ほくりくアイドル部のプロデューサーと日本一のマジシャンで考える。THE「セルフ・プロデュース」論。

2021.10.25

vol. 01

「えいや!」とまずは旗を立てる。

ちょっと長い前書き。

〈HOKUROKU〉編集長である私(坂本)はフリーランスのライターであり翻訳家でもあります。

 

クリエーターの一種(そんな自覚はありませんが)と認知される仕事で人並みに生活しているわけですが、少なくとも物書きの仕事は地方に暮らしていてもフリーランスで成立する時代となっています。

 

国内外の出版社や媒体にオンラインで自分を売り込み、オンラインで編集会議に参加して、オンライン上で原稿を入稿し、報酬を送金してもらう仕組みが完全に整っています。

 

もちろん売り込む相手は東京やニューヨークやシドニーなど都市部にあるメディアだけではありません。北陸に活動の拠点を定めるメディアに自分を売り込んでもいいはずです。

関連:ローカル・WEBマガジン・レポート〈real local 金沢〉編。

HOKUROKUのようなウェブメディアを自分で立ち上げる選択肢すら一方であります。

 

都会と違ってクリエーターと企業の距離が地方は異様に近いので(趣味のサッカー仲間が会社の経営者だったりする)、地元の企業からも執筆の依頼が舞い込んできます。

 

生活のために必要なお金も都会と比べてそれほど必要ないので、最低限稼がなければいけない額もそれほどではありません。

 

「えいや!」と勇気を出してクリエーターの旗を立てるかどうかにあとはかかっているのですね。

セルフ・プロデュースが上手な人だなあ。

とはいえフリーランスとして仕事を得るためには(自分を売り込む場面では)、自分に何ができて・何が得意で・どんな強みがあって・どんな専門分野があるのか、限られた手持ちの材料の中から考える必要があります。

 

簡単に言えば自分を選んでもらう取っ掛かりをつくらなければいけません。でもこの作業が意外に容易ではありません。

 

デザインだとか写真だとか文筆だとか翻訳だとかアナウンスだとか音楽だとかでやっていきたいと思っても、デザイナーとかフォトグラファーとかライターとかミュージシャンといった言葉は単に職種を表す一般名詞に過ぎません。

 

言い換えれば同じ肩書を名乗る人が山ほど居るので、その中で自分を目立たせる取っ掛かりをもう一歩踏み込んで考えなければいけません。

 

場合によっては職種そのものを「発明」する必要もあるでしょう。

 

しかもそのユニークな取っ掛かりを考える時には、あくまでも「仕事の依頼を受ける」が目的なので、単に自分の「好き」「得意」だけでなく「需要」まで計算しなければいけません。

 

実績と実力がとぼしい中でこれからやっていこうという人はこの取っ掛かりづくりが本当に大変です。右肩上がりにキャリアを発展させてきた「先輩」たちはどのように自分の見せ方と売り込み方、いわばセルフ・プロデュースの問題に取り組んでいるのでしょうか。

 

HOKUROKUでこの話題をテーマに特集を組もうと思った時、真っ先に思い浮かんで連絡を入れた人がヤマギシルイさんでした。

 

〈HOKUROKU〉の取材とは別の日のヤマギシルイさん。ヤマギシさんのお店〈マジックカフェ&バーBELIEVE〉にて。撮影:坂本正敬。

 

ヤマギシルイさんとは、〈マジックバー金沢STYLE〉の店舗責任者に2009年(平成21年)就任してから、年間300日以上のショー出演を10年以上続けてきたマジシャンです。

 

2020年(令和3年)2月2日には〈マジックカフェ&バーBELIEVE〉を金沢市内で独立開業し、新型コロナウイルス感染症の拡大に直面するものの独自の活動を続けて、年間で最も活躍したマジシャンを表彰する日本マジックファンデーション(埼玉県)の〈ジャパンカップ2021〉でクロースアップ・マジックの分野における日本一に選ばれた人です。

 

パフォーマーの一種であるマジシャンは人の少ない北陸でビジネスが成立しないようにも思えます。

 

しかし「世界一本を読むマジシャン」とのユニークな肩書を開業当初につくり(※「小説を愛するマジシャン」の肩書を現在は用いる。詳細は後述)、圧倒的な読書量を裏付けるように本をお店のカウンター席正面に並べ、ペンネームではミステリー小説を書くなど開業当初から一貫して自分の見せ方を突き詰め工夫している人です。

 

 

ヤマギシさんとは〈HOKUROKU〉と別の媒体の取材で出会いました。

 

しかもHOKUROKUの日本酒の特集を過去に読んでくれているとその際に知り、今回の特集づくりで連絡して取材協力を快諾してもらいました。

関連:利き酒師と酒蔵の社長で考える。日本酒の「ペアリング」の教科書。(前編)

自分(セルフ)と他人のプロデュースをビジネスで実演するプロフェッショナル。

取材を受けるにあたりヤマギシルイさんは対談を希望しました。その段階で理想的な対談相手が私の中にもう1人思い浮かびます。中新賢人さんです。

 

「シアスタ」の愛称で北陸のファンに広く親しまれるロックバンド〈Seattle Standard Café〉のボーカルにして、石川のプロスポーツチーム〈ツエーゲン金沢〉や〈PFUブルーキャッツ〉の公式応援ソングをつくり、金沢マラソンの公式応援ソング、北陸新幹線の開業PRソングも手掛けるクリエーターです。

 

中新賢人さん。ライブのリハーサル時の様子。撮影:坂本正敬。

 

地元密着の音楽活動を通じて〈いしかわ観光特使〉にも任命される人。

 

数々の輝かしい実績の中でも私が注目した点は〈ほくりくアイドル部〉のプロデュース業でした。

 

ほくりくアイドル部とは北陸を拠点に活動を続けるアイドルグループです。

 

〈ほくりくアイドル部〉。福井で行われたライブリハーサルの様子。撮影:坂本正敬。

 

全国でも通用するアイドル・アーティストを目標に掲げるだけあって、あか抜けたビジュアルと楽曲、ライブパフォーマンスなどのクオリティの高さは、コアなファンだけではなく高齢者や子どもたちなど多くのファンから支持を集めています。

 

質の高さと安定感のある元気なアイドル活動が評価されて、北陸の大手企業や北陸でキャンペーンを仕掛けたい全国区の企業からPRパートナーに選ばれる機会も目に見えて増えています。

 

才能の発掘にも力を入れており、石川のみならず福井、富山でもスクールを開校し未来のスター育成もスタートしました。

 

これら全てのプロジェクトをプロデュースする人が中新賢人さんです。

 

ミュージシャンとしてご自身をセルフ・プロデュースしてきただけでなく「アイドル部」のプロジェクトでは他人をプロデュースする役割を背負っています。

 

いわば自分(セルフ)と他人のプロデュースをビジネスで実演するプロフェッショナルですから、今回のテーマにぴったりだと思いました。

 

中新賢人さんへの取材交渉はなかなかハードルが高いかなと思ったのですが、ご本人の快い協力で現実には驚くほどあっさりと進みました。

 

音楽活動を通じて2人が実は昔から知り合いだったと取材前に知り、和気あいあいとしたムードの中で対談がスタートします。

 

石川県金沢市本町2丁目1-20(金沢駅近く)の金城ビル1階にある〈マジックカフェ&バーBELIEVE〉。公式情報:https://instagram.com/cafe_bar_magic

 

これからクリエーターとして生きていきたい人はもちろん、自分の売り込み方を見直したい中堅のクリエーター、店舗経営や企業経営などで自分の見られ方を工夫する必要のある経営者、競争相手との差別化が難しい保険・不動産などの業種の人たち、さらには就職活動を始める学生にも役立つ情報がたくさん出てきます。

 

「自分らしさ」を決める時は比較の必要はないけれど「強み」を考える時は他人との比較や他人の意見を意識する、だとか。

 

「らしさ」を見つけようとしている時点で「素晴らしい」だとか。

 

ためになる言葉もいっぱいですので最後までぜひ読んでみてくださいね。

 

(副編集長のコメント:SNSのアカウント名にユニークな肩書きを付ける人を見掛けます。

 

「○○クリエイター」とか「○○プロ」とか「○○研究家」とか。

 

セルフ・ブランディング手法の1つだと思いますが、その差別化の手段が使われすぎてかえって埋もれてしまう、とんちのような状況が起きているようにも思えます。

 

小手先ではない「見せ方」について次回以降で2人に聞いていきましょう。)

〈マジックカフェ&バーBELIEVE〉
住所:石川県金沢市本町2丁目1-20 金城ビル1階
公式情報:https://instagram.com/cafe_bar_magic
観客の至近距離で披露するマジック。

この記事を書いた人

Avatar

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。