泊まる楽しみはもっと深い。新・北陸の宿。

2021.03.04

vol. 04

宿泊を消費するのではなく、宿に関与する。

〈民家ホテル・金ノ三寸〉(富山県高岡市)のバスルーム。撮影:山本哲朗。

連泊して、すてきな宿だと分かったら、今度は日をあらためて、また同じ宿に訪れてみてはいかがでしょうか。

 

宿泊を「消費する」という感覚だけでなく、「関与する」という新しい感覚が得られるからです。

 

前述の通り、毎週どこかに出張に行っていた東京時代だけでも、全国のいろいろな地域で宿に泊まりました。

 

1年以上通い続ける地域があると、初めて泊まる宿の選択肢は限られてきて、自然になじみの宿が幾つかできます。

 

なじみの宿が出来たおかげで、今度は宿泊を「消費する」という感覚に加え、「関与する」という新しい感覚を学びました。

 

「消費する」「関与する」とは、流行の店に行って、おいしい料理を食べ満足するイメージが「消費する」。

 

「関与する」とは逆に、例えば所属する劇団「宿」のエキストラになった気分で、宿にとって好ましい客を演じる気持ちです。

 

 

何度も泊まっていると、宿の人たちに自分がいい客であると思われたい気持ちもわいてきます。

 

次はもっと賢くスマートな宿の使い方をするぞとか、もっと良い客になるぞとか、新たなチャレンジ精神が生まれてくるのです。

 

泊まる側が試されている感じ、皆さん、理解していただけますでしょうか?

 

1894年(明治27年)創業の老舗〈万平ホテル〉(長野県軽井沢町)に2度目に滞在した時の写真。

そのうちに前回とは違う季節に、違う利用シーンで、違う人たちと、というふうに条件を変えて泊まってみたくなる気持ちが生まれてきます。

 

リピートしたくなる宿とは、きっと関与したくなる気持ちを芽生えさせる、細やかな工夫や仕掛けがある宿だと言えるのではないでしょうか。

 

北陸3県の近場で、関与したくなるくらい好きな宿が見つかれば、人生は想像以上に豊かになるはずです。

魅力的な宿は、誰かの人生を変える可能性を秘めている。

 

先ほど、消費や関与という言葉を使いましたが、そもそも宿とは、単に一度訪れて「消費」して終わりという存在ではありません。

 

大げさに言えば、泊りに来た誰かの人生を変え、地域に暮らす人々に良い影響をもたらす場所が、宿だと思います。宿の主人はまちづくりの主体者でもあります。

 

宿ができてお客さんが来るようになれば、周りの飲食店や土産物屋にもお客さんが来るかもしれません。

 

旅がきっかけとなって、宿の周辺へ移住する人が生まれるかもしれません。

 

例えば、新潟県南魚沼市に拠点を構える株式会社自遊人がプロデュースする宿〈商店街ホテル講・大津百町〉があります。

 

複数の町家をリノベしてオープンした〈商店街ホテル講・大津百町〉(滋賀県大津市)

オープンして間もないころにお邪魔すると、本当に地元商店街の通りに面した宿だったので驚きました。

 

泊まってみると、宿の主人が地域で商売をされている方と協力したり、住民の方に理解を求めたりと、宿と地域との関係が見えてきました。

 

そういった姿勢が、宿のサービスの質にも表れていると思いました。志の高い宿には、いいお客さんも集まります。

 

商店街ホテル講・大津百町の内部。

いいお客さんが集まれば、地域の人たちとのコミュニケーションも増え、地域の人たちも自分のまちの良さを再発見できます。

 

北陸の人が近場にある宿の運営に「関与する」気持ちになって、個性的な宿を応援すれば、結果として自分たちの暮らす北陸の土地に新しい交流が生まれ、まちの感性が引きあがるケースもあるのです。

 

(編集長のコメント:そもそも宿とは単に消費する存在ではなく、まちづくりに貢献する場所なのだというう話。

 

だからこそ北陸の人が、いいお客になって、宿に関与し、地域に好影響を与えれば、結果として自分たちの暮らす北陸全体が良くなっていくという話です。

 

なんだか積極的に、近場のすてきな宿探しに力を入れてくなってきました。

 

さて、次は連載のガイダンス編の最終回。すごく本質的な話題である宿の心地良さについて、話は及びます。)

この記事を書いた人

Avatar

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。