富山の人が「ばんそうこう」を「キズバン」と呼ぶ唯一の県民である理由。

2020.10.26

vol. 01

「キズバン」は<ライト キズバン>ではない。

写真:photo ACより。

北陸の皆さん、あるいは北陸にルーツを持ちながら、北陸以外の場所で『HOKUROKU』を読んでいる皆さん、突然ですが「ばんそうこう」を何と呼びますか?

 

編集長の私(坂本)は、関東で生まれ育ちました。当たり前のように「バンドエイド」と呼んでいましたが、全国を旅するようになり、各地に引っ越しをするようになって、どの地域も「ばんそうこう」の呼び名が違っていると知りました。

 

中でも、富山の人たちは全国を見回してみても類例のないユニークな呼び方をしています。こちらの地図を見てください。

 

 

国内最大手のばんそうこうメーカー阿蘇製薬株式会社(熊本)が作成した全国の「ばんそうこう呼び方マップ」を基に、HOKUROKU編集部が作成した地図です。

 

全国にはさまざまなばんそうこうの呼び名があるそうで、例えば東京周辺、名古屋周辺、大阪周辺など三大都市圏では、外資系メーカーである米ジョンソン・エンド・ジョンソン社の商品<バンドエイド>の名前が広く普及しています。

 

恐らく、圧倒的な経営資源を使って日本の大都市圏の市場シェアを切り取っていったのでしょう。

 

同じように<サビオ>(阿蘇製薬)も<カットバン>(祐徳薬品工業)も<リバテープ>(阿蘇製薬)も、それぞれの地域で大きなシェアを獲得している(いた)商品名が、その土地に暮らす人たちの「ばんそうこう」を意味する一般名詞として使われています。

 

細かく言えば、これほど奇麗に県境で呼び方が変わるわけもないはずですが、石川、福井の人たちは、実際に少なくない人がこの地図の通り、「ばんそうこう」と呼んでいるのではないでしょうか?

 

しかし、全国に唯一、独自の呼び名を使っている県があります。富山の「キズバン」です。他に「キズバン」と呼ぶ地域が存在しないのにもかかわらず、県内での浸透ぶりはすさまじいです。

 

例えばHOKUROKUの副編集長にして、編集部唯一の富山出身者である大坪に「ばんそうこうを何て呼ぶ?」と聞いたら、当たり前といった顔で「キズバン」と答えました。

 

筆者が暮らす家の近所にあるドラッグストアの陳列棚にも、「キズバン」という案内板が掲示されています。

 

他の地域で生まれ育った筆者が富山に越してきて間もなく、お世話になった高齢の女性も、「キズバン」と言っていました。

 

まさにこの「キズバン」というユニークな呼び方について、「HOKUROKUで取材してほしい」という依頼が、編集部に届きます。

 

HOKUROKUは本来、北陸を広く見渡して考えるウェブメディアですが、調べてみると真相に近いパワフルな仮説も見えてきましたので、ぜひとも最後まで読んでみてくださいね。

 

関連記事:
100年前のニュースに学ぶ。北陸3県の「スペイン風邪」365日。

「富山県民がゴルフ好き」なわけでもない。

写真:photo ACより。

「キズバン」の由来について、何から手を付ければいいのでしょうか? まずは、商品名から考えてみます。

 

先ほどの「ばんそうこう呼び方マップ」では、「ばんそうこう」の代わりに普通名詞として使われている言葉が、その土地で流通している商品名だと示されていました。

 

では「キズバン」も同様の商品が富山に存在していて、その商品名が一般名詞として使われているのではないか。当然、そのような仮説が浮かびます。

 

確かに調べてみると、「キズバン」という言葉を使った商品が、現行で1つだけ販売されていると分かります。ライト株式会社(東京)の製品<ライト キズバン>です。

 

ライト社提供の<ライト キズバン>。写真:坂本正敬。

この商品は、どういった医療品なのでしょうか。

 

ライト社に問い合わせると、この商品は基本的に全国のゴルフ場、スポーツショップでしか販売していないと言います。

 

その情報のせいでしょうか、インターネット上では一部のブログメディアで、「富山県民はゴルフ好きだから、ライト キズバンが、富山県民の呼び方に影響を与えたのではないか」と書かれています。

 

しかし、結論から言えば、ライト キズバンが富山県民のばんそうこうに対する呼び方に影響を与えている可能性は、ゼロです。

 

「富山県民はゴルフ好きだから、ライト キズバンが富山県民の呼び方に影響を与えたのではないか」という話で言えば、まず、富山県民が突出してゴルフ好きという事実がありません。

 

人口10万人当たりのゴルフ場の件数を<タウンページ>で調べると、富山県は下から数えた方が早いくらい、全国の都道府県と比べた時、下位に甘んじています。

 

また、富山のゴルフ場で、同商品が特に他の地域と比べて売れているという事実もないと、ライト社の担当は教えてくれました。

 

さらに、同商品の発売時期は、1992年(平成4年)です。年配の人も「キズバン」と呼ぶ事実を考えると、発売時期の整合性が取れません。

 

せっかくなのでライト キズバンの名称について聞いてみると、同社の担当者からは以下のような説明がありました。

 

「富山のことは、何も参考にしていませんし、調査もせずに、ただ単に傷に付けるばんそうこうだから、キズバンと命名した記憶があります。『キズバン』の登録がなかったこともあり、命名、商標登録に至りました」

 

少なくとも現存して流通する唯一の「キズバン」が富山県民の呼び方の由来ではないとは、確実だと分かりました。

 

では、どうして富山県民は、ばんそうこうを「キズバン」と呼ぶのでしょうか。調査は続きます。

 

(次は第2回。取材の範囲を広げていくと、あれこれとヒントが見付かってきました。)

もともとはスウェーデンのセデロース社のブランド。同社が1963年(昭和38年)に、ニチバン株式会社(東京)を通して日本市場に進出を果たす。その後、ライオン歯磨株式会社(現在はライオン株式会社)にブランドが譲渡され、阿蘇製薬の製造で、全国で販売された。

この記事を書いた人

坂本 正敬

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。