タイでは「8番らーめん」がラーメンの代名詞になっている話。

2020.09.21

第1回

得体の知れない食べ物を売る店にバンコクの一等地は貸せない。

 

大坪:本日はお時間をいただき、ありがとうございます。〈HOKUROKU〉で副編集長を務める大坪史弥といいます。

 

北陸のソウルフードとも言える〈8番らーめん〉を今取り上げさせてもらっていて、この特集が出るころには他の特集も公開されているはずです。

関連:漫画家ちさこ先生と考える。「8番らーめん」の愛し方・愛され方。

 

「8番」の本店で聞いた。野菜トマトらーめんの通な食べ方講座。

こうした特集を準備する段階で、北陸3県よりも東南アジアのタイの方が8番らーめんの店舗が多いと知りました。

 

このびっくり仰天の事実はきっと北陸に暮らす人たちを大いに励ますニュースになると思います。自分たちの慣れ親しんだ食べ物が世界で受け入れられているとは、やはり誇りに感じられるはずです。

 

また海外展開を考えている北陸3県の企業にとっても、すごく参考になるのではないでしょうか。

 

だからこそ8番らーめんがいかにタイで店舗を拡大できたのか、現地でどのように愛されているのか、その真実を1つの特集に仕立てたいと思いました。そこで本日は皆さんにオンラインで集まっていただきました。

 

一同:よろしくお願いします。

 

大坪:このオンライン座談会の状況から説明させてもらいたいのですが、僕が日本の富山にある〈COMSYOKU〉というコワーキングスペースの会議室に居て、株式会社ハチバンの営業戦略部に所属する村中美貴さんには石川県からオンラインでつながってもらっています。

 

さらにタイからもお二人にオンラインでつながってもらっています。まずはタイの方々から自己紹介をお願いします。できれば名前と役職をお願いします。

 

中島:はじめまして。8番らーめんの海外事業部タイエリアを担当している中島秀幸と申します。隣にいるのは株式会社ハチバントレーディングタイランドで取締役を務める清治(せいじ)洋です。よろしくお願いします。

 

清治:よろしくお願いします。

 

写真左上:営業戦略部の村中美貴さん、写真下左:中島秀幸さん、写真下右:清治洋さん。

大坪:素朴な疑問なのですが、お二人とも北陸のご出身なんですか?

 

中島:いいえ、私も清治も東京です。タイの現地採用で拾ってもらって入社して4年になります。

 

清治:私も中途入社で今年で入社18年になります。

 

大坪:18年ですか。タイではどのようなお仕事をされているのでしょうか?

 

中島:基本的な私の仕事はタイの店舗の指導です。われわれは日本の8番らーめんが現地でつくった子会社に所属していて、実際の店舗の運営はタイの現地法人が行っています。

 

タイの8番らーめんが独自で全然違う方向に進まないように「8番らーめんのスタンダードはこれですよ」「接客はこうしますよ」と現地とすり合わせをして、一緒に改善してより良いものをつくっていく仕事がメインですね。

「なんておいしいラーメンなんだ。これだったらタイでも絶対に売れる」

大坪:まずはタイへの出店についてお聞かせください。海外初進出の地にタイを選ばれた理由はなぜでしょうか?

 

タイというと食事でもおやつでも、麺(めん)文化の盛んな印象があります。こうした豊かな麺文化がタイへの出店の背景にあるのでしょうか。

 

中島:いえ、そもそも当時は8番らーめんとしては海外展開を考えていませんでした。きっかけは1人のタイ方との出会いでした。

 

タイで事業をされているパイサル・リンさんという方が1980年代の後半に仕事で来日されました。タイナム・シン社という繊維関係の企業のオーナーです。

 

タイナム・シン社は当時タイでは指折りの企業です。日本の繊維メーカーとも取引している関係でパイサルさんは毎年日本を訪れていました。

 

パイサル・リンさん

ある時パイサルさんが福井県の店舗で8番らーめんを食べ、とても感動されたそうです。「なんておいしいラーメンなんだ、これだったらタイでも絶対に売れるぞ」と。

 

パイサルさんからはその後弊社に「ぜひ、タイでも出店したい」というご連絡をいただきました。実はハチバンとしては何度かお断りをしたのですが諦めずに何度もご連絡いただき、タイへの出店計画がスタートしました。

 

大坪:すごいですね。全く違う業界にいたにもかかわらずそこまで決意されるとは相当の感動があったのだと思います。

 

ちなみにタイの1店舗目は、どういった営業形態なのですか?

 

僕も詳しくはないのですが、普通日本の飲食店が海外に進出しようという場合、フランチャイズではなく直営店舗をオープンという形になるのではないでしょうか。

 

一方でフランチャイズとは親会社が契約者に与える(一定の地域内での)独占販売権という意味ですよね。パイサルさんの場合は8番らーめんの独占販売権を購入されたという理解でよろしいですか?

 

中島:はい。タイナムシン・ハチバン・伊藤忠商事の三社で合弁会社タイハチバンを設立し、株式会社ハチバンとタイハチバンでフランチャイズ契約しています。

 

ですのでタイで展開する8番らーめんの店舗は全てタイハチバンのお店です。

 

大坪:それは意外でした。海外1号店はてっきり直営店舗なのかと思っていました。

家賃を20年分前払い。

現在のタイにおける8番らーめんの様子。大変な盛況ぶりが見てとれる。

あらためて海外出店の歴史を確認させてください。1992年(平成4年)に1号店をバンコクのショッピングモールに出店されています。

 

タイと言えば世界屈指の観光立国です。首都のバンコク以外にもパタヤなど観光客が多く集まる場所も選択肢にあったのではないかと思うのですが、なぜ1号店をバンコクのショッピングモールに出店されたのでしょうか?

 

中島:1号店を出店した場所はバンコクのシーロムという場所です。当時の日本で言うと銀座のような商業の中心地でした。タイでこれから事業していくにあたり、商業の一番盛んなところという理由でシーロムを選びました。

 

ですが出店は難航しました。当時のタイにおいて8番らーめんは全くの無名です。ラーメン自体も無かったわけではありませんが、海外赴任してきた日本人向けのものがほとんどでタイの人たちには一般的ではありませんでした。

 

「名前も知らない企業の得体のしれない食べ物を売る店に、シーロムのような一等地は貸せない」と貸主に言われたのです。

 

ただパイサルさんは「どうしても8番らーめんをやるんだ」と強い思いがあったようです。そこでなんと店舗の家賃を20年分を一括前払いしたんです。

 

 

大坪:え、家賃を20年分前払い? 20カ月ではなくてですか?

 

中島:はい。20年分です。「そこまで言うなら」とようやく交渉が成立し、タイ1号店であるシーロム・コンプレックス店を開店できました。

 

開店当時のタイ1号店(シーロム・コンプレックス店)。内装・器・テーブルに至るまで全て日本からコンテナで運び日本の8番らーめんを再現。当時のタイではキッチンを見せない設計が一般的でオープンキッチンの店舗はほとんどなかったが、1号店はキッチンを見えるようにして掃除を徹底し衛生的なキッチンであるとアピールした。

今でこそタイのあちこちに日本料理・日本食のお店が出店しています。しかし当時はほとんど無く周りの人からの理解も得られにくい状況でした。

 

パイサルさんの行動はそんな中でも、絶対に8番らーめんをタイに広げたいという強い思いの表れだったのかと思います。こうしてシーロム・コンプレックス店から始まり、現在ではタイ国内135店舗にまでに増えました。

タイの店舗数が増えてくると「逆輸入」のような状況が起こり始めています。

村中:ちなみに日本は119店舗(北陸は110店舗)です。タイの店舗数は日本を超えてるんです。

 

これだけタイの店舗数が増えてくると「逆輸入」のような状況も起こり始めています。北陸出身ではない日本の方がタイ旅行の際に来店され、日本に帰ってきて初めて北陸の店だと知っていただくケースが増えていますね。

 

大坪:すごいですね。8番らーめんのファーストコンタクトがタイって富山県民の私からすると衝撃的です。北陸出身の方も来店されたりしますか?

 

中島:はい、いらっしゃいます。「8番の看板を見つけて思わず入店した、日本と変わらずおいしかった」とコメントをいただけることもあってうれしいですね。

 

大坪:今こうしたやり取りがあるのもパイサルさんの存在や覚悟によるものが大きいんですね。

 

(編集長のコメント:名前も知らない・得体の知れない食べ物を出すお店には貸さないという貸主を、20年分の家賃前払いで黙らせる交渉シーンは映画のワンシーンのようですね。次は8番らーめんがタイに出店してからの苦労話に続きます。)

首都のバンコクから約160キロメートル南西にある、タイ湾に面したアジアを代表するビーチリゾート。かつては小さな漁村だったが、1960年代にリゾート整備が進み、世界中から観光客が訪れる場所になった。

この記事を書いた人

Avatar

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。