すみません。HOKUROKU、Wikipediaデビューしちゃいました。

2020.08.25

vol. 02

Wikipediaってなんだ?

 

Wikipediaに項目を増やす前に、そもそもWikipediaとは何なのか、整理しなければいけない。

 

ライターであり翻訳家であり編集者である私がWikipediaと聞くと、「文章を書く際の参考文献にはできない」と反射的に考える。

 

Wikipediaは従来の百科事典と違って、責任編集制、もしくは責任執筆制を採用していない。要するに、その道の「権威的な」学者や専門家が実名を出して、責任をもって書いていない。

 

何かの記述に情報源が示されていないケースもあり、情報源そのものが裏付けを欠いた場合もある。

 

以上の理由から、それなりの媒体に記事やコラムを書く際の情報源として、Wikipediaは業界的に認められていないのだ。

 

だからといって、従来の紙の百科事典に間違いが含まれていないのかといえば、そうではないらしい。

 

英『ネイチャー』誌に掲載された2005年(平成17)年の記事「Internet encyclopaedias go head to head」には、興味深い指摘が掲載されている。

 

科学分野の42項目について、英『エンサクロペディア・ブリタニカ(ブリタニカ百科事典)』とWikipediaを調べてみたら、間違いの数はそれぞれ123対162だったという。要するに、正確性にはそれほど差がないと分かった。

 

この結果には、ブリタニカの側から猛烈な反発があった。しかし、従来の百科事典の良さも、民主主義的なWikipediaの良さも、等距離で考えられる世代の私からすれば、「Wikipediaもすごいんだなあ」という心持ちである。

Wikipediaは世界で有数のインターネットサイト。

Wikipediaのホーム画面を画像キャプチャーし、挿入。

Wikipediaの歴史は、手元にあるAndrew Lih著『The Wikipedia Revolution』に詳しい。その本によれば、Wikipediaは2001年(平成13年)の1月にスタートした。

 

Wikipedia本体にも、その歴史を教えてもらおう。日本語版Wikipediaで「ウィキペディアの歴史」と検索してみると、さまざまな情報が出ていた。

 

同年1月にスタートしたWikipediaは、3月にはドイツ語版が生まれ、その後も多言語展開していく。

 

掲載される項目数も右肩上がりで増えていき、2003年(平成15年)には英語版で10万本の記事、ドイツ語版で1万記事を突破する。

 

2004年(平成16年)には、100の言語版に掲載された記事を合計すると、総数が100万本以上に達した。

 

さらに2006年(平成18年)には英語版だけで記事数が100万本を超える。

 

創刊から10周年にあたる2011年(平成23年)には、英語版だけで380万本以上の記事が書かれるまでになった。

 

英語版、ドイツ語版、フランス語版に次いで、オランダ語版のWikipediaも記事数が100万本以上を突破した。

 

Wikipedia:日本語版の統計より編集部で作成(2020.05現在)

Wikipediaの本体(英語版)が発足した2001年(平成13年)と同年の5月に、すでに日本に関する記事は誕生していたらしい。

 

しかし、ボランティアである書き手(編集者)も少なく、ローマ字表記にしか対応していない当時のWikipediaでは英語で記事を執筆する必要があり、発展は限られていた。2002年(平成14年)の日本語での表記対応が、日本版Wikipediaの本当のスタートである。

 

2019年(令和元年)10月の時点で、日本語版は世界で13番目の記事数を誇る規模となり、2020年(令和2年)4月13日の時点で、掲載される項目の数は120万に達した。

東西の横綱の一角。

言うまでもなくWikipediaの項目数は、紙幅に限りのある紙の百科事典をはるかにしのぐ。

 

信ぴょう性の低さ、異なる人同士のエンドレスな編集合戦、項目の偏りなどマイナス面を指摘する声はあるが、日本においては紙の百科事典の役割を、Wikipediaがほぼ引き取った印象がある。

 

日本の紙の百科事典と言えば、平凡社(東京都)が2007年(平成19年)に『世界大百科事典』の大規模改訂版を出版したくらいだ。

 

さらに児童向けの百科事典であれば、2011年(平成23年)にポプラ社(東京都)が『ポプラディア』を出している。しかし、それ以来、日本の紙の百科事典は動きが止まっている。

 

その点、Wikipediaは今もまさに、ボランティアの編集者たちによって現在進行形で情報が更新され、新しい項目が更新され続けている。

 

言い換えれば、百科事典の世界では、絶対的な王者とまでは言えないものの、少なくとも東西の横綱の一角を占めるくらいにWikipediaは大きくなっているのだ。

 

まさにそのオンライン百科事典の項目に、今回は「HOKUROKU」を加えてみたい。

 

(編集部コメント:次は第3回。いよいよWikipediaに項目を書き足す話。)

この記事を書いた人

坂本 正敬

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。