あの人も愛用する。北陸・暮らしの「道具と日用品」

2021.07.12

第1回

道具や日用品は暮らしのマンネリを打破する。

特集の始めに。

「日ごろから美しいものに囲まれていないと文化性は身に付きませんよ」と〈HOKUROKU〉編集長の私(坂本)はある文化人に取材で言われた経験があります。

 

美しいものに囲まれて生きているかと問われれば「ごめんなさい」と言わざるを得ない日々を変わらず過ごしている私ですが、いわんとする意味は分かります。

 

例えばボールペン1つにしても、100円ショップで買った消耗品のボールペンと、つくりにこだわりのある名門ブランドのボールペンでは、ちょっとした走り書きでも違いをはっきり感じます。

 

書き心地の良さから得られる満足感は暮らしの豊かさにも直結している気がします。

 

大量消費を前提とされていない道具たちは、見事な機能性と使い勝手で普通とは違う体験=非日常感を使う人に与えてもくれます。

 

言ってしまえば道具や日用品には暮らしのマンネリを打破する力さえ秘められているのですね。

 

福井の海岸に打ち寄せられたごみの山。

大量消費を前提とした消耗品は多くのごみを生む側面もあります。

 

目次ページでもちょっと書いたように、日本を代表するプロダクトデザイナーの柳宗理さんが「ものの使い捨て=ごみが増える=経済発展という社会の仕組みはおかしい」とどこかで発言しているみたいです。

 

北陸のごみ問題を〈HOKUROKU〉でもかつて取材した経験があります。

関連:富山・石川・福井で考える。コーヒー・タンブラーのある暮らし。(始まりのメルボルン編)

コーヒー・タンブラーを持ち運んでコーヒーを飲む文化に憧れを抱き、北陸にはどのようなコーヒー・タンブラーがあるのだろうと調べ始めたところ、越前海岸(福井)に漂着する信じがたいほどのごみの山を目の当たりにしました。

 

福井の海岸に打ち寄せられたごみの山。

対岸の朝鮮半島や中国大陸からごみの大半は押し寄せているのですが、一方で福井の海岸を汚しているごみは福井県内の九頭竜川流域が出所になっているとも学びました。

 

「地に足の付いた生活と親和性の高そうな北陸の人たちが大量消費と結び付いた使い捨ての文化に甘んじているなんてちょっとクールじゃないよね」とHOKUROKUは考えています。

 

まだまだ小さなウェブメディアで影響力などほとんどないですが「大量消費=ものの使い捨て」とは異なる価値観を北陸の人たちに提案できればと思い今回の特集を組んでみました。

 

九頭竜川(福井)の河川敷に散乱したごみの様子。

北陸の身近な道具と日用品を使わないともったいない。

国立工芸館のエントランス。撮影:笠原大貴。

私たちの暮らす北陸は幸いにも長持ちする道具を手に入れる上で大変恵まれた土地です。

 

かつて〈HOKUROKU〉で国立工芸館(金沢)を特集した際にも、作家の工芸・伝統工芸・民芸などが北陸に分厚く発展していると学びました。

関連:国立工芸館の唐澤館長に聞く。北陸の「工芸を巡る旅」のすすめ。

石川の金沢は言うまでもなく、輪島だったり、福井の越前だったり、富山の高岡だったりには技術と人材が集まっています。

 

さまざまなデザイナーやプロデューサーの手によって今はその魅力がさらに磨き抜かれ、道具と日用品の世界はいよいよ面白みを増しているわけです。

関連:同調圧力が強いので。北陸に大事な「考える技術」(デザイン思考編)

〈TOURISTORE〉(福井県鯖江市)に置かれた漆器。

「せっかく北陸に暮らしているなら釣りをしないともったいないよ」だとか「ウィンタースポーツしないともったいない」などと、北陸に引っ越してきてよく地元の人に言われました。

 

釣り好きからすれば格好の水辺がそこかしこにあるわけですし、ウィンタースポーツ愛好家からすればすぐ近くに雪山があるわけです。

 

同じ感じで「せっかく北陸に暮らしているのなら身近な場所でつくられる道具と日用品を使わないともったいないよ」との考え方があってもおかしくないはずです。

 

そこで北陸の地にどのような道具や日用品があるのかを明らかにするべく、各界で活躍する北陸3県の人たち、中でも道具や日用品の目利きに優れた人たちから、北陸生まれの愛用品を今回の特集では教えてもらいました。

 

ただし聞く人たちの中には道具や日用品を自分でデザインしたりプロデュースしたり販売したりする人たちも多く含まれています。

 

「自分が関係していない道具や日用品を教えてください」と質問時には制限を設けました。

 

いわば優れた目利きが利害関係を超えて選ぶ「Made in Hokuriku」の道具や日用品が並ぶわけです。

 

次のページから具体的な情報が出てきますので道具や日用品探しの1つのヒントにしてみてください。

 

四津川製作所(高岡)の花瓶〈RAPPA SLIM〉

ちなみに〈HOKUROKU〉のEC(電子商取引)サイト〈北陸目録〉でも、HOKUROKUプロデューサーであり空間デザイン・インテリアデザインを本業とする明石博之が忖度(そんたく)抜きで推す北陸の道具と日用品を扱っています(まだ1つしかラインアップはないですが)。

関連:海外で再評価も。高岡の四津川製作所がリバイバルした戦後生まれの花瓶。

「何だか部屋の雰囲気が整わないなー」と思う人は北陸目録も併せてチェックしてみてくださいね。

 

(副編集長のコメント:次回から知る人ぞ知る北陸の名道具の数々が登場します。

 

素晴らしい道具を知るだけでなく、選んだ人たちがどんな点に注目して道具を選んでいるのかにも注目してみてください。

 

まだ知らない新しい「ものの見方」に出合えるはずです。)

この記事を書いた人

Avatar

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。