「8番」の本店で聞いた。<野菜トマトらーめん>の通な食べ方講座。

2020.09.16

No. 03

サワークリームを入れたのは英断だと思いました。

 

大坪:さて、だいたい半分くらいまで食べました。そろそろ、トッピングのチーズとサワークリームで味を変えていきたいと思います。

 

<トッピングサワークリーム>(左)と<トッピングチーズ>(右)はそれぞれ別途1皿100円(税込110円)。

大坪:実は私、昨日この段階で失敗したんです。というのも、サワークリームを先に入れてしまいました。

 

チーズよりもサワークリームの味の変化が大きくて、チーズを入れた時の感動が薄れてしまいました。今日はぜひ、<野菜トマトらーめん>の可能性を最大限に引き出す作法を聞きたいです。

 

村中:先にチーズを入れる食べ方がお勧めです。でも、全部は入れないでください。後のリゾットで使うので、大体3分の1くらいは残しておいてください。

 

大坪:承知しました。残しておかなきゃいけなかったのか。

 

 

村中:そうなんです。ラーメン単品で食べるなら全部を入れてもいいのですが。残りのチーズはリゾット用のごはんにチーズをかけておきましょうか。ライスの熱でチーズが溶けやすくなります。

 

大坪:承知しました。

 

<リゾットライス>は別途60円(税込66円)。

村中:チーズを入れたら、溶けるまで少し待ってください。溶けてきたら、麺(めん)と絡めてどうぞ。

 

 

 

大坪:あ、これは、背徳的なうまさですね。チーズとトマトと小麦ですもん。合わないわけがない。思わず笑っちゃいますね。

 

個人的な意見として、トマト味の食べ物は後半ちょっと飽きてしまうのが難点の気がしていて。チーズのまろやかさで変化が出るとまた食が進みますね。

 

村中:そうなんです。チーズを楽しんだ後は、お好みのタイミングでサワークリームを入れて召し上がってください。

 

大坪:はい。入れちゃいます。

 

 

大坪:よく混ぜときましょうか。画的にはちょっと奇麗ではないかもしれませんが、おいしさを優先します。

 

 

大坪:ではいただきます。

 

 

 

大坪:これすごいな。脳天にきますね。サワークリームのコクがスープに加わって、今までとは全然違う「うま味」に変わりました。違うメニューを食べているみたいです。

 

トマトとはまた違った酸味も加わりますね。チーズで一旦まろやかになったスープに、またパンチが加わりました。

 

乳製品ならではのもったりとしたコクがあるのに、後味はさわやかで、どんどん、はしを進めたくなります。

 

トマトにチーズにサワークリームと、正直味が渋滞するんじゃないかと思ったんですが、予想を裏切る味です。すごく合いますね。

 

村中:はい、個人的にもサワークリームは大ヒットでしたね。

 

大坪:このサワークリームは今年からトッピング(1皿100円(税込110円)で追加注文ができる)に加わったんですよね? なかなか大胆な提案だなと思ったのですが。

 

村中:そうなんです。最近の「8番」の味をけん引する安川(やすかわ)という開発メンバーが居まして、サワークリームは安川の提案です。

 

彼女は2019年(平成31年/令和元年)から期間限定で販売している<野菜麻辣(マーラー)らーめん>の開発も担当していました。8番らーめんにしては結構辛くて、とんがった味なんですよ。

 

野菜麻辣らーめんを発売した時には「8番らーめんが攻めてきた」とSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)で言われるくらいでした。でも非常に好評なメニューでした。

 

今までの8番の基本を守りながらも、一味違うメニューを考案する。経験や努力に自由な発想を持ち込める、素晴らしい人材だと思います。

 

今回もトッピングを追加するにあたり、かなり悩んだようですが、サワークリームを見つけた時は「降りてきた」と言っていました。

 

大坪:それは、すごくクリエイティブな方に特有の言動ですね。あ、厨房(ちゅうぼう)の奥から店長の加藤さんもいらっしゃいました。話に参加してもらいましょう。

 

本店店長の加藤裕也さん。

加藤:野菜トマトらーめんはお客様から好評で、たくさんの注文をいただきます。現場から見ていると、サワークリームを入れたのは英断だと思いましたね。

 

以前からチーズのトッピングはありました。これも好評ではあるのですが、トマトにチーズが合うのは正直、想定の範囲内ではあります。

 

しかし、サワークリームの入ったおいしさには感動しました。まかないでも野菜トマトらーめんばかり食べていますね。安川さんすごいですよ。

 

その日、加藤さんは本当にまかないで野菜トマトらーめんをつくっていた。

大坪:社内からもこれだけ評判があるのはすごいですね。安川さんには別の機会でも取材してみたいです。ちょっと企画考えてみます。

 

(編集部コメント:いよいよ次は総仕上げ。通なリゾットの食べ方へと続きます。)

この記事を書いた人

大坪 史弥

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。