連載「人情と論理の交差点」

法律家の「謎解き」。弁護士Iからの挑戦状。(金沢市庁舎前広場編)

以前〈HOKUROKU〉で「法律家の『謎解き』。弁護士Iからの挑戦状。(ふるさと納税編)」という特集を出しました。

 

「マガジン・プログラム」と呼ぶ連載の第1弾で、HOKUROKUもお世話になった〈ふるさと納税〉にまつわる社会問題を、謎解き小説風に紹介した特集です。

 

今回の「金沢市庁舎前広場編」は、シリーズ第2弾。舞台を北陸に移し、憲法学者に「許容できない」とまで言わしめた、金沢の「広場」を巡る事件を扱います。

 

最高裁判所にまで持ち越されたこの大論争を、今回もHOKUROKU運営メンバーの1人にして、弁護士でもある伊藤建が謎解き小説風にまとめます。

 

記事を読みながら最高裁判所の判事になったつもりで、市民Xらと金沢市、どちらの言い分に分があるか考えてみてください。

 

最後は、裁判官がどのような判決を提示したのか、伊藤建が解説します。皆さんの「裁き」は裁判官と一緒なのか、あるいは異なるか。「答え合わせ」をしてみてくださいね。

 

HOKUROKU編集長・坂本正敬