移住者にも地元民にも。自衛隊式「雪かき」の作法。

2021.01.11

第2回

命綱の結び方。

〈flickr〉より。

富山市の中心部に暮らす筆者の部屋から見えるまちの建物には、例外なく屋根の上に1m以上の雪が積もっています。

 

食料の買い出しのために、晴れ間を狙って外出すると、道中の家々の屋根には、こんもりと雪が積もっていて、今にも落ちそうな危険な状況になっています。

 

北陸各県の特別豪雪地帯に指定される山間部では、さらに積雪があるため、屋根の雪下ろしが必要なケースも出てくるはずです。

 

筆者の妻の実家は富山県南砺市にあり、義理の父がいよいよ屋根の上に乗って、家族の見守りの中で雪下ろしを行ったと連絡がありました。

 

内閣府の情報によれば、除雪中の事故としては、やはり屋根からの転落が多いと言います。

 

また、似たような状況として、雪を用水路や融雪槽に投げ入れようとした際に、転落する事故も起きています。

 

融雪槽への転落は、発見されるまでに時間が掛かるため、死に至るケースも多いとされています。

 

屋根からの転落、用水路などへの転落を避けるためには、場合によって命綱で体をどこかにつなぐ必要も出てきます。高所作業員が使うような専用の道具がない場合、命綱はどのように用意すればいいのでしょうか。

ロープがあれば事足りる。

動画投稿サイト〈YouTube〉に自衛隊が投稿した動画〈自衛隊式!正しいロープの結び方③「命綱の結び方」〉によれば、命綱はロープがあれば事足りると言います。

 

「ロープがあれば事足りる」と簡単に書きましたが、現実には筆者の家にロープはありません。あくまでもロープが身近にある人が試せる自衛隊流の技術ですが、以下の動画を見てください。

 

 

ロープを命綱にする手順は、以下の通りです。

  1. 体を確実に固定できる何かを探す
  2. 固定できる何かの側で、ロープをもやい結びをする
  3. ロープの反対側を使い、作業のしやすさを考慮して、緩めに体をもやい結びする

もやい結びとは、船をもやう(船と船をつなぎ合わせる)結び方です。

 

過去にHOKUROKUの取材で、富山県射水市の漁師を取材した時、護岸に漁船がもやい結びをされていたような覚えがあります(実際は違う結び方なのかもしれませんが)。

関連:ヒットメーカーの漁師さんに学ぶ。身近な物から「価値を生む」方法。

係留されている漁船は、水面の揺れとともにきしむような音を響かせていました。しかし、船体は太いロープで確実につなぎとめられていました。それだけ強い力で引っ張っても解けないのですから、命綱の強度としては安心できます。

もやい結びの方法。〈いらすとや〉より。

イラストで理解しにくい人は、同じく自衛隊 LIFEHACK CHANNELに、もやい結びの方法も公開されています。併せて参考にしてください。

 

 

晴れの日の雪下ろし、除雪には注意する。

写真はイメージです。写真:Photo AC。

内閣府によると、屋根の雪下ろし、融雪槽への除雪などの場面では、他にも注意点があると言います。

  • 作業は2人以上で(一方に何かが起きた場合、すぐにもう一方が救助に入れるように)
  • 携帯電話を持つ(何かが起きた際、助けを呼べるように)
  • 作業の開始・終了時、疲労時は特に注意する(集中力、注意力が下がるため)
  • 建物の周りに雪を残して屋根の雪下ろしをする(転落した際のクッションになるように)
  • 低い建物の屋根であっても、ヘルメット・命綱を用意する(油断して集中力、注意力が下がるため)
  • 晴れの日の雪下ろし、除雪には注意する(雪が緩んでいる)

以上の注意点は、北陸に引っ越してきて間もない人はもちろん、そこそこ長く暮らしている人も、面倒くさがらずに見直したいところ。

 

北陸に引っ越してきて10年以上たつ筆者は、雪かき時に携帯電話を持つ大切さを、今年の豪雪になって初めて身をもって知りました。

 

さらに補足として、HOKUROKUの編集協力者の家も、富山の雪深い地域にあります。今回の豪雪では、久々に屋根に上って除雪する父親から、

 

「かわら屋根では全て雪を下ろすと足元がすべるから、数十センチ残して雪を下ろす」

 

と、教えてもらったのだとか。親子で暮らしのノウハウが口伝されていく、雪国らしい光景ですね。

 

北陸に引っ越してきた筆者からすると、屋根の雪下ろしでは、てっきり雪を残さずに全て落とすと思っていました。雪国暮らしで学ぶ点は、本当に多いのですね。

 

(副編集長のコメント:今回の豪雪で、多くの人の暮らしが深刻な影響を受けました。しかし一方では、普段からすると考えられないようなコミュニケーションが、至る所で生まれています。

 

スタックした車を見知らぬ人同士が助け合ったり、荒れた歩道を行く歩行者同士が、ねぎらいの言葉を掛け合ったり。

 

先ほどの雪下ろしの場面で父から子へ伝えられた暮らしのヒントも、HOKUROKUの編集協力者は雪国育ちながら、今回の豪雪で初めて知ったのだとか。

 

本当に大変な目に遭っている、例えば身近な人が死亡したりけがをしたりした人からすると怒られてしまいそうな発言ですが、豪雪にもプラスの側面がある、そんな気持ちになりました。

 

さて、次は自衛隊式・自動車に積もった雪の取り除き方をまとめます。)

この記事を書いた人

Avatar

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。