北陸の怪談。金沢の「子育て幽霊」編。

2021.08.13

第5回

三ノ丸御番所への報告。

 

子育て幽霊の奇跡から17年近くたった。

 

金沢城の三ノ丸に当時三ノ丸番所があった。馬廻組に所属する侍が勤番する番所の1つである。

 

馬廻組とは主将の馬近くで護衛にあたる騎馬の武士を本来は言う。言葉だけ見ると立派だが、加賀の馬廻組は素行が悪かった。

 

例えば1664年(寛文4年)5月、馬廻組の士・岩田平蔵は長谷観音へ参拝した日、宿で仕女を殺し、追放されている。

 

馬廻組の士・田邊彌五作は同年、同じ馬廻組の阿部九郎右衛門とけんかし、相手を切り殺した罪で切腹を命じられている。

 

さらに同じ年、定番馬廻組の吉田又右衛門の子ども・勘右衛門が牢人(ろうにん)の服部入也と酔ってけんかになり、切り殺している。

 

4年後の寛文8年には、定番馬廻組の士・野村権兵衛と藤縣虎助が公文書と印鑑を偽装し、知行米(給金)に関する不正を働いた。間もなく切腹を命じられている。

 

後の1690年(元禄3年)には、定番御馬廻組の高崎半九郎ら8人が町人と組んで19人の遊女を屋敷や空き家へ引き入れて売春させた罪で、五箇山(現在の富山県南砺市)へ流刑された。

 

関与した町人は首をはねられ、死刑を免れた者でも耳や鼻をそがれている。

 

遊女は奥能登へ送られた。

 

その時代の話である。

 

写真:金沢市観光協会。

 

300石を取る馬廻組の士・寺西庄兵衛の家人で十兵衛とかいう者が、16時過ぎ(七つ)に番所へ来て勤番を終えた主人の身支度を手伝っていた。

 

野町の風呂屋で湯女(ゆな)に汗でも流してもらうのかと周りの者がからかった。

 

十兵衛は頭を下げて笑い否定した。

 

立像寺へ行くという。

 

金沢城中で飼育している白鳥がその時、甲高く鳴いた。

 

立像寺とは例の子育て幽霊が出たお寺である。立像寺で若い僧侶が母の17回忌の作善をするらしい。十兵衛らは参列を予定していた。

 

何人かの勤番の士が興味を示した。十兵衛は17年前に立像寺で起きた事の始末を語った。

 

一同は一様に心を打たれ、近親に口伝したという。

後書き。

 

森田小兵衛盛昌(もりまさ)の耳にその話が後に入る。冒頭でも書いた〈咄随筆〉の作者である。

 

加賀藩馬廻組の士・中川七兵衛重良の家来で森田久右衛門康政を父として持つ盛昌は、その幽霊譚(たん)を父や母に聞いたのか。

 

森田小兵衛盛昌は子育て幽霊の話を文字として収録し、結果として今日に残る決定的な仕事をした。

 

子育て幽霊の説話は今も金沢の人たちに語り継がれている。

 

最大の驚きは幽霊話に登場する墓地や地蔵、寺、地名が現存する点だ。第2次世界大戦の空爆を免れた金沢は、江戸時代の歴史がそのまま残っている。

 

子育て幽霊のゆかりの地が今もなおまち中に存在する奇跡に、北陸の人たちは感謝したい。

 

(副編集長のコメント:森田小兵衛盛昌がまとめた〈咄随筆〉には他にも金沢の口伝が収録されています。

 

いずれも当時の金沢の暮らしを興味深く伝える内容で、HOKUROKUとしては300年前の大先輩に敬意を払わずにはいられません。

 

興味のある方はぜひ読んで、登場する金沢のまちを巡ってみてください。)

 

文・写真:坂本正敬

カバー写真:山本哲朗

編集:大坪史弥・坂本正敬

編集協力:明石博之

郷土を離れ諸国を流浪する人。浪人とも書く。

温泉場や風呂屋で浴客の世話をした女性。次第に一部は売春した。

この記事を書いた人

Avatar

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。