HOKUROKU特命取材班

富山の人が「ばんそうこう」を「キズバン」と呼ぶ唯一の県民である理由。

読者の抱いた素朴な疑問を『HOKUROKU』が取材で解明する<HOKUROKU特命取材班>。

 

第2回の今回は、「富山の人たちってなんで、ばんそうこうを『キズバン』と呼ぶの?」という読者から届いた素朴な問いを取り上げます。

 

実は石川、福井の人が「ばんそうこう」と呼ぶ医療品を、富山の人は「キズバン」と呼んでいる事実を、知っていましたか? 例えば富山県内のドラッグストアの中には、陳列棚の案内表示に「キズバン」と書いているお店もあります。

 

この言葉の語源は、どこから来ているのでしょうか? しかもこの呼び方は、富山以外では全国でも類例を見ないというユニークな現状が発生しているわけです。もしかすると、富山の人も自分たちの希少性に気付いていないかもしれませんね。

 

そこで今回は北陸の中でも富山に焦点を当て、関係各所の協力の下で取材を進めながら、限りなく真相に近い仮説を突き止めました。

 

石川、福井の人からすれば、富山の人と話す際に、格好の話の種になってくれるはずです。最後まで読んでみてくださいね。

 

HOKUROKU編集長
坂本正敬