イナガキヤスト×大木賢。「バズる」写真論。

2020.07.07

第2回

加工した写真を、どこに発表するか。

撮影:大木賢

坂本:イナガキさんは撮影現場に、足しげく通うとも耳にしています。

 

やはり人の心を動かす写真を撮るためには、その場所、その土地、その人物など、被写体に対する深い理解は不可欠なのでしょうか?

 

例えば富山県高岡市の雨晴(あまはらし)で撮られた有名な写真については、100回くらい現場に通ったと何かで読みました。

 

 

イナガキ:100回って言ったかな~。ちょっと記憶にないです(笑)

 

坂本:ただ、恐らく1回行って、その場で撮って終わりという話ではないですよね。

 

イナガキ:はい。数十回は行っています。

 

坂本:この写真にしても、女岩(おんないわ、めいわ)があり、立山があり、さらに<富山きときと空港>に着陸する飛行機まで入っています。

 

初めてこの場を訪れた旅行者には、この構図の中に飛行機が通るとは、想像もできないはずです。

 

そうなると逆に、イナガキさんが海外の観光局から招待され、いきなり南の島に連れて来られて、「さあ、バズる写真を撮ってください」と言われたら、撮れるのでしょうか?

 

イナガキ:なるほど。どうなんでしょう。

 

大木:僕は土地に対する理解は、とても大事だと思います。初めてバズった高岡の写真を撮影したときは、「このアングルしかない」という場所を、試行錯誤をしながら徹底して考えました。プロとして経験を積んだ今なら、ぱっと判断できますが。

 

 

しかも、アングルが決まったら、構図固定で日没前後の1時間、撮りまくっています。なので、場所に対する理解は、重要だと思います。

 

イナガキ:僕の場合は技術とセンスがないという点が一番なのですけれど、とりあえず同じ場所に行って、何回もシャッターを切ります。

 

 

なんとなく「いいかな」と思った被写体は、とりあえずカメラを向けて撮ります。例えば、単純に立山連峰ってすごいじゃないですか。なので、まずは構図に入れてみる。立山の雄大さを表現するために全体が映るように撮ったり、壁のような存在感を表現するためにあえて山頂を切ってみたり。

 

その上で撮りまくって、幸運にも奇麗に撮れた写真があれば、それを選んでレタッチします。

 

坂本:レタッチという話が出ました。レタッチとは、フォトレタッチとも呼ばれる、写真や画像データの編集作業ですね。編集をして、写真の見栄えをよくする、加工する作業とも言えます。加工はやはりするのですか?

 

イナガキ:写真によって程度は変わりますが、彩度などは調整します。

 

坂本:いちばん、「いじったなあ」という写真は、どれになるのでしょうか?

 

イナガキ:これです。

 

 

(一同、歓声を上げる。)

 

大木:うぉー、すげー。

 

坂本:ここは、有名な撮影スポットですよね。このアングルから撮る方はたくさん居ますが、イナガキさんほど「バズる」人はなかなか居ません。

 

イナガキ:これを撮るまでに、10回くらいは現場に通いました。気に入った場所があれば何回も通いますし、通いながらも毎回の撮影で撮れた写真を見返して、反省をもってまた行きます。

 

とにかく、僕は積み上げていかないと何も撮れません。その上でいい写真が撮れたら、「うわー、これ、すごいな」と感じてもらえるくらいにレタッチします。

 

大木:僕も同じような感じで、レタッチしていました。「バズる」って考えていては駄目だと思います。皆さん、直感で反応しますから。

 

坂本:それだけ苦労を重ねて、時間を掛けているのであれば、やはり撮影者としては「バズる」と、単純にうれしいのでしょうか?

 

イナガキ:自分の写真に多くの方が反応してくれるという事実は、ただただ、感謝しかありません。

 

坂本:とはいえ、それだけ影響力があるイナガキさんだからこそ、あえて失礼な質問をします。

 

例えば、世の中には極端な加工、派手なレタッチを邪道と考えるプロの写真家というか、フォトグラファーというか、カメラマン10も居ます。

 

多くの一般人にとっては、「スマホ」で撮影した写真を、加工してSNSに投稿するなど、当たり前だと思います。しかし、その行為をプロの世界に持ち込むと、厳しい風当たりが生まれます。

 

この写真を見て、「五箇山にはこんな美しい風景があるのか」と思って訪れた人が居たとすれば、問題だという理由もあるからだと思います。実際、この五箇山の風景は、現実には存在していません。この点、いかがでしょうか?

 

イナガキ:批判的な声は、確かにあります。最初は喜んでもらえた写真も、多くの方が見るようになって、批判も増えました。なので、最近は好きな写真を好きに投稿するのではなく、見る人の気持ちも考え始めました。

 

坂本:大木さんは、いかがでしょう?

 

大木:僕も奇麗で分かりやすい写真を一時期たくさん撮っていました。それを海外の写真投稿サイトに載せたとき、「この写真のどこが良いの? 加工してるだけじゃん」みたいなコメントを受けた経験があります。

 

その時は、すごく反応的になりましたが、今では批判する側の気持ちも分かります。なぜなら、自分の昔の写真を見て、自分自身が「加工しすぎだ」と思いますから。

 

坂本:大木さんの作風が変化したのですね。

 

大木:その当時は、自分で撮った写真の「色」にしか興味がなくて、とにかく色が美しくなるように、加工をたくさんしていました。まあ、そういう路線で撮っていくと、バズるんですよね。実際。

 

かつて力を入れていた作風の写真と。

問題は、この手の分かりやすい写真を、どこに発表するかだと思います。

 

例えば加工した写真を撮って、それを観光情報誌や観光情報サイトに掲載する行為は、許されません。受け取り手は、情報の伝達だと思って写真を見ているので、加工した写真を本物と思ってしまうからです。

 

しかし、イナガキさんはご自分の写真をSNSで、ある種の表現として掲載しています。一種の表現、アートとしての写真という見方であれば、加工をして彩度を調整したり、色を調整したりしても、問題はないと僕は思います。

 

 

写真には情報伝達の側面もありますし、アートだとか表現の側面もあります。日本語の「写真」は「真実を写す」という言葉になっているので、その語感に引っ張られて、真実を正確に写す役割が意識されすぎているのかなと思います。

 

英単語のPhotograph(写真)の「Phot」は、語源が「光」11です。

 

この「Phot(光)」に「graph(描く)」が重なって、「光で描く=写真を撮る、写真」になりました。真実を写せなんて、どこにも含まれていません。

 

一部の「先生」や「批評家」は、SNS写真を鼻で笑います。しかし、それは同時に写真に「いいね」をしている人たちを「ディスっている12」形にもなるんですよね。

 

SNSの写真に救われる人も、間違いなく存在しています。写真が広く見られれば、それはそれで何らかの素晴らしい影響もあると思います。

 

(第3回は、現実以上に「迫力」ある写真について。)

富山県高岡市の雨晴海岸から見える岩。

富山県南砺市にある世界遺産の五箇山、相倉集落。

10 写真業界では、カメラマン=専門的な技術を駆使して依頼者のオーダーに応えられる人、フォトグラファー=専門的な技術を持ちながらも、自身の感性を全面に出す人、写真家=芸術家・自身の表現を追求する人と分類される傾向がある。

11 「phas(光)」が変化して「phot」になる。「phas」はギリシア語の「phasis」に由来し、星の光、光、光の影という意味。

12 批判をする、文句を言うの意味。

この記事を書いた人

坂本 正敬

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。