国立工芸館の館長に聞く。北陸の工芸を巡る旅の「予習」。

2020年(令和2年)10月25日(日)、金沢に通称・国立工芸館(正式には東京国立近代美術館工芸館)が移転&オープンします。

 

政府の関係機関を地方に移転させる取り組みの一環として、日本海側に初の国立美術館の関連施設が、やってくるわけです。

 

この先、同館の移転ともに、美しさを備えた道具(工芸)の世界が北陸の地でさらに発展を見せると予想されますが、一方で身近にこれだけ工芸の産地が集積している(詳細は第1回)のに、無縁の暮らしをしている人も少なくないのではないでしょうか。

 

工芸との触れ合いは、手作業に残された役割を確かめる絶好の機会です。その手作業や手仕事の価値観を、地に足のついた暮らしを営む北陸の人たちは、どこか大切にしている部分も多いはず。

 

さらにメディアの仕掛けがあったり、プロダクトデザイナーやグラフィックデザイナーとの「コラボ」企画が生まれたり、ブランディングの上手な仕掛け人が入ってきたりと、このところ工芸の世界はますます面白みを増しています。

 

遠出ができない今の状況を逆手にとって、1泊2日で北陸の工芸を巡る小旅行(マイクロツーリズム)を紹介する今回の連載、第1回目は工芸の基礎的な話を、国立工芸館の館長・唐澤昌宏さんに聞きます。

 

工芸とは何なのか、身近な工芸とどう向き合えばいいのか、興味深い話が聞けましたので、最後まで読んでみてくださいね。

 

HOKUROKU編集長・坂本正敬

目次