あの人も愛用する。北陸・暮らしの「道具と日用品」(前編)

普段からどのような道具と日用品に囲まれて暮らしていますか?

 

大量生産で安価な製品を暮らしに上手に活用する楽しさももちろんありますが、質のいい道具や日用品を大事に手入れしながら使い続ける喜びも一方であります。

 

長持ちする道具や日用品の数々は、手に取ればそのつくりの良さで消耗品との違いを感じさせてくれますし、「自分らしさ」や非日常感もその違いが演出してくれます。

 

いわばマンネリ化した日常も道具選び1つで打破できる可能性があるのですね。

 

〈HOKUROKU〉のEC(電子商取引)サイト〈北陸目録〉の責任者であり空間デザイン・インテリアデザインを本業とする明石博之は、

 

「良いものは使う時間を楽しめる上に、置いてある空間の気を整え、律してくれる力を持ちます。使う人の所作を暗に指導してくれる師でもあります」

 

とも会議で言っていました。本編でも触れるように息の長い道具選びは環境問題にも好ましい影響を与えるはずです。たかが道具・されど道具なわけです。

 

しかも北陸は作家や職人の工芸、民芸が盛んな地域の1つです。つくり手の力がこもった道具や日用品に触れようと思えば、そこかしこにチャンスがあります。

 

そこで北陸の優れた道具と日用品の一端を明らかにするべく、北陸3県に暮らす各界の人たちに「普段愛用している道具は?」と今回の特集(前編)では聞いてみました。

 

声を掛けた人たちは「目利き」の人たちばかり。彼ら・彼女らが大切にする愛用品を参考にしながら皆さんも息の長い「Made in Hokuriku」の道具探しを始めてみませんか?

 

大切な誰かに贈り物を考えている人もぜひ読んでみてくださいね。

 

HOKUROKU編集長・坂本正敬