漫画家ちさこ先生と考える。<8番らーめん>の愛し方・愛され方。

2020.09.15

第2回

福井が「塩」派を底上げしている。

 

増田:<8番らーめん>の味についてちさこ先生、大坪さん、随分と盛り上がってくださっていますが、ハチバンの人間として、ちょっと会話に入ってもいいですか?

 

大坪:はい、もちろんです。いろいろ補足をお願いします。

 

増田:もともと「味噌(みそ)」が多かったのは事実ですが、2000年(平成12年)ごろを境に、「塩」のシェアが少しずつ増えていきました。

 

ハチバンの増田さん(写真右)

増田:決定打として、2015年(平成27年)に全国ネットの某地方バラエティ番組で取り上げていただいた際、店舗でのお客様へのインタビューシーンで、たまたま「塩」派が多く取り上げられた出来事がありました。そうするとお客様の6割くらいは「塩」を頼まれるようになりました。

 

ちさこ:その番組、私も見てました。あの時は確か「味噌だろ?」と思いながら見ていた記憶があります。

 

増田:ただ、県別に違いがあるのです。富山だと圧倒的に「味噌」が人気です。実は「塩」は少数派なんです。

 

大坪:え、そうなのですか。もちろん「味噌」派の僕としては、うれしいですが。

 

増田:石川は「塩」が55%、「味噌」が45%くらいです。「醤油(しょうゆ)」も入れると、多分割合としては5:4:1くらいですね。

 

大坪:「塩」がリードですよ先生、石川県。

 

ちさこ:えー。

 

増田:福井が突出していて、「塩」が7割です。先程お客様全体で「塩」が6割くらいと言いましたが、福井が「塩」を底上げしています。ちなみに私も村中も「塩」派です。

 

村中:でも、「味噌」も食べたくなるので、「塩」と「味噌」と行き来しています。

 

大坪:この会話だけでも、漫画のシーンが再現されているようですね。

<鶏の唐揚げ>は、運動会の後とか頑張った時だけ。

大坪:先生は先程、小さいころから食べていると言っていましたが、<8番らーめん>のデビューはいつごろか、覚えていますか?

 

ちさこ:物心がつく前には連れられて行っていたので、恐らく幼稚園のころには行っていたと思います。自分の中で記憶として覚えているのは、小学校1、2年生くらいからですけれど。

 

大坪:8番に行く定番の流れはありますか? 例えば、僕は中学校の野球部の試合の帰りにみんなで行く流れが定番だったのですが。

 

ちさこ:私はあまり友達同士で8番らーめんに行く流れはなくて、家族で行く場所という認識ですね。

 

実家に帰ったら家族で食べに行く、実家に居る時も家族で食べに行ってました。月に2回、3回、いや月に4回くらいですかね。

 

家族みんなでワイワイ食べに行って、ラーメンを頼んで<8番餃子>と<鶏の唐揚げ>をシェアしてという。家族だんらんの味みたいな、そんな感じですね。

 

大坪:なるほど。8番餃子と鶏の唐揚げを必ず頼むのは、標準的な北陸の家庭の感覚で言うと、結構リッチな印象があります。うちはサイドメニューは頼ませてもらえませんでした。

 

村中:うちもです。鶏の唐揚げは運動会の後とか頑張った後に、「好きなもの頼んで良いよ」って言われていました。

 

増田:僕が子どものころはもも肉じゃなかったので、頼まなかったです。8番唐揚げに使っている肉は胸肉で、もも肉よりちょっと硬いんですね。

 

ちなみに、胸肉だとやっぱり硬いとかパサパサしてるというお客さんからのご意見が以前ありまして、調味料に塩麹(こうじ)を使って、ジューシーに仕上がるように工夫しています。

 

8番らーめんの<鶏の唐揚げ>。(8番らーめんのホームページより)

ちさこ:そうなんですね。私が子どものころには全然普通に「おいしい、おいしい」って食べてたんですけど。そのころには改良された後だったのかな。

 

あと、8番らーめんの鶏の唐揚げにはポテトが付いているじゃないですか? あれがまたちょっとうれしいですよね。

 

大坪:あー、分かります。あのポテトは、どうして付けているんですか?

 

ちさこ:確かに知りたいです。

 

増田:あれはお子さま向けに付けています。お父さんお母さんが鶏の唐揚げを頼んだら、子どもとシェアできるようにポテトを付けたことが始まりですね。

 

大坪:そうなんですね。何気なく聞いたつもりでしたが、予想以上にハートフルな理由でした。

<酸辣湯麺>を入れたおかげで読んだ方から「分かっているな」と反応をいただきました。

大坪:今までの話を振り返ると、8番らーめんには味の好みに派閥があり、その割合は県民によって異なっていると分かりました。ここで話すメンバーだけでも意見が割れていました。

 

小さいころの思い出についても、8番らーめんと運動会の思い出が絡んでいたり、部活帰りの記憶とリンクしていたり、家族だんらんの懐かしさと結びついている。

 

8番らーめんと言われれば、こうしてみんなが盛んに思い出をしゃべり始めます。やはり北陸の人たちの思い出の深い所に、8番らーめんはあるのだと思います。

 

では、ちさこ先生への質問ですが、こうした北陸の人たちの暮らしと深く結びついた8番らーめんを扱うに当たって、悩んだ点や苦労した部分があったら教えてください。多くの人にとって大切な存在であるからこそ、逆に描く際には難しさもあったと思うのですが。

 

ちさこ:多分「8番らーめん」というワードを出せばもう北陸の読者さんは盛り上がっていただけるのではないかと思っていました。

 

あとは、ひたすらみんなで「分かる、分かるよ、そうだよね」っていうところと、おいしそうにラーメンを描こうとか、そういうところを気を付けました。

 

また、好きなメニューに偏りがあってはいけないと思ったので、周りの友達に聞いたりもしました。

 

例えば、「<酸辣湯麺(サンラータンメン)>がおいしいんだよ」みたい話を聞いたりして、酸辣湯麺が好きなキャラクターも出したりしました。

 

大坪:酸辣湯麺とは、8番らーめんの冬の定番ですね。酸味豊かなピリ辛とろみスープが特徴のメニューで、酸味とコク深い味わいが印象的です。この酸辣湯麺も人気ありますもんね。

 

ちさこ:そうなんです、コアなファンが結構居るんです。酸辣湯麺を入れたおかげで読んだ方から「分かっているな。」という反応をいただきました。「そうそう、酸辣湯麺がおいしいんだよ、よく知ってるじゃん」って。

 

『北陸とらいあんぐる』第1話より。(C)ちさこ/KADOKAWA

ちさこ:一方で県外の人は8番らーめんを知らなくて。漫画として北陸以外の人が読んだ時にも、8番らーめんがどんな存在かちゃんと分かるようにしないといけません。

 

普通のラーメンとの違いはもちろん、私たち北陸人の心にはこれだけ8番らーめんがあるという話を伝えたいなと思いました。

 

野菜がたくさんのっているラーメンで、北陸の人たちが盛り上がれる話題だという風に描いています。

 

『北陸とらいあんぐる』第1話より。(C)ちさこ/KADOKAWA

(編集部コメント:お父さんとお母さんの頼んだ鶏の唐揚げに、子どもがシェアできるポテトが含まれているとは、いい話ですね。次は最後、あのキャッチコピーの真相に続きます。)

この記事を書いた人

大坪 史弥

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。