「HACHIBAN-RAMEN」がラーメンの呼び名になるくらい8番らーめんがタイで成功した話。

北陸3県に〈8番らーめん〉は幾つあるか知っていますか? 全部で110店です。

 

ものすごい数字ですが東南アジアのタイ王国にはその数を上回る135店があります。

 

ラーメンを意味する普通名詞が「HACHIBAN-RAMEN」になるくらい現地では愛されているみたいです。

 

北陸のソウルフード(地域で特に親しまれる料理)がそれほどタイで認知されているとは大変な話ですよね。

 

そこでタイでの成功物語について歴史や経営戦略、失敗談などを交えながら「8番」の関係者にたっぷりと聞かせてもらいました。

 

海外に活路を見いだそうとしている北陸の企業も8番らーめんの頼もしい活躍を身近なお手本にしてみてください。

 

HOKUROKU編集長・坂本正敬