泊まる楽しみはもっと深い。新・北陸の宿。

旅行や旅と言われれば、海外旅行を筆頭に、遠出が前提として思い浮かぶ人も多いはずです。しかし、現在は新型コロナウイルス感染症の影響で、遠くへの移動が容易ではない時代が続いています。

 

せっかくならば、この機会をチャンスと考え、北陸3県にある近場のすてきな旅先を発掘してみてはどうでしょう?

 

旅の移動には、それ自体で楽しい面もあります。しかし、近場の旅は時間と費用が節約できる分だけ、旅先でぜいたくに連泊を楽しめるなど、異なる魅力もあるはずです。

 

また、今回の連載を担当する〈HOKUROKU〉のプロデューサー・明石博之は、本業で宿やカフェなど魅力的な空間をプロデュースする人物です。

 

彼によれば、いい宿には地域に暮らす人たちの暮らしを良くする力も備わっているといいます。

 

言い換えれば、北陸の人が近場にあるいい宿を心から楽しめば、同時に自分たちの暮らす北陸をもっといい場所に変えられるかもしれないのですね。

 

今回の連載では、年間で70泊、多い年で100泊くらい全国のホテルや宿を泊まり歩いてきた(すごいですよね)明石博之が、北陸の気になる宿を紹介するとともに、宿の選び方・楽しみ方をつれづれなるままに語ります。

 

北陸3県内で小旅行を楽しみたい人はもちろん、宿を経営する、あるいは宿づくりを仕事にする人たちにも役立つ内容です。ぜひ、最後まで読んでみてくださいね。

 

HOKUROKU編集長・坂本正敬

目次