連載「人情と論理の交差点」

法律家の「謎解き」。弁護士Iからの挑戦状。(富山県立近代美術館編)

〈HOKUROKU〉運営メンバーの1人で弁護士の伊藤建によるリーガル(法律に関する)「謎解き」コンテンツの続編です。

 

関連:法律家の「謎解き」。弁護士Iからの挑戦状。(ふるさと納税編)

 

血も涙もない(ように思える)法の世界で、論理と人情のせめぎ合いの末に判決が出た北陸の有名な事件を取り上げる不定期連載。

 

関連:法律家の「謎解き」。弁護士Iからの挑戦状。(金沢市庁舎前広場編)

 

2016年(平成28年)に閉館し、富山県美術館として現在は移転リニューアルした富山県立近代美術館が今回の舞台です。

 

表現の自由をめぐり15年に及ぶ裁判闘争となった有名な事件を扱います。

 

全5回の記事の冒頭では、弁護士・伊藤建が事の経緯を示します。

 

ある作品を通じて表現の自由を訴える人と表現に不快さを感じて行動に出る人たち、さらに作品の展示を撤回する美術館とその作品を観たいと訴える市民たち、さまざまな主張が今回の事件ではぶつかります。

 

全ての言い分がでそろったら読者の皆さんは裁判官になったつもりで、どちらの主張が「正しい」か考えてみてください。もちろんその理由も。

 

現実の裁判ではどのように裁判官が判決を下したのか伊藤が最後に解説しますので、いわば裁きのプロである裁判官の判決で「答え合わせ」してみてください。

 

HOKUROKU編集長・坂本正敬