今年もお世話になりました。2020年に最も読まれた<HOKUROKU>の特集。

2020.12.31

vol. 04

「恋」が「愛」に変わりました。

撮影:山本哲朗。

いよいよ、第1位の発表です。2020年(令和2年)5月31日に創刊以来、最も読まれた特集は「漫画家ちさこ先生と考える。<8番らーめん>の愛し方・愛され方。」でした。

 

かねて、北陸の人たちが誰でも知っている企業の特集を組みたいと、HOKUROKU編集長である私(坂本と申します)は考えていました。

 

例えば、マガジンハウス(東京都)の雑誌<カーサ ブルータス>で、<無印良品>を一冊丸ごと取り上げて深掘りした特別号が出版されるように、<HOKUROKU>でも北陸で愛される企業をとことん掘り下げて、紹介するコンテンツをつくりたいと思っていたわけです。

 

その中で、筆頭候補として想定していた企業が、<8番らーめん>を展開する株式会社ハチバンでした。ラーメンという国民食を扱っている点も、企画にぴったりでした。

 

早速打診してみると、担当者からは前向きなリアクションが返ってきます。

 

その時点で、HOKUROKUは創刊から間もないウェブメディア。実績も実体も実働も実現力も疑わしい団体からのオファーを、嫌な顔ひとつせず受け入れてくれたわけです。

 

その瞬間、「ああ、なんていい会社なんだ」と、ハチバンに「恋」をしました。

 

さらに事前の打ち合わせの中で、あるいは取材の現場で、関係者たちのナイスな人柄に触れると、「恋」が「愛」に変わります。

 

その育まれた「愛」の力で、当初は1本の特集を組むだけだった話が、4本の特集を2週に渡って公開するという形に発展しました。

 

漫画家ちさこ先生と考える。<8番らーめん>の愛し方・愛され方。」は、その愛に基づいて公開した4本の特集の1つです。

 

8番らーめんのファン代表として登場してくれた漫画家のちさこ先生も、文面だけで8番らーめんへ愛の深さがうかがえるすてきな方で(インタビューは副編集長が担当したので直接話していない)、8番らーめんを食べて育つと、人格まで優れて形成されるのかと思うほどでした。

皆が大好きなあの会社。

この北陸で皆に愛される企業の深掘り特集は、2021年(令和3年)以降も続きます。次に登場してもらいたい企業は、頭の中にあります。

 

企業名は出せませんが、皆が大好きなあの会社。北陸に引っ越してきた私(坂本)も、すぐに大ファンになって、以来何度も足を運んでいます。

 

どこの会社でしょうか。特集の公開を楽しみに待っていてくださいね。

 

(編集部コメント:ちなみに8番らーめんは、取材後も公式TwitterでHOKUROKUのSNSに反応してくれています。

 

おおらかで、懐が深く、ユーモアもあって、すてきな会社ですよね。本当に。海外で成功する理由も分かります。

 

次は最後です。明日は元日。元旦から第5回が公開され、HOKUROKUで公開予定の特集を紹介します。忙しい1日の合間に、ぜひチェックしてみてくださいね。)

この記事を書いた人

Avatar

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。