新・文章読本。分かりやすく美しい「読点」の作法。

情報発信のチャンスを誰もが手にする時代となりました。

 

記者やライター、ブロガーなどはもちろんですが、普通の社会人も仕事・プライベートで言葉を伝える機会が伝達手段の発達とともに増しているはずです。

 

そこで今回は伝わる文章論を考えます。中でも注目は読点(、)です。

 

句点(。)と違って読点(、)についてはなんとなく感覚で打っている人も多いのではないでしょうか。

 

文豪・谷崎潤一郎ですら〈文章読本〉(中央公論社)で読点(、)について「到底合理的には扱いきれない」と言っています。

 

もちろん極論すれば、読点(、)など打ちたい場所に打てばいいわけです。そもそも文字を読む・書くが本当に苦手な人に対しては「正解などないから自由に打てば」と開き直った助言も日本語ではできてしまいます。

 

しかし無自覚に使っていると文章がぶつ切りになったり、言葉と言葉の対応があいまいになったりして、最終的には分かりにくい文章になってしまう心配も一方であります。

 

伝えたいメッセージが伝わらなければ、せっかく文章を書いた意義が薄れてしまいますよね。

 

「到底合理的には扱いきれない」読点(、)の問題に合理的で合目的性をもった機能的なルールを定められないか。

 

そんな思いで富山大学准教授の宮城信さん、ならびに福井で人気の雑誌〈月刊fu〉およびウェブメディア〈ふーぽ〉で編集長を務める堀一心さんにオンラインで話を聞きました。

 

おこがましくも新・文章読本と銘打った特集です。実用的なルールをまとめた部分は座談の流れを切って第4話にまとめて出てきます。最後まで読んでみてくださいね。

 

HOKUROKU編集長・坂本正敬