北陸3県で考える。コーヒー・タンブラーのある暮らし。(調査編)

2020.07.15

No. 03

越前海岸に漂着する国内由来のごみは7割が九頭竜川の流域から。

 

越前の海岸に流れ込む九頭竜川の河口周辺。

<KeepCup>を譲り受け、その容器をローソンに持ち込んで、今までにない気分の高まりを体験した私です。

 

「これこそ、マンネリ化した日常に、ちょっとした工夫で豊かさをプラスできるツールだ」と意気込んで、その日常にさらなる彩りをプラスする北陸らしいタンブラーを探したいと思い始めました。

 

しかし一方で、ローソンのサービスを知るきっかけとなった福井の「マイボトル運動」の背景にも、関心が向き始めていました。

 

そもそも福井県が「マイボトル運動」を進める理由となった、漂着ごみの問題とは、何なのでしょうか。

 

三国港の三国港突堤。

福井の海岸線は、石川の能登半島を含め、「対岸」の朝鮮半島や中国と向き合うように、日本海に突き出しています。そのため、海外からのごみの漂着物が流れ付きやすい環境にあると言います。

 

調べてみると、例えば冬の福井県坂井市(越前海岸の一角)に漂着するごみは、1:1で海外:国内のごみに分類できると言います。その上、国内のごみの7割が、福井県を流れる九頭竜川の流域から漂着しているとも明らかにされています。

 

つまり、自分たちで自分たちの海岸を汚している現状があるのですね。

 

一度、しっかり県にも問い合わせてみようと思いました。県の公式ホームページから「マイボトル運動」への関心と漂着ごみ問題に関する質問を寄せると、すぐに連絡が来ます。

 

県の担当者によれば、上に挙げたような情報はまさにその通りで、

 

「県民がこうした海洋プラスチック問題に向け、自らプラスチックごみの削減に取り組んでいただくよう、意識啓発を行い、実際に身近で実践いただく方法として、今年度からマイボトル運動を推進しております」

 

と、教えてくれました。足元の環境問題に対する危機意識こそが、福井県が率先して「マイボトル運動」を立ち上げ、県民にマイボトルの利用を訴える理由だったのですね。

事態は想像を絶するレベルだった。

車窓から眺める越前海岸の様子。

KeepCupに替わる北陸らしいコーヒー・タンブラー探しと並行して、冬の福井の海にも出掛けてみました。県の担当者によれば、

 

「集中してごみが漂着している海岸について、県では把握しておりませんが、冬季波浪によって越前海岸にも漂着しているという状況は把握しております」

 

との話。この言葉を頼りに、富山から福井の越前岬を目指してみると、事態は想像を絶するレベルでした。

 

福井の海岸線に漂着したごみの様子。

移動中の車内から遠めに見ていた分には気付かなかったのですが、海岸線に実際に下りてみると、場所によっては足の踏み場もないくらい、ごみが漂着しています。

 

 

環境省の情報によれば、福井県の越前海岸のごみは、流木・低木が 31%、木材が 23%、プラスチック類が 37%になると言います。

 

37%のプラスチック類に注意深く目を向けてみると、海外製のペットボトルから、洗剤入れ、長靴、発泡スチロール、ブイなど、さまざまなごみが漂着していました。

 

流木、木材、プラスチック類以外の残り9%を言えば、冷蔵庫、タイヤのホイール、スプレー缶、海外製の車のナンバー、注射器、配船、漁業の網などが散乱しています。

 

県の担当者によれば、こうしたごみは夏の行楽シーズンを前に一斉に掃除を行うため、あまり人の目に留まらないと言います。しかし、冬には海岸でこのような現状が毎年続いているのですね。

 

 

ちょうど、近所で年配の方がお店を営んでいたので声を掛けてみました。毎年、冬は海岸線が同じくらい汚れる上に、その勢いはとどまるところを知らないと言います。

 

地元の人は昔、早朝に海岸線に出て、何か価値のある「ごみ」が漂着していないか、探し回った時期もあったと教えてくれました。しかし、最近は「喜べるような物」はなく、プラスチックごみばかりが目立つとの話もあります。

何と戦うべきなのか。

福井市の鷹巣海岸。

福井市の鷹巣海岸、坂井市の三国サンセットビーチ、石川県白山市の松任海浜公園も歩いてみました。残念ながら、冬の越前と加賀の海岸は、どこも似たような状況でした。

 

白山市の松任海浜公園。

海岸線だけではありません。国内由来のごみの出どころと言われる九頭竜川の河川敷きも、ごみの散乱がひどかったです。確かに、流域からのごみが流れ下って集まっているのですね。

 

九頭竜川の河川敷。

この問題は福井に限りません。同じ北陸の石川、富山でも似たような問題があります。海岸に漂着した国内由来のごみの中には、コーヒー用の紙コップやボトル容器もたくさん見られました。

 

 

コーヒー・タンブラーを使う人が1人でも北陸に増えれば、不必要な紙のカップやペットボトルの利用を減らせるかもしれません。

 

単なる個人的な趣味で始めたコーヒー・タンブラーの世界に、少し異なる深みが見え始めた瞬間でした。

 

(次は第4回。再びコーヒー・タンブラー探しの道へ。)

 

この記事を書いた人

坂本 正敬

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。