初めての人はここから。「HOKUROKUらしい特集」の特集。

創刊から〈HOKUROKU〉も1年が経過しました。その間にさまざまなコンテンツをリリースし、幸いにも多くの特集や企画が息長く読まれ(見られ)ています。

 

逆にストックが増えてきた現状では、これから初めてHOKUROKUに出合う人が「何から読めばいいのか」と悩む場面も増えてくると予想されます。

 

そこで今回はHOKUROKUのプロデューサーである明石博之に過去のコンテンツから「HOKUROKUらしいなぁ」と思う特集や企画を5つ選んでもらいました。

 

いわば「これを読めばHOKUROKUらしさが分かる」入門編のラインアップです。

 

初めてHOKUROKUを見て「HOKUROKUとはどんなメディアなのか?」と思ったら、「読者代表」として明石が選ぶ5つの特集から読んでみてはどうですか?

 

HOKUROKU編集長・坂本正敬

目次