漫画家ちさこ先生と考える。<8番らーめん>の愛し方・愛され方。

北陸では、ロードサイドの至るところに看板を見掛ける<8番らーめん>。北陸3県の人たちには、ソウルフード(その地域で特に親しまれている料理)とも言える存在ではないでしょうか。

 

しかしこの8番らーめん、北陸3県の津々浦々に出店し、北陸の人たちが共通して知っている、ユニークなローカル企業なのにもかかわらず、あまりにも身近な存在ゆえに、ほとんどの人が深く考えずに通い続けているのではないでしょうか。

 

『HOKUROKU』のミッションが「見慣れた暮らしを再編集する」なのであれば、この地元で親しまれる存在にこそ着目するべきではないのか。そんな思いで、この特集はスタートしました。

 

今回は8番らーめんを深掘りするために、同店を作中で描いた漫画『北陸とらいあんぐる』の作者であり、石川県の出身者でもあるちさこ先生にユーザー代表として、一方で運営元である株式会社ハチバンからは、営業戦略部の村中さん、増田さんに8番らーめん側の代表として、オンラインで集まってもらいました。

 

インタビューをした人も、富山出身のHOKUROKU副編集長です。何かの間違いで北陸には無縁の人がこの特集を読んでしまった場合は、ちょっと理解できない部分も少なくないかもしれません。

 

ただ、「へえ、こんなにアットホームなラーメン店が北陸にはあるんだ」と、知ってもらえるだけでも、いつかの北陸旅行の際に、役立つかもしれませんよ。

 

HOKUROKU編集長
坂本正敬