「8番」の本店で聞いた。<野菜トマトらーめん>の通な食べ方講座。

2020.09.14

No. 01

想定を大きく超える反響で、驚いています。

 

こんにちは。今回の特集を担当するHOKUROKU編集部の副編集長、大坪史弥といいます。

 

北陸に暮らす人であれば知っているかもしれませんが現在、8番らーめんの<野菜トマトらーめん>が、激しく売れています。

 

普段、<野菜らーめん>の「味噌」しか食べない大坪ですが、この前も8番らーめんに行ってみると、店内のお客さんが、かなりの割合で食べてました。

 

しかも、12万食限定のメニューだと耳にします。このままの勢いが続くと、9月中には完売してしまう可能性もあると聞きます。そこまでの話であれば、食べずにはいられません。

 

そこで早速、売り切れてしまう前に、石川県加賀市にある8番らーめん本店にて、HOKUROKU副編集長の大坪が実食取材をしてきました。今回はその様子を伝えます。

 

取材では本店の店長である加藤裕也さんと、本社のマーケティング部に所属する村中美貴さんが対応してくれました。

 

野菜トマトらーめんだけではなく、通常メニューのちょっと変わった食べ方についても聞いてきましたので、お楽しみに。

 

では、すぐに「8番」に行きたくなる、野菜トマトらーめんとアレンジの話、始めます。

復活を希望する声も多く、全店展開するようになりました。

大坪:あらためまして、HOKUROKU副編集長の大坪史弥です。今日はよろしくお願いします。8番らーめんはよく行きますが、本店まで来たのは初めてです。

 

8番らーめん本店の外観

村中:ここが8番らーめんのスタートのお店ですね。とはいっても、もともとの店舗はここから1kmほど離れた場所にあったんです。

 

国道8号線の拡張工事にともなって、2016年(平成28年)8月8日、現在の場所に移転新装オープンしました。

 

店内の様子

ちなみに私の実家もこの近所なんですよ。小さいころからよく食べに来ていました。

 

本店の店内には開業当時の写真パネルが掲げられている。

大坪:本店の近くで生まれ育ち、今は8番らーめんで働いているわけですね。ちょっと運命を感じます。

 

念のため、多くの人が知っているとは思うのですが、8番らーめんとは、そもそも石川県加賀市の国道8号線沿いに開業したから8番らーめんなのですよね。

 

その8番らーめんの本店が、国道8号線の拡張工事にともなって、2016年(平成28年)8月8日、1kmほど離れた現在の場所に移転新装オープンをしたという話ですね。

 

村中:はい。その通りです。

 

大坪:他の都道府県から移住をして北陸で暮らしている人などは、このあたりの情報を知らないと思うので、整理をさせてもらいました。さて、本題に入ります。今日は現在販売中の野菜トマトらーめんについて取材させてください。

 

野菜トマトらーめんが9月4日から販売されて数日が経ちました。売れ行きの方はいかがでしょう?

 

村中:それが想定を大きく超える反響で。驚いています。

 

株式会社ハチバン  マーケティング担当の村中美貴さん。

村中:今年はスタートダッシュがすごすぎて、このまま行くとシルバーウィークの後半には、売り切れが発生するかもしれない状況になっています。

 

大坪:やっぱりですか。そんな気がしました。実は昨晩、8番らーめんに行ったんですが、店内のお客さんがかなりの割合で食べてましたね。

 

村中:そうなんです。私もちょくちょく店舗に偵察に行くんですけど、だいたいどの組もテーブルで一人は食べていますね。

 

夫婦で来て二人で食べてるっていうのもよくあるんですけれど、ファミリーで来てお母さんが食べている。女性の方にすごく定着していますね。

 

 

大坪:野菜トマトらーめんはいつから販売しているんでしょうか?

 

村中:一番最初が、2013年(平成25年)ですね。北陸3県で実施した「じもとじまんフェア」というキャンペーンがきっかけです。

このキャンペーンは北陸3県の地元の食材を使ったラーメンを販売する企画です。

 

石川ではいしると加賀れんこん餅、富山はホタルイカ、福井では福井県産のブランドトマト<越のルビー>を活用した野菜トマトらーめんを期間限定で提供していました。

 

その際、1番のスピードで野菜トマトらーめんが売れました。期間限定販売だったのですが、復活を希望する声も多く、翌年から全店展開するようになりました。

 

発売して今年で7年目になります。知っている方は告知をすると、「絶対に行く」っていう強い意思を持って、発売を待っていただいていますね。

 

大坪:確かに。8番らーめんで食べている時にTwitter検索をするのが趣味なのですが、「野菜トマトらーめん」で検索したら、「出たぞ!」「おいしい」といったツイートが多く見受けられました。

普段はみそばかり食べてるので、ちょっと衝撃でした。

大坪:食べられるタイミングについても教えてもらいたいのですが、野菜トマトらーめんは毎年、この時期に販売されているんですか?

 

村中:はい、越のルビーの生産に合わせて、多少前後はしますが、だいたい9月の販売になりますね。

 

冬の代表メニューには<酸辣湯麺(サンラータンメン)>がありますが、お客様の反応を見ていると。9月と言えば野菜トマトらーめんと、定着し始めているように思います。

 

大坪:毎年、味は変えたりしているんですか? 今回だとトッピングメニューにサワークリームが追加されています。ラーメンそのものの味の調整はいかがでしょう。

 

 

村中:毎年ブラッシュアップしています。越のルビーの特徴は甘みの強さなんですが、やっぱり自然の野菜なので、その年によって味が違います。甘かったり、酸味が強かったり。

 

なので、今回はちょっと酸味を効かせようとか、後味をさっぱりさせようかとか、毎年開発の段階を経て、トマトの味に合わせて一番おいしくできるようにブラッシュアップしています。

 

ちなみに、去年はちょっとすっきり系にしたんです。というのも一昨年はちょっと濃くて、辛味があったりして、辛くて食べれないという声もあったりしたんです。

 

すると、昨年は一部のお客様から「ちょっと薄い」という感想も出てしまったので、今年はまた少し濃厚な味に調整しました。

 

大坪:なるほど。ちょっと白状するとですね。実は昨日、我慢できなくて、野菜トマトらーめん食べちゃったんですよ。今日食べるのにフライングしてしまいすみません。

 

食べた感想は「濃厚!」という感じがしました。くどいとか嫌な濃さではなくて、トマトのうま味ってこんなに感じられるんだという驚きの印象です。

 

村中:ありがとうございます。召し上がったの初めてですか?

 

大坪:初めてです。普段は野菜らーめんの「味噌(みそ)」ばかり食べてるので、ちょっと衝撃でした。これはリピートしたくなりますね。今日もいただけるので、楽しみにしています。

 

(編集部コメント:野菜トマトらーめんは、以前にも販売されていて、味にさまざまな創意工夫が続けられているメニューなのですね。次のページではいよいよ、ラーメンの実食が始まります。野菜トマトらーめんの到着を待つ間には、8番らーめんの意外な楽しみ方についても、話が及んでいますよ。)

石川県の奥能登で作られる魚醤(ぎょしょう)。

8番らーめん秋冬の限定メニュー。酸味と辛味を効かせた卵入りスープに細麺(めん)が特徴。

この記事を書いた人

大坪 史弥

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。