連載「HOKUROKUのコーヒー・タンブラーづくり」

コンビニやスタバへKeepCupを持ち込んでみた。「コーヒー・タンブラー」のある暮らし(始まりのメルボルン編)

「コーヒー・タンブラーのある暮らし」を北陸3県の福井・石川・富山で実現するこの企画は〈HOKUROKU〉編集長である私・坂本正敬の極めて個人的な憧れが発端となっています。

 

コーヒーを自前の容器に入れてテークアウトする人たちを海外で知り、まねしたいと思ったところから始まる完全な趣味の追求モードです。言い換えれば職権を乱用した「誌面」の独占です。

 

しかし「北陸のどこにタンブラーを使えるお店があるのか」「どんなコーヒー・タンブラーが売っているのか」と調べるうちに北陸の環境問題を考えるきっかけになりました。

 

個人的な憧れの実現プロジェクトだけれど、もしかすると社会問題にも貢献できるかもしれない。そんな気付きまでの道のりをまずは5回の記事にまとめました。

 

HOKUROKU編集長・坂本正敬

 

 

関連:あの人も愛用する。北陸・暮らしの「道具と日用品」(前編)

目次