北陸3県で考える。コーヒー・タンブラーのある暮らし。(調査編)

2020.07.14

No. 02

身近な「コンビニ」でもコーヒーを割引きしてくれる。

 

 

<KeepCup>を譲り受けた私は、早速自分でも北陸でコーヒー・タンブラーのある生活をスタートさせてみました。しかし、早々にある課題にぶつかります。KeepCupを持ち込める場所の選択肢が、意外にも身の回りに限られていたのですね。

 

メルボルンのように、あるいは東京や大坂のように、カフェが身近に幾つも存在する都会とは違います。北陸3県で使える場所と言えば、<スターバックス コーヒー>や<タリーズコーヒー>くらいしか思い浮かびません。

 

個人のカフェでも使えるのかもしれませんが、タンブラーを受け付けてくれるお店が、すぐには思い付きませんでした。持っていって、お店に容器の利用を断られたら恥ずかしいですし。

 

そこで北陸3県のさまざまな地名と、「カフェ」「タンブラー」「マイボトル」といった言葉を組み合わせて、インターネットで身近に使える場所を探してみました。

 

そのサーチの最中、偶然にも意外な情報を発見します。身近なコンビニエンスストアのローソンでも、マイボトルが持ち込めると知ったのですね。

 

福井市の鷹巣海岸。

きっかけは、福井県の「マイボトル運動」を紹介する県の公式ホームページでした。

 

日本海に面して長い海岸線を持つ福井県では、海岸に漂着するごみが、問題視されているとの話。しかもそのごみは、海外からの漂着ごみもあれば、県内の九頭竜川流域から流れて漂着するごみもあると言います。

 

要するに、国外のみならず、県内から出たごみで、福井の海岸が汚れているという話です。その問題を県民に広く知ってもらうために、「マイボトル運動」が立ち上がったのだとか。

 

「マイボトル運動」では、運動の協力店にマイボトルを持ち込むと、コーヒーの値段が何十円か安くなる仕掛けが用意されています。その経済的メリットを1つのフックに、ごみの問題を考えるきっかけづくりを行っているのですね。

 

福井県には現状で協力店が150店舗ほどあり(令和2年1月10日時点)、そのうちの7店は<スターバックス コーヒー>、3店は<タリーズコーヒー>、その他、個人のカフェが名を連ねていました。この辺りは想定内の情報です。

 

しかし、意外な情報として、「マイボトル運動」には114店のローソン<MACHIcafe>が名を連ねています。その時点で、福井に何店舗のローソンがあるのか分かりませんでしたが、114店と言えば、ほとんど全てのはず。

 

見方を変えれば、ローソンの「コンビニコーヒー」はどこでも、テークアウト用の容器の持ち込みで割引が可能になるのかもしれません。

 

しかし、そんな話は一度も聞いた覚えがありませんし、身の回りの人に聞いてみても、誰も知りません。そこで、このドリンク割引について、思い切って本社に問い合わせてみました。

ローソンなら10円引き。

 

 

その時点で、『HOKUROKU』は開発の途中でした。しかし、まだ存在しないメディアでありながら、取材として本社に連絡を入れてみます。

 

担当の方に取り次いでもらい、テークアウト用の容器を持ち込めば割引になるかどうかを確かめると、やはり全国津々浦々のローソンで、割引のサービスがやっていると分かりました。

 

いつごろから始まっているサービスなのかと聞くと、

 

「カウンターコーヒー<MACHIcafe(マチカフェ)>を販売開始した当初(2011年)から、割引を行っています」

 

との回答があります。失礼を承知で、認知度が低いのではないかと率直に質問すると、

 

「店頭でのメニュー表、ホームページでの商品情報では、タンブラーご持参での割引について表示しております」

 

と、答えがありました。確かに実際の店舗で確かめてみると、店頭のメニュー表には小さな文字で、割引に関する記述があります。

 

 

執筆時点で、マイボトルの持ち込み割引を実施しているコンビニエンスストアはローソンだけ。どうして他のコンビニエンスストアに先駆けて、このようなサービスを始めたのでしょうか。聞くと、

 

「使い捨てのカップを使用しなければ、環境に配慮できる上に、カップのコストが不要になるからです」

 

との話です。その上、環境面に配慮している姿勢も伝えられますから、企業としても一挙両得の話なのですね。

「この人は何をしているのだろう」

<KeepCup>に入れたMACHIcafeのカフェラテ。

本社に確認を終えるとすぐ、KeepCupを持って、ローソンでコーヒーのテークアウトに挑戦してみました。

 

本社の担当者によれば、持ち込む容器は、ドリンクが入りきるサイズである限り、どのようなタイプでも構わないとの話。

 

「(タンブラーがコーヒーマシンに)適合しない場合、専用のステンレス製のメジャーカップにドリンクを抽出し、その後タンブラーに移します。従って、タンブラーの大きさ・形状によるNGは、小さ過ぎる場合を除き、ございません」

 

さらに、アイスのドリンクについても、持参した容器に移し替えてくれると言います。

 

こうした本社からの言葉があってもなお、最初は正直に言って半信半疑でした。自分の周りの人にあらためて聞いても、ローソンでタンブラーが使えるとは、誰も知りません。誰かが持ち込んでいる姿を見た覚えも一切ありません。

 

本社では把握をしているけれど、現場の店員は割引サービスの存在を知らない恐れもあるわけです。

 

それでも北陸でのコーヒー・タンブラーのある暮らしを夢見て、KeepCupを富山県内のローソンに持ち込みました。

 

「ホットのカフェオレをください。Sサイズで」

 

とレジカウンターで伝え、

 

「これに入れてください」

 

と、KeepCupを差し出します。女性の店員は一瞬、間を置きました。その上で容器を眺めると、

 

「これ、耐熱ですか?」

 

と聞いてきます。最初の間が、気になりました。それでも「そうだ」と自信を持って伝えると、店員は手慣れた手付きでタンブラーにマシンから直接コーヒーを入れ、通常よりも10円引きで会計を済ませてくれました。

 

レジの周りに居たお客も、こちらを見ていました。「この人は何をしているのだろう」という感じです。

 

 

お店を出て、KeepCupの容器でコーヒーを口にした時、とても豊かな気持ちになれました。

 

失礼を承知で言えば、ローソンのコーヒーは見慣れた・飲み慣れた、ただの「コンビニコーヒー」に過ぎません。

 

しかし、容器が変わるだけで口当たりが変わり、手触りや重みも変わるため、値段以上のリッチな気分を満喫できたのです。

 

この何気ない、マンネリ化してしまった日常に新鮮な感動を与える取り組みは、HOKUROKUがクラウドファンディングで掲げた公約でもあります。

 

この感動は、持ち運ぶコーヒー・タンブラー選びでも違いが出てくるはず。そう思って、今度は北陸らしいタンブラー探しもスタートさせました。

 

実はKeepCupを譲り受けた時から、このカラフルなプロダクトがオーストラリアやイギリスのまち並みで見る時と比べて、その輝きを失っているように感じていたからです。

 

恐らく、空やまちの色、人々のファッションが異なるため、現地とは違う見え方がするのかもしれません。

 

気持ちは自然と、北陸に似合うコーヒー・タンブラー探しへと、向き始めていきました。

 

(次は第3回。福井の直面する漂着ごみの問題って何だ?)

 

ドリンク1杯につき20円引き。
ドリンク1杯につき30円引き。
一部、例外があり。

この記事を書いた人

坂本 正敬

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。