初めての人はここから。「HOKUROKUらしい特集」の特集。

2021.06.02

No. 03

黒くて気持ち悪い「アイツ」

HOKUROKUらしい特集その3。(モヤモヤ、スッキリ編)

「HOKUROKUらしい特集」の特集、「モヤモヤ、スッキリ」のカテゴリーからは黒くて気持ち悪い「アイツ」の特集を選びました。

 

ダスキンの「Gメン」に聞く。古民家リノベのゴキ〇リ対策。

古い民家だけではなく環境によっては新築の家やビルにも平気で登場する、この黒い虫が苦手な人は多いはず。

 

世の中には〈ごきぶりホイホイ〉のような駆除商品がたくさん発売されているわけです。その売れ方を見ても困っている人の数が容易に想像できます。

 

僕は古い建物を活用したリノベーションの企画や空間デザインを本業としています。プロジェクトが完了するまでの間、その黒い存在を片時も忘れません。

 

そこで対策・駆除のプロに話を聞き読者の(僕の)モヤモヤをスッキリさせたいと思った次第です。

 

取材中は貴重な話をいっぱい聞きました。僕が経営しているカフェの厨房を模擬検査の場に提供して、ゴキ〇リの有無や痕跡を調べてもらいました。

 

その検査結果は記事を読んでご確認ください。

 

ちなみにカテゴリーの「モヤモヤ、スッキリ」とは「誰か教えて!」と切望する人の存在を想像した特集の集まりです。

 

(編集長のコメント:定例会議の中でプロデューサーの明石が古民家におけるゴキ〇リの実態を話してくれました。その雑談から生まれた特集です。

 

取材相手として株式会社ダスキンに連絡を入れ、協力を取り付けるまではスムーズでしたが、取材場所探しは大いに難航しました。

 

民家にせよ飲食店にせよ、自分の建物でゴキ〇リの生態に関する取材をさせようと誰も思わないからです。

 

それでも最終的にはある民家で取材が実現し、明石本人が経営する富山県射水市の人気カフェ〈cafe uchikawa 六角堂〉での取材もかないました。

 

むしろ「これでうちのお店が大丈夫なら大々的に宣伝できる」と明石は言っていました。

 

この辺りの前向きな発想が、富山を代表する人気カフェをつくった明石の真骨頂なのかなと思います。

 

ちなみにこの特集も月額会員だけが全部を読める有料コンテンツです。それだけ激しく役立ちます。

 

次は第4回「ルンルンキブン」編に続きます。)

この記事を書いた人

Avatar

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。