世界の豪雪都市に学ぶ。雪国暮らしの「雪遊び」

2021.02.08

No. 01

北陸のまちには「世界で最も」雪が降る。

富山城址公園。

いきなりですが、アメリカ東部のペンシルベニア州に、1962年(昭和37年)創業のAccuWeather社という気象情報会社があります。

 

日本のウェザーニューズ社のお手本のような存在で、世界の気候に関する情報をテレビ、ラジオ、新聞、ウェブメディアで発信し続けている民間総合気象情報サービス業の会社です。

 

その米AccuWeather社が独自に、「人口が10万人以上存在している都市で、最も降雪が多い場所はどこか」をリサーチしました。

 

調査対象はもちろん日本を含む、全世界です。

 

あくまでも人口が10万人以上存在している都市の中で、最も降雪が多い場所はどこかという内容で、例えばアメリカ西部のワシントン州にあるデナリ山など、人のほとんど住まない山奥の豪雪地などは対象から除かれています。

 

調査の上で米AccuWeather社は、最も降雪が多い世界の都市ランキングをつくっています。「世界の豪雪都市トップ3は?」と聞かれたら、どこを思い浮かべますか?

 

「北欧の都市のどこか?」

「カナダとかの都市じゃない?」

 

など、さまざまな意見が出てくるかもしれませんが、実は世界で最も降雪が多い都市ランキング、第3位にはなんと北陸の富山市が入っています。

 

しかもトップ3を日本の都市が独占し、第1位は青森市、第2位が札幌市、第3位が北陸の富山市となっています。

 

同調査のトップ10まで見ると、第7位には秋田市も入っています。

 

2021年(令和3年)初めの富山市の様子。

要するに、北陸を含む日本列島の日本海に面した都市は、単に「雪が多い」のではなく、「世界で最も雪が降る」と言っても過言ではないのですね。

〇世界の豪雪都市ランキング(米AccuWeather社調べ)

第1位・・・青森市

第2位・・・札幌市

第3位・・・富山市

第4位・・・St. John’s(カナダ・ニューファンドランド&ラブラドール州)

第5位・・・Quebec City(カナダ・ケベック州)、Syracuse(アメリカ・ニューヨーク州)

第7位・・・Saguenay(カナダ・ケベック州)

第8位・・・秋田市

第9位・・・Rochester(アメリカ・ニューヨーク州)

第10位・・・Buffalo(アメリカ・ニューヨーク州)

「どうせ雪が降るのは避けられないのだから、楽しんでしまえ」

世界に目を転じると、日本以外ではカナダとアメリカ東部の都市が並んでいます。

 

例えば4位には、カナダの東端、ニューファンドランド・ラブラドール州の州都であるセント・ジョンズが入っています。

 

セント・ジョンズは入り江に面した傾斜地に、イギリス人が入植し、カラフルなまち並みを築いた、カナダ最東端にして「最古」とも言われる、最高に見応えのある美しい場所です。

 

セント・ジョンズ。撮影:Loozrboy〈flickr〉より。

ランキングの第5位には、同じくカナダの東部、ケベック州の州都ケベック・シティも入っています。

 

ケベック・シティは、ヨーロッパ人の中でもフランスからの入植者の影響が強く、カナダでありながらフランス語が公用語というユニークな歴史都市です。

 

ケベック・シティのまち並み。

同じ第5位にはアメリカのシラキュースも入っていますが、今回のお手本は、このケベック・シティに暮らす人たちの雪国暮らし。

 

その理由は、第3位にランクインした富山市と人口が似ているからです。他のランクインした都市がどこも10万人ちょっとなのにもかかわらず、ケベック・シティには、54万人以上が暮らしています。

 

北陸の金沢市や富山市と人口が似たような まちでありながら、富山市と同じく世界で最も雪が降るまちランキングの上位に入っているわけです。

 

ケベック・シティを州都とするケベック州に暮らし、フランス語を母国語として話す人たちを、通称で「ケベコワ」と呼びます。

 

ケベック・シティの路地裏。

この「ケベコワ」を取材し、彼ら・彼女らの冬に対するスタンスを目の当たりにした時期は、関東で生まれ育った筆者(HOKUROKUの編集長・坂本と言います)が、北陸に引っ越して10年くらいが経過し、ちょうど北陸の雪国生活も板に付いてきたころでした。

 

正直、カルチャーショックを受けました。もっと正確に言えば、物珍しさを超えて感動的ですらあったのです。

 

ケベック・シティと同じケベック州のモントリオールの様子。

北陸の人からすると、きっと「我慢」の季節でしかない雪深い冬と、「ケベコワ」たちは異なるスタンスで向き合っていました。

 

「どうせ雪が降るのは仕方ない、避けられないのなら、楽しんでしまえ」という人生哲学が市民一人一人の意識に深く根付いていて、子どもはもちろん、いい大人も暮らしの中で雪のある生活を楽しんでいるのです。

 

ケベック・シティ郊外に冬季限定で登場する〈アイスホテル〉。

全部とは言いませんし、丸ごと同じようにとも言いません。しかし、彼ら・彼女らの人生哲学は、何かしら北陸でも参考にできる部分があるのではないかと、現地で過ごしている時に感じていました。

 

このように書くと、筆者の脳内には「You may say I’m a dreamer.」(夢みたいな話はやめてと、あなたは言うかもしれない)というジョン・レノンの歌声が、聞こえてきます。

 

「気質が違う」「この我慢強さが私たちの良さなのよ」と異なる意見を口にする北陸の人の顔も、何人か具体的に思い浮かびます。

 

しかし、現に北陸と同じくらい雪が降る暮らしの中で、雪を生かし楽しく暮らしている人たちも世界には居るわけです。

 

ケベック・シティ郊外の凍った湖の上で犬の散歩をする市民。

雪をただひたすらに「邪魔もの」扱いするのではなく「天の恵み」と考える愉快な気持ちを、ちょっとくらい北陸に暮らすわれわれが持っても、罰はあたらないのではないか、そんな風に思います。

 

なにしろ、これほど雪に恵まれたまちは世界になかなか存在しないのですから。

 

(副編集長のコメント:世界の都市の降雪量ランキングに北陸の都市がランクインしている事実をご存じでしたか?

 

雪を邪魔ものとして捉えるか、生活を豊かにする資源として捉えるかで暮らしは大きく変わりそうです。

 

次回からは、北陸の都市と人口規模がそこまで変わらないケベック・シティに、雪とともに生きる都市のあり方を学びます。)

金沢市は46万人、富山市は42万人ほど。

この記事を書いた人

Avatar

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。