すみません。HOKUROKU、Wikipediaデビューしちゃいました。

2020.08.26

vol. 03

あなたの参加を歓迎します。

VenngageをつかってHOKUROKU編集部が作成。

まず、Wikipediaで新しく項目を追加するためには、何から始めればいいのか。分からなければ、Wikipediaで調べてみよう。

 

Wikipedia内で検索をしてみると、案の定、「記事を執筆する」という記事が見付かった。

 

いろいろ書いてあるが、大まかな流れは以下の通りだ。

  1. アカウントを作成し、ログインする(しなくてもOK)
  2. 新規の項目を書く、もしくは既存のページを修正(編集)する
  3. 投稿をする(反映させる)

できればアカウントを作成し、ログインした方がいいという。しかし、しなくても大丈夫とはどういう意味なのだろうか。

 

本文を引用すると、

“アカウントがない場合は利用者専用のページを持つことができず、ウィキペディアの外観を選択したりする個人設定や、特定の記事の更新を通知してくれる「ウォッチリスト」などの機能が使えなかったり、コミュニティでの検討事案やコンテストにおける投票などはできません。”(Wikipediaより引用)

とある。この説明だけでは、初心者の私には理解ができない。

 

しかし、これだけ多くの人が編集に参加するウェブサイトだ。難しい操作が待っているとも考えられない。「習うより慣れよ」の精神で、実際に始めてしまった方が早い気もする。

Neutral Point of View(中立的な観点).

記事の書き方についても、Wikipediaにはルールがある。例えば、中立的な観点(Neutral Point of View)が代表的だ。

  • 自分についての記事
  • 自社の宣伝や独自研究の発表
  • 書くに値しない題材

は、Wikipediaにはふさわしくないと、日本語版Wikipediaの「記事を執筆する」に書かれている。この点は、Wikipediaを扱うさまざまな書籍にも書かれていた。

 

しかし、HOKUROKUの項目は、どうしても宣伝的なにおいが消しきれないはずだ。ちょっと不安になってくる。

 

また、書くに値するかどうかも、最初から疑問である。Wikipediaに掲載する記事は「特筆性」が必要なのだという。

“ウィキペディアに記事を作成する場合、取り扱う対象には、百科事典の記事として言及するにふさわしい価値が必要です。ウィキペディアでは、この価値を特筆性(notability)と表現します。” (Wikipedia:独立記事作成の目安より引用)

まあ、それでも幸い、第3者的なメディアが創刊時にHOKUROKUを取材をしてくれた。その意味で特筆性はゼロではないだろう。

 

さらに、特筆性が本当になければ、コミュニティの判断で削除される運命にもなっているらしい。

 

削除されたら、その判断を受け入れればいい。Wikipediaの根本的な原則に「大胆になれ」もある。ここまできたら、覚悟は決まっている。

完璧でなくてもよい。

次は、記事の構成の問題も考えてみた。思えば、百科事典は何かの項目を説明する際に、何を書いているのだろうか。

 

その疑問には、日本語版のWikipediaにある「完璧な記事」が答えてくれている。まとめると、

  1. 主題の定義と明確な説明(概要から、徐々に核心へ迫っていく)
  2. 文章全体のボリュームはできる限り長く(長い=書くに値する情報がある)。しかし、一文一文については、短く簡潔に
  3. 明確に、中立な立場から分かりやすく、十分な説明を丁寧に与える

という感じだろうか。ただ、こうして調べ続けるうちに、自分が頭でっかちになりかけていると気が付いた。「そのうちに疲れて書きたくなくなるかも」とも感じ始める。

 

日本語版Wikipediaの「編集方針」という記事には、

“完璧でなくてもよいのです。編集を楽しんでください。”(Wikipediaより引用)

とも書かれている。基本的なルールを守った上であれば、ちょっとした「書き損じ」があっても、「先輩」編集者たちが上手に導いてくれるはずだ。やはり「習うより慣れよ」である。

 

「新しい項目をつくるボタンはどれだ?」と、ページ全体に目を走らせてみる。先ほど確認した情報によれば、アカウントを作成し、ログインをした方がいいと説明があった。

 

 

ホームページ上の右上には、「アカウント作成」という表記が見られる。まずは、アカウントを作成する作業に移ってみたい。

 

 

アカウント作成のページをクリックすると、上のような画面が出てくる。入力項目は、

  • 利用者名
  • パスワード
  • メールアドレス(任意)

という3点だけ。

 

全ての情報を入れ、自動作成防止チェックを行ってからアカウントを作成すると、「編集方針」のページが出てくる。「完璧でなくていい、編集を楽しんで」というメッセージがあらためて目に留まった。

 

これで、準備は整ったのだろうか。ページ全体に目を通してみると、ページの上部に何か私あてのメッセージが届いている。

 

 

クリックしてみると、

“Wikipediaへようこそ!あなたの参加を歓迎します”(Wikipediaより引用)

という歓迎のメッセージが届いていた。

 

多くの個人が力を合わせて地球と人類の事象を全て言語化する取り組みがWikipediaである。個人の参加をWikipediaが本気で歓迎している姿勢が、伝わってきた。

 

(編集部コメント:次は第4回。いよいよHOKUROKUの記事を作成してみます。)

この記事を書いた人

坂本 正敬

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。