富山の人が「ばんそうこう」を「キズバン」と呼ぶ唯一の県民である理由。

2020.10.27

vol. 02

配置薬の中に「キズバン」という名前のばんそうこうがあった。

写真:とやま観光推進機構。(※写真はイメージです)

ライト株式会社の製品<ライト キズバン>は、富山県とは関係なく生まれたばんそうこうで、現在も富山で特に売れている事実はないと分かりました。

 

では次は、何を調べればいいのでしょうか。

 

ばんそうこうは辞書で調べると「医療品」と書かれています。そこで、まずはオーソドックスに、「薬都」富山の富山県厚生部くすり政策課に問い合わせてみました。

 

広報課の担当者に「どうして富山の人はばんそうこうをキズバンと呼ぶのか?」と聞くと、「富山県では情報を把握していない」との回答があります。

 

担当者はとても協力的な人で、広報課から他部署にも問い合わせてくれたみたいです。しかし、回答できる部署は見当たりませんでした。

 

これだけ市民の間で「キズバン」という呼び名が広まっているのにもかかわらず、富山県のどの部署も情報を持っていないというギャップに、意外な気もしました。

 

しかし、地元の人からすれば、あまりにも当たり前すぎる話なので、誰も注意してこなかったのかもしれませんね。

1992年以前からの地方名・方言であろうと推測できます。

次は、富山の頭脳が集まる富山大学にも聞いてみました。友人の教授を頼って、この方面に詳しい人を教えてほしいとお願いすると、富山大学人文学部の先生の名前が挙がってきます。

 

この先生は、富山県の方言番付表の監修をするなど、地域の言葉の専門家でもあります。早速、研究室の連絡先からコンタクトを取り、「どうして富山県民はばんそうこうをキズバンと呼ぶのか」と聞いてみました。

 

結論から言えば、残念ながら先生も真相を知りませんでした。「語源について考えたことがありませんので、明確な考えはありません」との回答です。

 

やはり、ばんそうこうの呼び名が異なるという事実は、多くの人にとっては当たり前すぎて、見過ごされている話だと分かります。まさに、見慣れた景色に新しい見え方を提示するHOKUROKUの出番と言える話題かもしれませんね。

 

先生にライト社から得た情報を伝えると、「老年層でも『キズバン』と呼んでいますので、1992年(平成4年)以前からの地方名・方言であろうと推測できます」との見解がありました。

 

少なくとも、ライト社の商品が富山県民の呼び方に影響を与えたわけではないと、あらためて確信を深められる「援護射撃」のような言葉でした。

販売業者、メーカーの従業員等の配置薬の関係者が富山県内には多く居た。

富山の様子。写真:とやま観光推進機構。

次は、富山市の呉羽山のふもとにある富山市売薬資料館に、問い合わせてみました。富山の薬について豊富な情報を持っている専門機関です。

 

同館の学芸員によれば、富山で「キズバン」の呼び方の由来を探る場合、富山=配置薬と短絡的に結び付ける危険性はあるものの、やはり配置薬の影響を無視できないのではないかとの話。

 

その理由は、他の地域の呼び方も、その土地に流通する商品名の影響を受けているからですね。

 

配置薬とは「置き薬」「家庭薬」とも呼ばれ、江戸時代から今に至るまで、富山で育まれてきた文化です。

 

従事者が家を周り、薬の入った救急箱のようなセットを無料で置いて、後に再訪問し、使った分だけの薬代を徴収していくスタイルの商い。

 

同館によると、配置薬は特に戦後、富山の各家庭に入り込んだ印象があると言います。例えば富山県の西部にある南砺市などは、1つの家に複数の異なる配置薬のセットが置かれている場合もあるのだとか。

 

配置薬業界の組合である富山県薬業連合会に問い合わせてみると、戦後の1961年(昭和36年)、富山県で配置薬に従事していた人の数は11,685人で、この数は全国で最多だったと言います。

 

配置用医薬品(配置販売業者が扱う薬)を製造していたメーカーも富山には多く、同じ1961年(昭和36年)の生産額は、全国シェアの5割以上を占めていたと言います。

 

富山県によれば、1960年(昭和30年)の県内の世帯数は、214,099世帯です。

 

これらの家にどれだけの配置薬が置かれていたのかは、正確なデータが残っていないようですが、配置薬の従事者は当時、1人につき800~1,000カ所の得意先を持っていたと言います。

 

配置薬の従事者が使っていた道具(柳行李)。写真:富山市観光協会。

従事者の数に得意先の件数を掛け合わせると、各家庭の置き薬の浸透は、やはりそれなりのレベルであったと考えられます。

 

富山県薬業連合会の担当者も、

 

「販売業者、メーカーの従業員等の配置薬の関係者が富山県内には多く居たので、(各家庭の)配置薬についても当然、浸透していたと思われます」

 

と考えを聞かせてくれました。こうした広がりを考えても、富山の人にとってなじみ深いこの配置薬の中に、「キズバン」的な名前の医療品が入っていて、その商品名が市民の呼び方に影響を与えたという可能性が、十分に考えられるのですね。

 

(次は第3回。「キズバン」の語源かもしれない、<きずぐすりばんそーこー>について紹介します。)

この記事を書いた人

坂本 正敬

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。