新・文章読本。分かりやすく美しい「読点」の作法。

2021.06.30

vol. 01

読点の打ち方は先生も知らない。

 

坂本:今日はよろしくお願いします。HOKUROKU編集長の坂本正敬です。

 

オンライン取材で専門家の皆さんに聞かせてもらいたいテーマは読点(、)です。

 

なんで読点という細かい部分に注目して特集を組もうと思ったのかと言えば、最近2人の成人男女から「読点ってどうやって打てばいいのですか?」との相談を同じタイミングで別々に受けたからです。

 

企業のプレスリリースを書く中で伝わる文章を書こうといろいろ勉強していたら、読点の問題にぶつかった人たちでした。

 

何も意識せずに気楽に書く文章であれば、読点(、)の位置など気にせず、打ちたい場所で打てばいいのだと思います。

 

しかし不特定多数の人にオフィシャルな文章を書こうと思うと、普段以上に読点が気になってきたみたいなのです。

 

彼ら・彼女らは小・中学校で読点(、)について習った記憶もなかったそうで、読点に関するルールを明確に断定してくれる本も見付からなかったみたいです。

 

その結果どこで道を間違ったか私の下へ質問の「バケツ」が回ってきたわけです。

 

例えば名文家として知られる文豪の谷崎潤一郎が文章の書き方についてまとめた〈文章読本〉という本があります。

 

撮影:坂本正敬。

小説の書き方(文学的な文章論)よりも、

”この読本は、いろゝゝの階級の、なるべく多くの人々に読んで貰う目的で、通俗を旨として書いた”(文章読本より引用)

普段使いの散文に関する文章論です。

 

その本では突っ込んだ文章論が展開されていますが、肝心の読点(、)に関しては「到底合理的には扱いきれない」と書かれています。

 

私自身も大学1年生のころにこの本を読みました。読点の説明で肩透かしを食らった記憶がはっきりとあります。

 

言われてみれば私も学校で読点の打ち方を正式に習った記憶がありません。

 

そこで読点(、)の問題に一定の合理的で合目的性を持った機能的なルールを導き出してみようと、言葉の専門家である宮城信さんと堀一心さんに今日はオンラインで集まってもらいました。

 

取材の様子。オンラインで行われた。写真左上が堀一心さん。写真下が宮城信さん。撮影:武井靖。

宮城さんは富山大学の准教授で国語科教科書の編さんにも携わる方です。読点に関する論文も書いていますよね。

 

一方の堀さんは元新聞記者で、現在は福井の有名月刊誌〈月刊fu〉の編集長を務めています。

 

月間80万PV(ページ・ビュー)を超える福井のウェブメディア〈ふーぽ〉の編集長でもあります。

 

これ以上の適任者は北陸には居ないと思われます。そんな2人と一緒に今日は読点のルールについて考えられればと思います。

 

ちなみに今回の特集のタイトルには「美しい」の言葉を入れようと思っています。

 

理路整然とした無駄のない読点を配置しながら、文意を伝える文章本来の目的を高いレベルで実現できれば、結果として「用の美」や「機能美」のような美しさも文章に出てくるのではないかと思っています。

 

その意味で意図して「美しい」もタイトルで訴える予定です。

 

以上のような意図で今日は話をさせてもらいます。よろしくお願いします。

 

宮城:よろしくお願いします。

 

堀:坂本さん。ちょっと冒頭でお伝えしたいのですが「HOKUROKUさんに取材を受けました」とふーぽでも紹介させてもらうために、今日はこの取材の様子を撮影しています。

 

画面の外側にカメラマンが居るのですが、お二人ともふーぽへの掲載は問題ないでしょうか?

 

坂本:もちろんです。

 

宮城:問題ありません。

 

堀:ありがとうございます。

 

坂本:今回の特集づくりを通じて同じ北陸に拠点を置くウェブメディアが連携を開始するといった祝祭感を演出できれば最高ですよね。

 

ちょっと内容的に渋すぎるのでお祭りムードは出しにくいのですが。

 

堀:これを機にこれからいろいろやっていきましょう。

 

坂本:この前からHOKUROKUでは「ローカル・WEBマガジン・レポート」という連載を組んで、北陸の魅力的なウェブメディアを紹介し始めています。

 

ぜひそちらにも登場してもらえればと思います。

関連:ローカル・WEBマガジン・レポート〈real local 金沢〉編。

それでは本題へ入る前に、それぞれ順番に簡単な自己紹介をお願いしてもいいですか?

 

まずは宮城さんから。

 

宮城信さん。撮影:武井靖。

宮城:富山大学人間発達学部の宮城と申します。

 

教育学の文脈で子どもたちの書き言葉と話し言葉にはどのような関係があるのかを研究していて、その流れで読点の打ち方を集中的に調べていた時期がありました。

 

最近は機器の発達によって書き言葉と話し言葉の違いをダイレクトに調べられるようになったのですが、私が大学院生のころは機器も発達していなかったので子どもたちの作文を集めて分析していました。

 

そのあたりの話が坂本さんに引っ掛かって今日はお声掛けいただいたのかなと思っています。

 

ただ現実問題として公教育で読点(、)の話はしっかり取り上げていません。

 

読点については教えた方がもちろんいいと思いますし、教えられたらとも思っていますが、一方で最近は放っておいたらどうにかなるんじゃないかなんて楽観的にも思っています(笑)

 

今日は読点についてかっちりとした提案ではなく、実情に合わせてどういった提案ができるかを考えられればと思います。

 

坂本:ありがとうございます。では堀さんお願いします。

 

堀一心さん。撮影:武井靖。

堀:福井新聞のグループ会社のfuプロダクションという制作会社で社長をやっている堀と申します。

 

もともとは福井新聞で10年以上記者をやっていました。その後に地元で30年以上の歴史がある〈月刊URALA〉というタウン誌の副編集長に一度は転職したのですが、また戻ってきて現在は月刊fuなどをつくっています。

 

2021年7月号

坂本:月刊fuは福井で知らない人は居ないくらいの雑誌なのですよね? 堀さんを紹介してくれた福井市在住のディスプレイコーディネータ・筧いづみさんが言っていました。

関連:置く・掛ける・つるす。「陳列と展示」の正解。

堀:ありがたいことに読者はたくさん居て、おかげさまで福井新聞と同じ約18万部を発行しています。

 

ただ雑誌の仕事は事業の一部で、会社としては企業のパンフレット・行政のパンフレット・動画などのコンテンツを幅広くつくる仕事をしています。

 

HOKUROKUさんと同じように福井の情報サイト〈ふーぽ〉も運営して編集長をやっています。こちらは月間80万PV(ページ・ビュー)まで成長していて今年は100万PVを目指しているところです。

 

その意味で日本語というか文字をつくる現場には長く携わってきたかなとは思います。

 

ただ宮城先生のように読点の理論を体系的に築き上げているわけではないので、今日は私も勉強させてもらう姿勢で参加しています。

教科書にはしれっと句読点が登場している。

坂本:それでは本題へと入りたいのですが、堀さんは文章の専門家として第一線で活躍されているわけですよね。

 

そもそもの話として学生時代に読点を習った記憶はありますか?

 

堀:読点について習った記憶は、えー、ないです(笑)

 

坂本:そうですよね(笑)

 

宮城さん、そこで聞かせてもらいたいのですが学校で読点(、)はどのように教えているのですか?

 

ちょうどうちの上の子が今年小学校の1年生になりました。国語の教科書を見せてもらうと、平仮名の文章が文節(意味のまとまり)ごとにスペースで分かち書きされています。

 

例えば、

“いい てんき

さあ いこう

ひろい せかいへ

とびだそう

わくわくするね

たのしいね”

〈こくご 一 上 かざぐるま〉(光村図書)より引用

といった感じです。この文章を読んで親として感動しながら、同時に「最初はこんな感じでスペースを使って分かち書きをするんだ」と思いました。

 

しかし数ページめくると、

“おんがくしつに、

おおきな たいこが

ありました。

たたいて みたいです。”

〈こくご 一 上 かざぐるま〉(光村図書)より引用

みたいな感じで、しれっと句読点が登場しています。

 

子どもに「この『おんがくしつに、』の点って何?」と聞くと「分からない」と答えます。

 

「『たたいて みたいです。』の丸は?」と聞くと「言葉の最後に丸を書くんだよ」みたいな感じで答えてくれるわけです。

 

授業参観に行った際にもまさに句点(。)の説明が口頭でされていたのに、読点(、)については何も先生から言及がありませんでした。

 

そうなると読点(、)については学校で習わないまま終わる説がますます信ぴょう性を帯びてくるのですが、実際はどうなのでしょう。

 

宮城:句点(。)は比較的分かりやすくて、文の切れ目で置きますよね。

 

しかし読点(、)は非常に扱いが困る存在なのです。

 

坂本さんがおっしゃるとおり低学年だと教科書はスペースを置きます。

 

平仮名で書かれているのでスペースで切らないと意味が分からない上に誤読が生じてしまいます。そこで単語に助詞がくっついた文節レベルで区切るわけです。

 

 

ただ読点(、)についてはわれわれも迷う時があります。

 

例えば「しかし、」だとか主語の後の「~は、」「~が、」のように打たなくてもいい読点(、)もあれば、「~したり、」「~ならば、」のような確実に打てる読点(、)もあります。

 

確実に打てる点であっても「こんなところに打つよね」と指導できるだけで「絶対に打たなければ駄目」とまでは言い切れきません。

 

自分のスタイルで打ちなさいとの指摘でとどまります。

 

結果として何が起こるかと言えば、作文を書かせるとひたすら読点を打たない子どもと、やたら読点を打ちまくる子どもが出てきます。

 

先生はその作文を見て「多いよね」「少ないよね」と自分の勘で増やしたり減らしたりします。

 

強いて言えば教科書を見ながら考えようとは言いますが、教科書にも何か読点のルールが具体的に書いているかと言えば書かれていないです。

 

坂本:では学校で習っていないという漠然とした記憶は正しかったわけですね。

 

宮城:おっしゃるとおりです。言ってしまえば読点の正しい打ち方は先生も知らないと思います(笑)

 

先生も自分のスタイルがあって、そのスタイルに沿ってああだこうだと指導しているだけです。

 

その結果なんとなくその子のスタイルが出来上がっていくのですね。

昔の日本語には読点(、)など存在しない。

坂本:そうなると素朴な疑問が浮かんでくるのですが、そもそも読点(、)は何のために存在しているのでしょうか?

 

読点(、)は昔から日本語に存在するみたいな顔を上手にするので誤解されがちですが、昔の日本語に読点(、)など存在しないですよね。

 

例えば清少納言の〈枕草子〉の原文を国立国会図書館デジタルアーカイブで読むと、やはり文中に読点(、)はありません。しかし現代の文庫本で枕草子を読むと点が入っています。

 

〈枕草子〉。国立国会図書館デジタルアーカイブのホームページ画像をスクリーンショットして挿入。

この読点(、)とは一体何者なのでしょうか?

 

宮城:その辺が日本語にうまく読点が定着しない理由なのだと思います。

 

坂本さんがおっしゃったように、古い日本語には読点(、)も句点(。)もありません。濁点も半濁点もありません。

 

極論を言えば「自分で読み取れ」といった感じです。

 

さすがに室町から江戸期の翻訳資料になると読点(、)の走りのような点が打たれ始めるのですが、並行して日本人には漢文を読む習慣がありました。

 

今みたいに体系化されたレ点とか一二点とかがない時代は、読む人が頑張って読みやすくするために文の横や下に点を打ったりしていたわけです。

 

その漢文を読みやすくするために打った点が今の読点や句点の原型になったわけです。

 

さらに別の流れとして、日本の古い(点がない)文章に後世の人たちが読みやすいように点を足していった歴史もあって、結果として日本流の句読点が生まれていきました。

 

さらにそこへ明治時代になって西洋の表記法も入ってきます。この流入がなければ日本の句読点にも大きな混乱が起きなかったのかもしれません。

 

西洋文法はカンマ(,)・コロン(:)・セミコロン(;)・ピリオド(.)の使い方が確立しています。

 

それらの文化が文章の表記方法として日本の明治時代に入ってくるのです。

 

日本にもともとあった句読点は、読む人が必要に応じて既存の文章に打ってきた区切り記号です。

 

一方で西洋式の区切り記号は書く人が守るべきルールとして打たれます。

 

読む人のための区切り記号に西洋流の書く人のための区切り記号が流入した時、両者の間で衝突が起きたわけです。

 

どっちに行くか迷った結果、最終的にはなんとなく「どっちでもいいよね」との判断になりました。

 

坂本:どっちでもいいよねとなったんですね(笑)

 

宮城:日本人はいろいろな意見があるといつも折衷案をとります。仮名遣いも漢字の表記も送り仮名も同じです。

 

いろいろな意見が出ると一番文句が少ない案をまとめて、なんとなく使ってしまう文化があります。

 

その判断を「慣用に寄せる」と言うのですが、その何となく慣用で使われている読点のルールを当時の文部省が1906(明治39)年に〈句読法案〉としてまとめます。

 

〈句読法案〉。国立国会図書館デジタルアーカイブのホームページ画像をスクリーンショットして挿入。

ただこの句読法案も読点についても「こうだ!」と強く言う内容ではなく「できれば従ってください」みたいな書き方をしています。

 

その辺もあいまいだったせいで読点の使い方はいまだに混乱しているのだと思います。

 

もしかすると混乱しているとすら考えていない日本人も多いかもしれません。これでいいやと。

このルールを見て忖度(そんたく)してください。

坂本:とても興味深い話なのですが、「従ってもいいですよ」的な弱いメッセージしかないなら、何のために文部省(現・文部科学省)は句読法案を出したのでしょうか?

 

宮城:私は読点の機能に興味があって歴史にはそれほど詳しくないのですが、句読法案を文部省が出した背景にはそれなりの必要性がありました。

 

明治政府ができた段階で、文章の書き方は江戸時代の各藩にある藩校のルールによって違っていました。

 

もっと言ってしまえば、お寺なども宗派で読点の打ち方に違いがありました。

 

そのような状態で日本に統一した表記が必要となります。

 

具体的には教科書の表記を統一したいとの思いがあったのですね。

 

教科書を統一すれば教科書で学んだ子どもたちが、教科書どおりの読点(、)の打ち方をするようになります。

 

いきなり全員に「このとおり読点を打ちなさい」と言っても聞かないので、教育から少しずつ変えていこうという狙いがあったのです。

 

坂本:昭和に入ってからも読点のルールを定めた〈くぎり符号の使ひ方〉が出ていますよね?

 

宮城:くぎり符号の使ひ方はまたちょっと違った狙いがあります。

 

皆さんのやられているウェブマガジンのようなメディアが江戸時代以降に民間レベルで次々と現れて、明治期に入ると印刷技術の発展と絡んでいよいよその数も爆発的に増えてきました。

 

結果として表記が混乱したまま野放し状態になります。

 

国民全員が読めるレベルの公文書などはある程度表記のルールを統一しなければ駄目だとの意味から、くぎり符号の使ひ方が出されたわけです。

 

〈くぎり符号の使ひ方〉。国立国会図書館デジタルアーカイブのホームページ画像をスクリーンショットして挿入。

とはいえこれ以降は読点の問題について、政府は何も改定していないですよね。

 

これ以上は何を言ってもあまり変わらないという感じがあったのだと思います。

 

過去の指針にしても「このルールを見て忖度(そんたく)してください」といったレベルで出されてきただけだと、私は受け止めています。

 

坂本:言ってしまえば読点(、)にすら、日本人らしい「あいまいさを放置したままお茶をにごす」精神が表れているのですね。

 

(副編集長のコメント:どうやら教育の大部分を担う国自体が読点のルールをしっかり決めていないようです。

 

とはいえ、この状況を気持ち悪く思った人もきっといるはず。

 

次回はロジカルな読点の打ち方を提唱した元朝日新聞記者・本多勝一さんの考え方をベースに話が進みます。)

「動詞・形容詞・助動詞ノ中止法ヲ用ヒテ続ケタル同趣ノ語・句・節ノ下」「二ツ以上畳ミタル同趣ノ文ノ下但シ最後ノ文ノ下ハ此限ニ在ラズ」など20項目のルールが定められている。
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/903921

「テンは、第一の原則として文の中止 にうつ」など13項目のルールが示されている。
https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1126388/1

この記事を書いた人

Avatar

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。