ヒットメーカーの漁師さんに学ぶ。身近な物から「価値を生む」方法。

「ブランド戦国時代」と言われる現代。北陸3県はもちろん、日本各地で農畜水産物のブランド化が行われています。

 

ブランドとは、もともと自分の家畜と他人の家畜を区別するために付けた「焼き印」といった意味をもちます。

 

今では単純な区別を通り越して、競合商品に対し優位性を与えるイメージ戦略といった意味も含むようになりました。

 

この「ブランド」をつくる作業がブランド化、ブランディングです。

 

2006年(平成18年)、商標法の一部を改正する法律が生まれ、「地域+商品名」のネーミングが認められてからは、特に地域の農畜水産物のブランド化が盛んになりました。

 

<越前がに>や<富山ます寿し>のような成功事例に続けと、地域の農畜水産物のブランド化の現場では、その道に通じた専門家の知恵を借りて、戦略的に実行していくケースが少なくありません。

 

しかし富山県には、この手の戦略的な取り組みとはちょっと異なる形で、次々とヒット商品を生み出す漁師の東海勝久さんが居ます。

 

今回はその「頑張る」人、東海さんに、身近な物の値打ちに気付き、磨いて、価値を生む方法を聞いてみました。

 

地元の魅力を「再編集」する『HOKUROKU』のミッションにも深く関係した話。ぜひとも最後まで読んでみてくださいね。

 

HOKUROKU編集長
坂本正敬