こんなの「できる・やる」らしいニュース

2022.06.18

No. 11

福井出身の役者・津田寛治さん初のパーソナルブック出版を記念したトークショー&絵画展がテアトルサンクなどで開催

 

福井出身の役者・津田寛治さん初のパーソナルブック〈悪役〉(福井新聞社)出版を記念して、トークショーと絵画展が開催される。

 

出版記念トークショーは本の発売日当日、6月25日(土)19時から福井駅前の映画館テアトルサンク(福井市)にてスタート(※要チケット購入、サイン本付き)。

 

トークショーでは、福井を舞台とした津田さん監督映画〈カタラズのまちで〉のショートバージョンも上映される。

 

 

津田寛治出版記念絵画展は6月26日(日)~7月3日(日)9時~18時に福井新聞社〈風の森ギャラリー〉で開催される(※入場無料)。初日には、津田寛治さんのお出迎え、およびサイン本販売も行われる。

 

本の編集は、〈HOKUROKU〉でもかつて取材したfuプロダクション「らしい」。

関連:ローカル・WEBマガジン・レポート〈ふーぽ〉編

 

文・翻訳:坂本正敬

画像提供:fuプロダクション

 

編集部からのコメント:津田寛治さんといえば、デビュー当時の北野武監督とのやりとりが有名です。まさに、映画のようなエピソードで、俳優が運命づけられていた人なのではないかと思います。福井の方はご存じの方も多いと思いますが、知らない人はぜひ調べてみてください。副編大坪

 

役者さんの名前と顔があまり一致しない私でもすぐにお顔が頭に浮かぶくらい印象的な役者さんだと思います。とはいえ、ご出身が福井で絵画を描かれていたとは存じ上げませんでした。独特の色使いが素敵なので福井にお住まいの方は足を運んでみてはどうでしょう。武井開発D

 

名前を覚えるのが苦手な私。お名前までは存じておりませんでしたが、顔を見れば「あ、この方か!」とすぐに分かりました。北陸出身の俳優さんたちから、地元への想いとか思い出を聞いてみたいです。表現者だからこそ見えてくる地元の良さってあると思うのですよね。明石P

この記事を書いた人

Avatar

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。