なにしろ同調圧力が強いもので。北陸に大事な「考える技術」(プログラミング的思考編)

2021.05.04

vol. 02

意図した通りに動かす論理的思考力。

 

引き続き〈HOKUROKU〉のウェブディレクター、武井です。

 

今回の取材は考える技術の1つ、プログラミング的思考とは何かを理解する入り口として、富山県射水市にある中太閤山小学校で、プログラミング教育に尽力している先生たちに話を聞かせてもらいました。

 

中太閤山小学校。

当日は、編集長の坂本と2人で出掛けました。敷地内に自動車を停め、正面玄関に回り、呼び出しボタンを押すと、職員室につながります。

 

大人になっても「職員室」と聞くと、ちょっと緊張しますよね。

 

施錠を解いてもらい、玄関に入ると、筆者と編集長のために、2組のスリッパが並んでいます。学校特有のリノリウムの床が懐かしく感じられました。

 

構内の様子。

2階に上がり、職員室に顔を出すと、対応してくれた先生が、隣接した校長室に通してくれました。

 

「校長室」という厳粛な響きに、あらためて少年時代の記憶がよみがえり、緊張感が余計に高まります。

 

内心、ドキドキで入室すると、中太閤山小学校の山口健治校長先生(現・高岡市立戸出中学校校長)と、小学校を紹介してくれた射水市教育センターの小竹信成所長が笑顔で迎え入れてくれました。

 

「校長先生」という格式高いイメージに反して、山口校長はとても物腰が柔らかな方。スーツにスニーカーという姿が、親しみ深かったです。

 

また、来校の労をねぎらって、学校側はお茶まで出してくれました。その際に、ちょっとだけ山口先生と小竹所長に、話を聞くチャンスがありました。

 

校長室。

会話の中で、早々に筆者の思い込みが覆されました。

 

筆者自身も聞くまで間違って認識していたのですが、小竹所長いわく、「プログラミング教育はプログラミングを学ぶカリキュラムではない」と言うのです。

 

小竹信成所長。

プログラミング教育と聞くと、さもプログラミング言語を学ぶ、仕事として将来、プログラムの扱いに困らない人材を育てるような教育が行われていると思いました。

 

しかし、文部科学省が新学習指導要領にも書いている通り、「児童がプログラミングを体験しながら、コンピュータに意図した処理を行わせるために必要な論理的思考力を身に付けるための学習活動」が本当の狙いなのだとか。

 

言い換えれば、プログラミングそのものを教えるのではなく、プログラミング的思考(論理的思考力)を、プログラミングを通じて教えているのですね。

 

さらに言えば、プログラミングという授業が、国語、算数、理科、社会などの教科に並行して、時間割に組み込まれるという話でもないといいます。

 

あくまでも既存の理科とか算数、社会の授業の中に、プログラミング的思考を取り入れた課題を組み込んでいるみたいです。

 

山口健治校長。

山口校長によれば、教科によって組み込みやすい教科が当然あるそうで、今は実施が始まったばかり。どの学校も模索中なのだとか。

 

現状で富山県射水市では、5年生の算数や6年生の理科の授業に〈スクラッチ〉(5年生)や〈StuduinoLite〉(6年生)といったツールを使って、プログラミング教育を取り入れているそう。

 

スクラッチやStuduinoLiteについては、また何度か出てきますので、文末の脚注をチェックしたり、インターネットで調べてみたりしてください。

 

ほどなく山口校長は、現場でプログラミング教育を行う松本先生ら3人を紹介してくれました。

 

松本先生ら。詳細は後述。

先生たちはどのように、子どもたちにプログラミング教育をしているのか、別室で聞かせてもらいました。

プログラミングに偏ると考える力は養われるが、算数や理科には上手く組み込めない。

取材が行われた部屋。

武井:あらためまして、本日はお時間をいただき、ありがとうございます。

 

プログラミング教育について、現場目線で話を聞かせてください。

 

まずは話の前に、先生方の自己紹介お願いできますか。

 

写真右が松本薫先生。

松本:射水市で理科専科教員をしている松本薫と申します。教師は普通、自分の名刺を持たないのですが、私だけは本日、お持ちしました。

 

(一同、名刺を交換する。)

 

武井:理科専科教員とは、どういった立場なのでしょうか。普通の何でも教える小学校の先生と違って、小学校で理科だけを教える先生という意味でしょうか?

 

松本:おっしゃる通りです。週の一部が中太閤山小学校で、他の日は別の小学校に行き、4年生以上の理科の授業を受け持っています。

 

 

また、通常の授業に加えて、理科専科教員としてはICT(情報通信技術)やプログラミング教育の普及活動もしています。

 

武井:まさに今回のテーマである、学校のプログラミング教育の専門家なわけですね。

 

松本先生は、前年度から射水市のプログラミング教育において先駆的な取り組みをされていると、山口校長や教育センターの小竹所長に聞きました。

 

松本:はい。最初は熱心に取り組みすぎて、現場の先生たちの一部から「対応しきれない」といった声も正直ありました。

 

ただ、最近は徐々に状況も変わってきて、奥田先生、橋本先生のような若い先生が、射水市でプログラミング教育に取り組んでくれています。

 

武井:では、そんな現場を担当されている奥田先生と橋本先生にも、自己紹介をお願いしてもいいでしょうか。

 

奥田貴一先生。

奥田:5年2組の担任で、奥田貴一と申します。本年度に算数の授業に組み込む形で、プログラミング教育を担当しました。

 

本日はよろしくお願いします。

 

武井:よろしくお願いします。すごく素朴な疑問なのですが、小学校の先生は、全教科をまんべんなく教える立場だと思います。

 

しかし、算数に組み込むプログラミング教育というと、いくら小学生レベルとは言え、苦手意識がある先生にはちょっと、とっつきにくいのではないかと思います。

 

やはり奥田先生は理科系出身というか、理系の分野が得意だから、この教科を担当したのですか?

 

奥田:いえ、私は社会科が専門です。

 

武井:ええ、そうなのですか?

 

奥田:はい。プログラミング的思考を取り入れた実践授業は、本年度が初めてでした。

 

それでも、松本先生にご指導をいただいて、取り組んできたという状況です。

 

武井:橋本先生はいかがでしょうか?

 

橋本誠先生。撮影のためにマスクを外してもらっています。

橋本:6年1組の担任で、本年度は6年生の理科の授業に組み込む形で、プログラミング教育の実践授業を担当した、橋本誠と言います。

 

本日はよろしくお願い致します。

 

武井:橋本先生もお若い印象がありますが、やはり本年度の実践授業が、初めての経験だったのでしょうか?

 

橋本:はい。初めての経験でした。ただ、子どもたちが友達と一緒に考えて、試行錯誤しながら自分なりの答えを出していく機会は、なかなか他の授業では限られてくると思います。

 

そういった点でも、プログラミングの授業はいい機会ですし、大切だと思うきっかけになりました。

 

武井:私自身、ウェブのフロントエンドエンジニアとして、20年近く業界にいます。

 

職業柄、筋道を立てて考える力や、解決に至る条件の提示、失敗に対する対応力は、どれだけ間違えたか、まさに先生のおっしゃるトライアル・アンド・エラー(試行錯誤)の数で養われると思っています。

 

その意味で、小学校ではすごく画期的な取り組みが始まったのかなと言う印象があります。

 

インタビュアーの武井靖。

例えば、子どもたちに限らず、大人も含めて、日本人は失敗をすごく恐れるじゃないですか。少なくともプログラミングの世界においては、ゴールにたどり着く過程で、失敗は前提として存在します。

 

そのプログラミングを、考える練習のツールとして使えば、失敗が当然のように繰り返されるので、失敗を恐れる子どもが減っていくような気がするのですが、具体的にはどのような授業が行われるのでしょうか。

 

奥田:では、5年生の授業からお答えします。5年生の算数では、単元名「正多角形と円周の長さ」で、プログラミング教育を取り入れました。

 

事前に正多角形の特徴を理解してから実施しました。作図するプログラミングツールは、スクラッチを使います。

 

武井:多角形とは全ての辺の長さが等しく,角の大きさも全て等しい図形で、スクラッチは8〜16才向けの無料の教育プログラミング言語ですよね。

 

 

奥田:はい、その通りです。スクラッチの中では、「線の長さ」と「内角の角度」を入力すると、簡単に多角形がつくれます。

 

内角とは、隣り合っている2辺が、多角形の内部につくる角ですね。

 

作図するためのプログラムはあらかじめ用意していますが、手順を増やしたり、「繰り返し」を使って、正多角形の特徴を整理できるようにします。

 

武井:「繰り返し」はプログラミングの基本中の基本ですね、まさにこれがないと始まらない的な構文の1つです。

 

坂本:横からすいません。編集長の坂本です。どうしてプログラミングの基本に「繰り返し」があるのでしょうか。

 

武井:何の作業をするにしても、同じ作業は何度も出てきます。

 

例えば、手紙に宛名を書く作業では、ハガキを取って、表にして、宛名を書いて、置く。また新たなハガキを手に取り、表にして、宛名を書いて、置く。

 

プログラムでもこのような繰り返しは、かなりの頻繁で使われます。

スクラッチの「繰り返し」で図形を作成する様子。

プログラミングの仕事をする上で、どのプロジェクトでも繰り返しの作業は必ず出てきます。

 

奥田先生。

奥田:まず、テーマを「内角」にした点は、小学生の思考に近いので良かったと思います。なぜなら「外角」は本来小学生の学習範囲外だからです。

 

武井:確かに算数で外角が出てくると、プログラミング教育の授業と算数の授業のバランスが悪くなりますよね。

 

坂本:どうして外角だと、プログラミング教育の授業と、算数の授業のバランスが悪いのでしょう?

 

武井:三角形の外角の和は、合計すると360°になるという公式があります。

 

逆に内角の和は、合計すると、どんな三角形でも180°になるという公式もあります。

 

前者の公式は中学校の数学で習い、後者の公式は小学校の算数で習います。

 

外角の話をプログラミングの授業でやってしまうと、まだ教えていない、教える予定のない話が授業に出てくるので、もはや算数の授業ではなく、プログラミング教育の時間になってしまうわけです。

 

坂本:武井さん、なんだか先生みたいですね。

 

確かに先ほど、山口校長先生や小竹所長も、小学校ではプログラミング教育の時間が国語や算数、社会のように用意されているのではなく、プログラミング教育を既存の教科に取り入れて教えると言っていました。

 

その考えでいくと、小学校の算数で教えない内容を使ってプログラミング的思考を教えると、もはや算数の授業をかけ離れてしまうという意味ですね。

 

奥田:はい。ただ、外部の大学の先生には、図形は「外角」でできているので、当然プログラムの理想としては「外角」で計算するのがベストだとの意見がありました。

 

武井:その状況で、内容を「外角」から「内角」に変更するとは、思い切った決断だったのではないでしょうか?

 

松本先生。撮影のためにマスクを外してもらっています。

松本:こちらは、私から補足させてもらいます。小学校5年の授業で、プログラミング教育のために中学校の内容を一時的に教えるとなれば、やはりプログラミング教育に偏ってしまうわけです。

 

プログラミングに偏ってしまうと、考える力は養われるかもしれませんが、算数がおろそかになります。

 

あくまでも算数や理科に組み込むという発想が大事になってきます。

 

漠然とやってみるだけでは、子どもたちの理解が深まりませんが、富山県には、すでにきっちりとした学習の課題があり、まとめもしっかりしています。

 

その流れにプログラミング授業を組み込めば、ばらつきなく、ある一定以上の能力、言い換えればプログラミング的思考が身に付くのではと思って、実施しています。

 

プログラミング教育の目的と効果は維持しつつ、通常の授業に組み込みやすい内容に変更する、なかなか上手くいかないのですが、バランスを考えました。

 

武井:容易ではない課題ですね。「プログラミング」としての教育なのか、「的思考」としての教育なのかで、狙いも内容も変わってきそうですね。

 

確かにプログラミング的思考も、物事を論理的・構造的に考える技術の1つと言えば、1つです。今まで練りに練ってきた富山県の学習の流れを、プログラミングのために崩しては本末転倒のような気もします。

 

(編集長のコメント:プログラミング的思考の大事さを上手に学校に取り入れようと、現場の小学校の先生たちはそれぞれの立場から情熱を注いで取り組んでいるみたいですね。

 

そんなプログラミング的思考を、肝心の子どもたちはどう感じているのでしょうか。引き続き、インタビューをどうぞ。)

この記事を書いた人

Avatar

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。