ラーメンの代名詞が<8番らーめん>になるくらい、タイでは「8番」が広まっている話。

北陸3県に<8番らーめん>は、幾つあるか知っていますか? 全部で110店舗です。

 

ものすごい数字ですが、意外にも東南アジアのタイ王国には、その数を上回る135店舗もの8番らーめんがあります。

 

しかも現地ではラーメンの代名詞が「8番らーめん」になるくらい、愛されているとの話。

 

北陸のソウルフード(その地域で特に親しまれている料理)がタイではラーメンの代名詞になっているとは、普通に考えて大変な話ですよね。

 

この事実は、見慣れてしまった身近な物の価値を再編集しようと試みる『HOKUROKU』にとっても、決して見過ごせない話題です。

 

今回はタイでの成功物語について、関係者にたっぷりと教えてもらいましたので、海外に活路を見いだそうとしている北陸の企業も、身近な8番らーめんの頼もしい活躍を、ぜひともお手本にしてみてください。

 

HOKUROKU編集長
坂本正敬