なにしろ同調圧力が強いもので。北陸に大事な「考える技術」(プログラミング的思考編)

2021.05.03

vol. 01

リカバリー力は、失敗の数で養われる。

インタビューアーの武井靖。

ちょっと長い前書き。

この特集を担当する〈HOKUROKU〉のウェブディレクター、武井靖です。

 

普段は文章など書かないのですが、プログラマーという立場から、今回の「考える技術」について取材・執筆を担当しました。

 

2021年(令和3年)は、中学校でプログラミング教育(プログラミング的思考の教育)が全面実施となる年です。

 

なぜ、今プログラミング教育が必要なのでしょう。その背景には、世の中の急速な変化が挙げられるはずです。

 

これからは多くの仕事に変化が生まれ、終身雇用が業種によっては難しくなります。昔に比べて働き方、生き方に多様性が、北陸のような地方でも出てくると予想されます。

 

そんな社会においては、生きていくために自分で選択し、考える力が今以上に必要になってくると言われています。この考える技術の1つに、プログラミング的思考が挙げられるわけです。

 

北陸の風景。写真:山本哲朗。

プログラマーとして地方で活動する筆者としても、プログラミング的思考は北陸の人たちにこそ、大事になってくると思います。

 

その理由は、都市部から地域おこし協力隊への参加をきっかけに引っ越してきた私の一意見ですが、北陸のような地方は、共同体の同調圧力が強い気がするからです。

 

この圧力こそが伝統や歴史を守る面もあるはずですが、一方でその圧力は時に、「常識」とは違う行動をしようとする挑戦者を、歓迎しない方向に働くはずです。

 

変化の時代においては、空気を読まずに自分の頭で考え、確信を持って行動し、何かを変えていける人の方が重宝されるはずなのに、共同体の圧力が強い地域の場合、真逆の人の方が評価を受けるため、その手の人が育ちにくい面もあるように見えます。

 

だからこそ、北陸に暮らす大人にも大事なはずの「考える技術」。その1つのプログラミング的思考を、この特集では取り上げたいと思います。

プログラミング的思考ってなんだ?

そもそもプログラミングとは、言い換えればプログラマーがプログラミング言語を使って何かを完成させる一連の作業では、何をしているのでしょうか。

 

話をすごく単純化すると、次のような流れになるはずです。

  1. 調べる
  2. 目標を定める
  3. 必要な材料や道具をそろえる
  4. 誰がどうなってほしいかを考える
  5. 目標に到達するための手順を考える
  6. 実際にやってみる
  7. 経過を確認し、検証と修正をする
  8. 目標に到達する(完成する)
  9. さらなる効率化を目指す

例えば、野菜の栽培を考えてみましょう。新しい趣味として野菜を育てるとしたら、まずは何を考えますか?

 

最初にどんな野菜なら育てやすいのか、調べると思います(1.調べる)。その上で、育てやすい野菜を考えると思います。

1.調べる・・・どんな野菜なら育てやすいか

仮に小松菜の収穫をゴール(2.目標を定める)に選んだとすれば、今度はゴールを達成するための再調査と、道具の用意が始まります。

2.目標を定める・・・小松菜を収穫する

あらためて調べてみると、小松菜はプランターでも栽培できると知りました。金沢市や福井市、富山市の中心部に暮らす人の場合、マンション暮らしも多いはずです。

 

最初はレンタル農園も考えていましたが、小松菜の収穫というゴールを実現する上で、ベランダでプランター栽培を決断します。

 

ベランダでプランター栽培をすると決まれば、今度はプランター栽培に必要な情報の収集に加えて、種、プランター、土、肥料などをホームセンターで買いそろえる必要も出てきます(3.必要な材料や道具をそろえる)。

3.必要な材料や道具をそろえる・・・種、プランター、土、肥料を買う

同時に、あらためて誰のために、どのような小松菜をつくるのか、整理する必要もあります(4.誰がどうなってほしいかを考える)。

 

野菜不足の自分で食べる分だけ栽培できればよく、安全性を重視したいので、可能な限り農薬や化学肥料を使わないで、小松菜をつくろうと考えました。

4.誰がどうなってほしいかを考える・・・自分自身に、安全な小松菜を食べさせたい

ここまで来れば、育てる手順も考えられます(5.ゴールに到着する手順を考える)。

 

小松菜は朝晩に水やりが必要だと事前の調査で分かっています。朝晩に「スマホ」でアラームが鳴るようセットして、水やりを忘れない工夫をしました。

 

さらに3、4日で発芽した際には、育ちの悪い芽を間引く必要もあるので、事前に「発芽時に育ちの悪い芽があるか→Yes(間引く)、No(様子を見る)」といった作業の流れを図(フローチャート)にしておき、その通りに動きます(6.実際にやってみる)。

5.ゴールに到着する手順を考える・・・毎日の水やりを忘れないようにアラームセットする、発芽後の間引きの段取りをしておく

 

6.実際にやってみる・・・毎日水やりする、育ちの悪い芽があれば間引く

2週間が経った時点で、状況を確認します。想定と違って育ち具合が十分ではなければ、肥料の追加をします(7.経過を確認し、検証と修正をする)。

7.経過を確認し、検証と修正をする・・・肥料を追加する

1カ月が経ち、無事に収穫できました(8.目標に到達する)。

8.目標に到達する・・・小松菜を収穫する

味はおいしいです。しかし、思った以上に虫に食われてしまったので、翌年の栽培では改善点として防虫ネットを掛けようと考えます(9.さらなる効率化を目指す)。

9.さらなる効率化を目指す・・・次の年は防虫ネットを掛ける

以上のように、順序立てて論理的・構造的に組み上げていく考え方が、プログラミング的思考です。

 

フローチャートの図。

5では、上に掲載したようなフローチャートと言われる手順の道筋を図解した表を作成します。

 

見た目も特徴的なので、この表づくりの技術が、プログラミング的思考と勘違いしている人も居るかもしれません。

 

しかし、フローチャートづくりは、プログラミングの業務のほんの一部です。

 

小松菜を育て、翌年以降の栽培・収穫を迎えるまでの一連のまとまった思考プロセス全体を、プログラミング思考と呼ぶのです。

 

ただし、現実に野菜を栽培するとなれば、結果が出るまでに時間を要します。

 

教訓を生かし、トライとエラーを続けていけば、誰でも一人前の家庭菜園家になれるわけですが、時間が掛かりすぎます。

 

しかし、プログラミングの世界では、この学びのプロセスをスピーディーに体験できます。

 

しかも、間違っても痛くもなければ、血も流れません。小松菜を枯らす心配もないのです。

 

失敗を恐れたり、間違いを指摘されると感情的になったりしがちな人には、これ以上ない最適な練習材料ではないでしょうか。

トライアル・アンド・エラーが、スピーディーに際限なく体験できる。

とはいえ、プログラミングというと、私のように仕事で扱っている人以外には、なじみの薄い世界だと思います。

 

言葉を耳にするだけで「もう十分です」と理解を拒みたくなる、難解な世界だと思っている人も少なくないはずです。

 

その気持ちも、十分に分かります。プログラム言語を実際に仕事で扱うとなれば、中学・高校以上で習う数学能力が必要だからです。

 

取材に訪れた富山県射水市にある中太閤山小学校。

子どもたちも一緒のはずで、デジタルネイティブ世代だとはいえ、ほとんどの子どもが初めてプログラミングに触れる状況のはずです。先生たちだって経験は少ないでしょう。

 

それでも5・6年生の(場合によっては4年生の)子どもでも分かる形で、小学校ではプログラミング的思考を教え始めているわけです。

 

先生たちはどのように教え、数学的知識のない子どもたちは、どのように学んでいるのでしょうか。

 

この点が分かれば、プログラミングに関する知識を持たない大人が、「考える技術」としてプログラミング的思考を学ぶ際の大きなヒントにもなるはずです。

 

そこでこの特集では、富山県射水市にある射水市立中太閤山小学校に出掛けて、話を聞いてきました。

 

聞けば同校には5年生の算数、6年生の理科でプログラミング的思考を取り入れた授業実践を担当した先生が2人在籍していて、さらにプログラミング的思考の授業について射水市で先駆的な役割を果たしている理科専科教員も授業を受け持っているとの話です。

 

次回からはそんな先生たちに行ったインタビューを紹介します。

 

インタビュー後には、学校で聞いた話をプロのプログラマーがどのように考えるか、坂岡まさしさんという専門家にもオンライン取材で感想を聞きました。

 

併せて最後まで読んでみてくださいね。

 

(編集長のコメント:司馬遼太郎さんの小説を読むと、変化の時代は、求められる、評価される人間の姿も変わってくると分かります。

 

戦国の世は遠い天下泰平の徳川幕府の安定期と、幕末の動乱期では、当然評価される、活躍できる人間像が変わってくるわけです。

 

同じように、変化が大きくなると予想されるこの先の時代、前例を覆してでも自分の頭でゴールを思い描き、そのゴールに向けて確かな筋道を立て、微調整を加えながら揺るぎなく動ける人間になれれば、活躍のチャンスは増えるはずですし、少なくとも損はないはずです。

 

そのために役立つ考える技術が、プログラミング的思考なのです。

 

次回からはいよいよ、学校でのインタビューがスタートします。取材に不慣れな武井をアシストすべく、編集長の私も取材に同行しました。

 

ちょこちょこ会話の途中に私の横やりが入りますが、嫌な顔をせず、先生たちは最後まで答えてくれました。

 

子どもの時以来に出会う小学校の先生たちは、実に立派な人たちばかりでした。

 

そんな素晴らしい先生たちのインタビューを、引き続きどうぞ。)

この記事を書いた人

Avatar

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。