も居るかもしれません。しかし難しい話ではありません。

 

例えば心を動かされる写真を見たら「キレイ~」と単に喜んで終わるのではなく、「どうしてこんなに心を動かされるのだろう」と「問い」を立てて批評する。

 

その繰り返しによって最終的に大きな「問い」に飛躍する。そんな話です。

 

話を聞いた人は金沢を中心に北陸で活躍する建築家の小津誠一さん。

 

もともと「考える技術」のプログラミング的思考編・デザイン思考編を読んだ「感想文」をもらう予定が、取材してみると興味深いアート思考の話が出てきたので1本の特集に格上げしました。

 

話の中には北陸特有の同調圧力、北陸新幹線延伸を控えた福井のまちづくり、〈金沢21世紀美術館〉の見方・見え方なども出てきます。

 

全3話と短い特集です。最後まで読んでみてくださいね。

 

HOUKROKU編集長・坂本正敬