世界の豪雪都市に学ぶ。雪国暮らしの「雪遊び」

2021.02.10

No. 03

まち中の公園でスキーを楽しめばいい。

まち中の公園でスキーを楽しむ「ケベコワ」たち。

ただ、北陸の県庁所在地のど真ん中に、時速70kmのスピードが出る巨大なそりのコースをつくるアイデアは、あくまでも「北陸にもあったらいいな」という夢物語です。

 

現状で存在しないのですから、ないものねだりで終わっては意味がありません。

 

今すぐ北陸でも、自分一人がその気になれば始められる、大人の雪遊びのヒントはないのでしょうか。

 

本来であれば、北陸にも大人の雪遊びは、きちんとあるはずです。

 

ちょうどこの原稿を書いている時に、富山県黒部市にあるスキー場〈宇奈月スノーパーク〉が盛況だという地元紙のニュースを読みました。

 

幸い、北陸には身近な場所に、たくさんのスキー場があります。太平洋側の雪の降らない地域から引っ越してきた人から、「スキー場の近さに幸せを感じる」と聞いた経験もあります。

 

スキー、スノーボードだけではなく、最近では「冬キャン」(雪の上でのキャンプ)などの言葉も聞きます。これらは、「正当な」大人の雪遊びですよね。

 

石川県白山市の〈白山セイモアスキー場〉写真:石川県観光連盟。

しかし一方で、少なくない地元の人が、県内のスキー場に通い慣れているため、もはや新鮮さを感じていないのではないでしょうか。

 

現に〈雁が原スキー場〉(福井県)、〈鳥越大日スポーツランド〉(石川県)、〈閑乗寺スキー場〉(富山県)など、家族連れのお出掛けや学校の授業でも使われてきた、暮らしに身近なスキー場が次々と閉鎖に追い込まれています。

 

福井県勝山市の〈雁が原スキー場〉。写真:福井県観光連盟。

マンネリ化したフィルターで真冬のスキー場を連想すると、本当は近いはずの距離も、さらに「遠く」感じるはずです。

 

いよいよ冬場は腰が重たくなり、ひたすら家の中で待機して、屋根の雪下ろしなど必要がなければ外に出ない、「北陸らしい」暮らしになっている可能性もあります。

いしかわ四高記念公園だとか、富山城址公園だとかで、クロスカントリー・スキーをする。

まち中の公園でそり遊びを楽しむ親子。写真はケベック・シティではなく、ケベック州のモントリオール。

ただ、スキー用品も全部処分してしまったという北陸生まれの大人たちでさえ、あらためて「パラレルターンはできるのですか?」と聞いてみると、「そりゃあ、当たり前だよ」「毎週のように通っていたし」「うちの主人はインストラクターだった」みたいな武勇伝が、次々と出てきます。

 

その潜在的なスキルに、ほとんど雪の降らない地域から引っ越してきた筆者としては、素直に感動します。

 

学生時代までは人生で何回かしか雪山に行かなかった、かつては雪山への移動が「大旅行」だった筆者からすると、うらやましいわけです。

 

このスキルは、このまま埋もれさせてしまうのでしょうか?

 

例えば、ケベック・シティの人たち「ケベコワ」の場合、スキーはスキー場でするとは限りません。

 

もちろんケベック・シティの郊外にも、素晴らしいスキー場がたくさんあります。ただ、まちの中心部とスキー場の距離感は、北陸とほとんど変わりありません。

 

その意味で、面倒と言えば面倒な距離にあるので、「ケベコワ」たちはもっと近場でもスキーを楽します。近場とはどこかと言えば、まち中の大きな公園です。

 

北陸で言えば、いしかわ四高記念公園(金沢市)だとか、富山城址公園だとか、それこそ県庁所在地のど真ん中にあるような大きな公園にスキー板を持ち込み、クロスカントリー・スキーを楽しんでいます。

 

クロスカントリーとはそもそも、

“原野・丘陵・森林などを横断するコースで行う競争”(岩波書店『広辞苑』より引用)

とあります。雪原におけるクロスカントリーがクロスカントリー・スキーで、雪の積もったフィールドをスキー板を履いて横断します。

 

クロスカントリー・スキーにはさらに、クラシカル走法とフリー走法に細かく分かれるらしいですが、何であれ平地をスキー板で進むため、ドイツ語風に言えばストック、英語風に言えばポールで力強く地面を押す運動も加わります。

 

ケベック州の公園。クラシカル走法ではこの2本の溝の上を走る。

「きついよ」と現地の観光局の人に脅かされながら試してみると、予告通り、激しい全身運動でした。

 

北陸の都市に暮らす往年のスキーヤーたちは、冬場に距離が伸び悩むウォーキングの代替案として、この手の遊びを暮らしに取り入れてみてはいかがでしょうか。

公園でのスキー利用は、法律で禁止されていません。

まちの雑木林でクロスカントリー・スキーを楽しむ「ケベコワ」。写真はケベック・シティではなく、同じケベック州の大都市モントリオール。

見慣れた都市公園もスキー板で歩けば、見慣れた公園だからこそ、また違った感動が得られるはずです。

 

「でも、北陸の公園では駄目でしょ?」と、みずから先回りして、ルール違反だと自粛してしまうかもしれません。

 

しかし、〈HOKUROKU〉の運営メンバーである弁護士の伊藤建に聞くと、公園でスキーを禁じる法律は、日本には存在しないと言います。

 

「公園でのスキー利用は、法律的には禁止されていません。公園側の管理権の問題です。もちろん、管理権に違反すれば、利用拒絶として法律問題にはなり得ますが、基本的には考えにくいかなと。」

 

この管理権は、多くの自治体において、条例で大枠が決められていて、細かい行為については公園の看板に規則として書かれていると言います。

 

試しに筆者の暮らす富山市の都市公園条例を読んでみると、禁止行為として次のような条例が定められていました。

  1. 都市公園を損傷し、又は汚損すること。
  2. 竹木を伐採し、又は植物を採取すること。
  3. 土地の形質を変更すること。
  4. 鳥獣及び魚の類を捕獲し、又は殺傷すること。
  5. はり紙若しくははり札をし、又は広告を表示すること。
  6. 立入禁止区域に立ち入ること。
  7. 指定された場所以外の場所へ諸車を乗り入れ、又は留め置くこと。
  8. 都市公園をその用途外に使用すること。
  9. 前各号に掲げるもののほか、市長が都市公園の管理に支障があると認める行為をすること。

富山市の条例の場合、(7)(8)(9)が、人によっては不安に感じるかもしれません。

 

しかし、弁護士の伊藤によれば、スキーは(7)の「諸車」にはあたらないと言います。

 

(8)(9)についても、管理権で公園の用途が決められている場合を除き、混雑している公園で他の利用者を害するような利用をしなければ、問題ないと解釈できると言います。

 

例えば筆者の暮らす富山市の中心部にある富山城址公園は、富山市の管理です。市の公式ホームページよれば、富山城址公園は「総合公園」に分類されています。

 

富山城址公園。

総合公園は国土交通省によると、

“都市住民全般の休息、観賞、散歩、遊戯、運動等総合的な利用”(富山市のホームページより引用)

を目的にしているといいます。富山市民の散歩、運動に利用が認められているのであれば、クロスカントリー・スキーも当然、認められるはずです。

 

富山市公園緑地課に問い合わせてみました。電話口の担当者からは、

 

「ルールで禁止しているわけではないので、他の利用者の迷惑にならない限り、個人的な利用であれば構わない」

 

という回答がありました。大人数を集めてサークル活動をするとなると、他の利用者の邪魔になる可能性が出てきます。しかし、あくまでも個人的な範囲の利用であれば、問題ないのですね。

 

北陸に暮らす皆さんも、「あの公園はどうなのだろう?」と思い浮かぶ場所があれば、管理が県にあるのか、市町村にあるのか、調べてみてはどうでしょうか。

 

希望する公園がどういった目的のために存在する公園なのか、管理する県や市町村の条例はどうなっているのかを確かめ、念押しで県や市町村に直接、スキーが禁止行為に当たるか確かめてみてください。

 

問題ないと分かれば、他の利用者や施設に損害を与えない範囲で、堂々とスキーを楽しめばいいのですね。

 

(副編集長のコメント:健康のために公園でウォーキングをしている人たちを北陸でもよく見かけます。ただ雪が降るとぱったりと見かけなくなり、公園全体が冬期休業してしまったようで、足が遠のきます。

 

公園にスキー板を履いて歩く人たちが増えると、冬場でも「生きた公園」になるのかもしれません。

 

ただ、私も経験がありますが、クロスカントリー・スキーはかなりきついです。なので、次回はもっとライトに楽しみたい人に向けて、「スノーシューとホットチョコレートのある暮らし」について。)

この記事を書いた人

Avatar

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。