HOKUROKU(ホクロク)とは。

地元に暮らす読者と会員を大切に。

『HOKUROKU』(ホクロク)とは、創刊編集長の坂本正敬とプロデューサーの明石博之の移住者2人が、富山県高岡市にあるコワーキングスペース<COMSYOKU>に編集部を置いて、2020年(令和2年)5月31日(日)に創刊したウェブメディアです。

 

関連記事:

すみません。HOKUROKU、Wikipediaデビューしちゃいました。

 

県、市町村で情報を区切るのではなく、日帰り+1泊でマイクロ観光が楽しめる距離感の北陸3県を舞台に、日々の暮らしを楽しく豊かにするコンテンツを発信します。

 

HOKUROKUでは、不特定多数の読者から集まるクリックの回数(PV)ではなく、地元在住の読者、さらにはHOKUROKU会員とのリアルな関係を大切にします。

特集(記事)と「たまり場」

当面、HOKUROKUが力を入れるコンテンツは2種類です。毎週月曜日に更新され、1日1本ずつの記事が5日間にわたって公開される新着の特集(記事)と、毎日情報が更新される「たまり場」です。

 

特集(記事)については、誰でも読める無料版と、月額会員だけが読める有料版があり、それぞれが隔週で配信されます。

 

各特集は5回分の内容に分かれ、第1回が月曜日にスタート、第5回が金曜日に終わり、土曜日、日曜日以降は、まとめて1~5回を読めるようになります。

 

一方の「たまり場」については、一般の読者や無料会員、月額会員に向けて用意されたオンライン上の交流の場で、気軽にHOKUROKUに集まってもらえる仕組みを用意しました。

 

関連記事:

こんなのもあるんです。HOKUROKUの「たまり場」たち。

 

例えば、最新のイベントやキャンペーン情報の告知・チェックが自由にできる場があったり、お店の開店・閉店情報を自由に宣伝・チェックできる場があったり。

 

他には読者や会員全員が共通のネタで盛り上がれる大喜利コーナー・川柳コーナーがあり、子どものお絵描きや工作の写真を投稿できる「展覧会」があり、飼いネコやイヌの写真、迷いネコやイヌの情報を投稿できる掲示板がありと、いろいろです。

 

ゆくゆくは、オリジナルの商品をつくったり、イベントを開いたり、愛される場所を立ち上げたりと、現実の世界でも活動を広げていきます。

 

会員登録をすればより便利に使える機能もあります。皆さんの登録をお待ちしています。

寄付者の一覧を掲げます。

最後に。

 

HOKUROKUは北日本新聞社(富山県)、北陸銀行(富山県)、READYFOR(東京都)の3社が実施する企画<クラウドファンディングとやま>で、2020年(令和2年)2月10日から1カ月間、創刊のためのクラウドファンディング(インターネットによる寄付金の受付)を行いました。

 

100万円の目標金額を掲げ、最終的に140名の支援者から、合計267万円の寄付が集まりました。 あらためて、このクラウドファンディングにかかわった3社と、140名の寄付者に感謝を表明します。

 

寄付者については、一覧をつくりました。HOKUROKUが世の中にある限り、永久に掲示します。この方々の期待を裏切らない、楽しいメディアであり続けます。

 

(寄付者一覧はこちら)

 

それでは今日から、HOKUROKUを始めます。太平洋側の大都市が仮に日本の「表」だとしたら、北陸は日本の「奥」。いわば、その「奥日本」で地に足を着けて、じっくりと。

 

2020年5月31日

HOKUROKU創刊編集長・坂本正敬