北陸の怪談。金沢の「子育て幽霊」編。

通い慣れた道も日没に通ると印象の違いが大きくなるように、見慣れたまちの風景も迷信的な物語を通じて眺め直すと見え方が変わります。

 

北陸の中でも特に金沢では地元の怪談話を知ると、新鮮な奥行きが景色に見えてきます。

 

第2次世界大戦の空爆を免れ、妖怪・幽霊・鬼・化けきつね・化けたぬきの存在が本気で信じられた江戸時代の空気が漂う土地だからかもしれませんね。

 

1726年(享保11年)から1727年(享保12年)に加賀藩の下級武士・森田小兵衛盛昌(もりまさ)がまとめた〈咄随筆(はなしずいひつ)〉に初見される怪談話・子育て幽霊譚(たん)を今回は紹介します。

 

金沢の人には圧倒的な知名度を誇るものの、同じ北陸でも福井や富山の人には意外に知られていないはず。

 

怪談話の舞台は金沢の寺院群に現存する幾つかのお寺です。この夏金沢に訪れた際には、ゆかりの地を心静かに訪れてみてください。

 

路地裏から異界の何かが出てきそうな金沢特有の雰囲気で厳しい残暑も忘れられるはずですよ。

 

HOKUROKU編集長・坂本正敬