今年もお世話になりました。2021年に最も読まれたHOKUROKUの特集。

2022.01.01

vol. 06

明けましておめでとうございます。

撮影:笠原大貴。

 

明けましておめでとうございます。

 

2022年(令和4年)の元旦にはどのような目標を掲げましたか?

 

〈HOKUROKU〉編集長の私・坂本は「小賢しい書き方をやめる」にしました。

 

村上春樹のエッセーを評した雑誌〈Brutus〉の見事な一節、

 

“情報の羅列とも知的こけおどしとも無縁。だからといって「個人的」というのとも違う。もっと風通しがいい。文章の手練手管の向こうに、パーソナルな印象を超えた風景がありありと見える”(マガジンハウス・Brutus・2021年10月15日号より引用)

 

まさにこの領域に達する文体を今年は目指したいと思います(それにしても見事な言い回しだなあ)。

 

皆さんにはどうでもいい話ですが、ある有名人との出会いをきっかけに20歳のころから私は文章修行を始めました。

 

そのころの自分が最も嫌いだったはずの文章に42歳の自分の文体がどんどん近付いていると昨年末に思い知らされたので。

 

そんな前振りの後にちょっと心苦しいのですが、HOKUROKUが創刊してから昨年末までのおよそ1年半の間に出した全コンテンツの中から、最も読まれた特集をおまけとして最後にランキング化します。

 

ここまでは、2021年(令和3年)内に公開した「新着」の特集だけでランキングをつくっていたので。

 

最も読まれた「真の」特集ランキングは以下のとおりです。

第1位・・・ダスキンの「Gメン」に聞く。古民家リノベのゴキ〇リ対策。(月額会員限定、一部無料)

 

第2位・・・イナガキヤスト × 大木賢。「バズる」写真論。(無料)

 

第3位・・・北陸にあった。東西「お雑煮」の境界線。(無料)

 

第4位・・・国立工芸館の唐澤館長に聞く。北陸の「工芸を巡る旅」のすすめ。(無料)

 

第5位・・・北陸「ローカルCM」ミュージアム。(無料)

第3位・5位以外は全て2020年(令和2年)に公開した特集ばかりです。

 

さらに言えば第6位・7位にも2020年組が控えています。

第6位・・・「HACHIBAN-RAMEN」がラーメンの呼び名になるくらい8番らーめんがタイで成功した話。(月額会員限定、一部無料)

 

第7位・・・「買いたい」古民家。「買ってはいけない」古民家。(月額会員限定、一部無料)

これらの「ベテラン」勢を軽々と追い越す新特集を2022年(令和4年)は次々と出していく予定です。

 

今年もどうぞよろしくお願いします。

 

(副編集長のコメント:ゴキブリ対策の特集が1位のWEBメディアもそうないと思います。珍しい存在の〈HOKUROKU〉を今年もどうぞよろしくお願いします。)

 

文:坂本正敬

編集:大坪史弥・坂本正敬

編集協力:明石博之・武井靖

この記事を書いた人

Avatar

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。