国立工芸館の館長に聞く。北陸の工芸を巡る旅の「予習」。

2020.10.12

No. 01

すそ野が広いと、自然と頂きも高くなる。

国立工芸館の館長・唐澤昌宏さん。

ちょっとだけ前書き。

いしかわ赤レンガミュージアムなどがある兼六園周辺文化の森に、2020年(令和2年)10月25日(日)、国立工芸館がオープンします。

国立工芸館の周辺。写真:太田拓実。

正式な名前は東京国立近代美術館工芸館で、東京国立近代美術館の分館が移転してくるといった話です。

 

「それって、どれだけすごいの?」

 

と疑問に感じるかもしれませんが、日本海側に国立美術館の関連施設がオープンした例は、過去に一度もありません。

 

名誉館長には元サッカー日本代表で、現在は日本の伝統産業を世界に広める中田英寿さんが就任するなど、全国的にも注目されるニュースです。

 

『HOKUROKU』で取材に訪れた日にも、東京から雑誌の取材が入っていました。

 

「工芸」と聞くと、伝統や伝承、正当性の裏返しである閉鎖的なイメージを持つため、「ちょっと苦手」という人も居るかもしれません。

 

しかし、今はメディアの仕掛けがあったり、プロダクトデザイナーやグラフィックデザイナーとの「コラボ」企画があったり、ブランディングの上手な仕掛け人が登場したりと、伝統や正当性とは異なる新しさや面白さを入り口にして、工芸を楽しませてくれる試みが、北陸にもたくさんあります。

 

いわば、そうした懐の広い工芸界の「総本山」が東京から金沢へ移転するといった話です。

 

 

この移転の話は、政府関係機関の地方移転施策に基づいてスタートしています。

 

政府関係機関の地方移転施策とは、当時の政権が、地方創生のために、省庁など政府関係機関を東京から移転させようとした試みになります。

 

分かりやすい成果としては、文化庁の京都移転が決まりました。移転先として、京都に蓄積する文化の厚みが評価されたからでもあります。

 

国立工芸館の館内から周囲の眺め。いしかわ赤レンガミュージアムや県立能楽堂が見える。

国立工芸館についても同じ。東京の皇居の北側にある北の丸公園から、石川県金沢市に移転が決まりました。

 

その大きな理由の1つには、誘致に手を挙げた石川県金沢市に、圧倒的な工芸の蓄積があったから。

 

そこで今回は、10月25日にオープンを控え、準備作業で忙しい国立工芸館に出掛けて、館長の唐澤昌宏さんに、北陸の工芸の楽しみ方を教えてもらいました。

 

インタビューの場所は、名誉館長室。インタビュー後は、国立工芸館の展示渉外室研究補佐員である小島美里さんに、準備中の館内を案内してもらいます。

 

1泊2日で北陸の工芸の産地を巡る旅の連載の始まりとして、まずは工芸とは何なのか、どうやって工芸を楽しめばいいのか、いろいろ興味深い話を聞かせてもらいました。

 

それでは、本編、始まります。

素材についても、技法についても、多種多様な工芸が、石川、金沢を中心に発達している。

国立工芸館の名誉館長室にて。左が唐澤昌宏さん。

坂本:本日は開館準備でお忙しい中、ありがとうございます。

 

唐澤:カメラマンさんが居ますが、今日は写真も撮るのですね?

 

坂本:はい。インタビューの後は、館の入り口などで、国立工芸館をバックに写真撮影もお願いできればと思います。

 

唐澤:もっと、きちんとした服を着てくれば良かったです。奥にジャケットがあるので、それを着れば大丈夫でしょうか?

 

 

坂本:今のままで、すてきじゃないですか。何も問題ないと思います。ワイシャツ姿でも風格が感じられるくらいですから、このままでインタビューを始めましょう。

 

唐澤:よろしくお願いします。

 

坂本:あらためまして、北陸3県を舞台にするWebメディア『HOKUROKU』で編集をしている坂本と申します。まずは、簡単に今回の企画の意図を説明させてください。

 

現在、新型コロナウイルス感染症の影響で、遠方への旅行が自由にできない状況が続き、観光業は大きな影響を受けています。

 

一方で北陸の有名な観光地を運営する経営者に話を聞くと、県外の観光客ばかりでなく、近場に暮らす人たちに愛される努力をすべきだった、と言っていました。

 

北陸の人は遠くへ行けず、観光業の人たちは、近場の人にもっと来てもらいたいと考えているわけです。

 

ならば、地理的に近いのに、意識の上では遠い北陸3県を1泊2日で巡る、マイクロツーリズムを提案したいと思いました。

 

例えば北陸3県の面積は合計しても、新潟県、長野県と同じくらいしかありません。

 

文化の違いを無視した乱暴な言い方をすれば、1つの県でも十分な広さなのにもかかわらず、その狭い範囲で細かく県が分かれていて、県境を越えた人の交流が、極めて限定的な土地なのですから。

 

 

ただ、巡るには目的が必要です。

 

地元の人が周遊する目的になり得る、北陸らしい観光資源とは何なのか。そう考えた時に、真っ先に工芸が思い浮かびました。

 

私が好きな美学者の本の中には、「工芸は手作業に残された役割を確かめさせてくれる」といった言葉があります。

 

手作業や手仕事は、大量消費に支えられた大都市と一定の距離を取りながら、地に足の着いた暮らしを営む北陸の人にとって、大切にされていると思います。

 

さらに北陸3県を見渡した時、いわゆる「伝統的工芸品」が、他の地域に負けずに、たくさんあるわけです。

 

例えば、富山県には高岡銅器があり、井波彫刻、越中和紙などがあり、石川県にも九谷焼、加賀友禅、輪島塗、山中漆器などがあり、福井県にも越前焼、越前和紙、越前打刃物、若狭塗りなどがあります。

 

北陸にある伝統的工芸品の産地。

先ほどの話で言えば、仮にこの北陸を1つの県と考えたら、その集積度合いは、全国的に見てもなかなかだと思います。

 

その上、東京国立近代美術館工芸館も東京から石川に移転して、10月25日にオープンをします。

 

石川に移転する東京国立近代美術館工芸館。通称は国立工芸館。

ならば、北陸の人たちが価値を共有できそうな手仕事、手作業の価値を確かめに、1泊2日の行程で北陸3県を巡る、マイクロツーリズムの形が提案できるのではないかと思いました。

 

ゆくゆくは北陸の工芸の産地を順番に巡っていく、その長期連載の第1回として、今回は国立工芸館の唐澤館長に、北陸の工芸の全体像や工芸の楽しみ方などを教えてもらえればと思っております。

 

唐澤:なかなか、難しいお題ですね(笑)

 

坂本:確かに、そうかもしれません。要するにHOKUROKUとしては、「北陸の工芸はこんなにすごいよ」と、褒めてもらいたいわけです。

 

国立工芸館の館長が褒めたとなれば、北陸の人たちにも行動を促すきっかけになると思うからです。

 

唐澤:そうですね。北陸の工芸ですか。

 

石川を中心とした北陸の工芸の特長というと、まずは、すそ野の広さが挙げられると思います。

 

 

何でもそうですが、富士山のようにすそ野が広くなければ、頂きは高くなりません。

 

北陸は工芸のすそ野がとても広いので、その分だけ頂きが高いという特長があると思います。

 

坂本:具体的にはどういう話でしょうか。

 

唐澤:例えば、伝統工芸の技術の保存と活用、向上に寄与する日本工芸会は、全国に支部があります。

 

普通は東日本とか、東海とか、中国とか、ブロックごとに分かれているのですが、石川の場合は、ほぼ単県、少し福井も入っていますが、石川県だけでほぼ成立してしまいます。富山県も一緒です。

 

石川の場合は支部の中に、陶芸があって、染織があって、漆芸があって、金工3があって、木竹工があって、人形があって、諸工芸(ガラスなど)があってと、ほぼ全ての部門を網羅できるくらい、作家の層が厚く蓄積していて、皆さんが活躍しています。

 

坂本:全国的に、それは珍しいのでしょうか?

 

唐澤:はい。他には見られません。

 

それだけ素材についても、技法についても、多種多様な工芸が、石川(金沢)を中心に北陸には発達していると言えます。

 

日本伝統工芸展でも、石川を中心とした北陸の作家がたくさん活躍しています。一般的に分かりやすい例で言えば、工芸の分野でいわゆる「人間国宝」もたくさん居ます。

 

坂本:人口比率で言うと、石川は工芸部門の人間国宝が日本で一番多いみたいな話を聞いた覚えがあります。

 

唐澤:そういう話もありますよね。

 

ここまで話してきた工芸とは、作家の工芸ですが、工芸と言っても、表現性の高い作家の工芸と、職人のつくる工芸があります。

 

東京から移送した、国立工芸館の裏手に展示された、金属に細工を施す美術工芸作品(金工)。橋本真之『果樹園―果実の中の木もれ陽、木もれ陽の中の果実』(1978ー88年)。「オブジェもの」と言われる表現性の高い作品で、いわば作家の工芸にあたる。

北陸の場合は、作家の工芸だけでなく、職人の工芸も豊かに息づいていて、職人さんが土地に根差して、製品づくりを続けています。

 

越前打刃物。福井県の伝統工芸品の1つ。職人の工芸の一例。写真提供:福井県観光連盟。

また、北陸はつくり手だけでなく、受け手である市民たちの関心も高いです。工芸館が移転すると決まってから、地元のメディアの扱いも盛んですし、多くの人から反響があります。

 

むしろ、ここまで関心がもたれているので、怖いくらいです。それくらい北陸は工芸が豊かな土地なのだと思います。

 

坂本:その北陸に国立工芸館が移転してきます。移転の結果、北陸の工芸は、どう変わっていくのでしょうか?

 

唐澤:すでに北陸の人たちは、「工芸」と聞いて、各人がその人なりのイメージを思い浮かべられる状態だと思います。

 

逆を言えば、それくらい多種多様な工芸が北陸には発展していると思います。

 

坂本:例えば、工芸と言われたら、井波の木彫刻を思い浮かべる人も居れば、越前漆器を思い浮かべる人も居る、それだけ、伝統工芸の産地が、北陸の各地に点在しているという意味ですね。

 

唐澤:はい。その北陸に、国立工芸館が全国のさまざまな新しい工芸を発信していけば、この先10年、20年のスパンで、工芸に関する価値観の厚みがさらに増していくと思います。

 

坂本:すごく楽しみな未来予想図ですね。

 

石川県内の工芸体験の様子。写真はイメージです。写真提供:石川県観光連盟。

(編集部のコメント:北陸はやっぱり、工芸の豊かな土地だと自信を持っていいみたいです。

 

それでは次は、ちょっと唐澤館長の生い立ちを聞いてみましょう。

 

その話から、工芸をどう楽しめばいいのか、ヒントが見えてきましたよ。)

正式名称は東京国立近代美術館工芸館、通称は国立工芸館。住所は石川県金沢市出羽町3-2。電話番号は050ー5541ー8600。開館時間は9:30~17:30(入館は17:00まで)。休館日は月曜日(月曜日が祝日の場合は翌平日)、展示替え期間、年末年始。料金は展覧会によって異なる。

伝統的工芸品産業の振興に関する法律に基づき、経済産業大臣が認めた工芸品。

金属に細工を施す工芸。

1954年(昭和29年)から毎年開催している、工芸分野の中で最大級の展覧会。

この記事を書いた人

坂本 正敬

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。