泊まる楽しみはもっと深い。新・北陸の宿。(金ノ三寸編)

北陸に暮らす人たちが北陸3県の近場で、非日常の宿泊を体験する、そんな新しい旅と宿の楽しみに関する連載です。

 

早速〈HOKUROKU〉のプロデューサーにして、宿や飲食店などの場所づくりをプロデュースする明石博之が、北陸の宿巡りをスタートしました。

 

第1回目の宿泊地は、明石本人が担当した富山県高岡市の〈金ノ三寸〉です。

 

「いきなり、自分の手掛けた宿かよ」と突っ込みが入りそうですが、第1回目には宿をつくる側の視点や狙いを含めて宿泊体験記を書いてもらいたくて、編集長の私が意図してお願いしました。

 

金ノ三寸は2軒の連なった古民家をリノベーションした宿泊施設です。明石には日を置いて、それぞれの棟に泊まってもらいました。

 

紹介の方法は〈YouTube〉で流行しているルームツアーのように、宿の機能や間取りを一通り解説してもらい、最後に宿泊体験記という感じです。

 

金ノ三寸はそれぞれが1棟貸しの宿のため、新型コロナウイルス感染症の影響も少ないと思われます。

 

福井、石川、富山の人が、同じく感染者の少ない北陸の旅(マイクロツーリズム)を楽しむとなれば、不安の要素もまた1つ、軽くなるはず。

 

そろそろ非日常を楽しみたいと押さえきれない思いを抱えている人は、富山の旅から始めてみてはいかがでしょう。

 

HOKUROKU編集長・坂本正敬