北陸人のための金沢・茶屋遊び入門。

2020.06.23

vol. 02

畳のへりは、踏んでいいらしい。

ひがし茶屋街の様子。

HOKUROKU副編集長の大坪史弥です。

 

取材は2019年の年末に差し掛かったころ。ひがし茶屋街には何度も訪れていますが、夜は初めてでした。

 

日中とはうって変わり、ほとんどのお店は閉まっています。見かける人と言えば、カメラを手にした外国人観光客が2、3人でした。

 

迷子になりそうでしたが、路地の先に目的の御茶屋さんは見つかりました。

 

今回の取材先は、第1回でも紹介したお茶屋の<藤乃弥>さん。ひがし茶屋街に5軒あるお茶屋10の中で、最も歴史が新しい場所です。1階には<粋蓮>というバーがあり、お茶屋はその2階にあります。

 

お茶屋は言うまでもなく、普段からバーにもあまり入りません。夜遊び経験が乏しい私には、入り口の扉が銀行の金庫のように重厚に見えます。恐る恐る開けると、第1回で紹介した、おかみの吉川弥栄子さんが、笑顔で迎えてくれました。

 

大坪:こんばんは。HOKUROKU編集部の大坪と申しますが……。

 

吉川:いらっしゃいませ。大坪さんですね。お話はお聞きしております。ちょっと道が渋滞してるそうで、Yさんは少し遅れていらっしゃるそうです。先に座敷にお上がりください。

 

基本的に、お茶屋は一見さんお断りの世界です。紹介者が居ないと利用できません。今回は編集部のつてを頼り、金沢で会社経営をするYさんと、その友人であるKさんがお茶屋でうたげを開くと聞き、無理を言って混ぜてもらいました。

 

店の奥に通していただき、木造建築ならではの少し急な階段を上ると、2階には3畳ほどの前室があります。天井がとても低く、頭が当たるくらいでした。

 

前室に荷物を置きふすまを開けると、12畳ほどのお座敷に机と座椅子が奇麗に並べてあります。机にはお手ふきにはし、グラスとコースターがセットされています。

 

座敷を前に棒立ちし、緊張している私におかみは、声を掛けてくれます。

 

吉川:Yさんがいらっしゃるまで、お座席でお待ちくださいね。

 

大坪:あの、畳のへりとか踏んではいけないんですよね? 中学の柔道の授業で習いました。

 

吉川:皆さんお客様なんですから。気にしないで、ゆったりお過ごしてください。

 

そう言うと、おかみは一度、退室しました。お座敷には、私とカメラマン、さらに遅れて現れた編集長が残されました。

 

ゆったり過ごせ、と言われていますが、全員が落ち着きありません。誰に聞かれているわけでもなく、小声で会話を続けました。

金沢のお茶屋(茶屋遊び)は、芸妓さんとの会話や芸事を楽しむ場。

十数分して、YさんとKさんが現れました。

 

Y:いやー! 遅れてしまって申し訳ないです! 今日はよろしくお願いします!

 

K:はじめまして。金沢で会社を経営しております、Kと申します。今日はよろしくお願いします。

 

第一声からハキハキと声が出ている様子を見ると、「ああ、この方たちは経営者だな」と感じます。

 

聞けば、Yさんは昨日海外出張から戻ったばかりだとか。世界を飛び回る専門職の方です。その仕事ぶりからも分かるように、とてもエネルギッシュな人。

 

一方のKさんは金沢で、日常生活に使用する器具を販売する企業の社長をされています。Yさんを一歩下がった立場から見て、冷静に物事を語る印象の方です。

 

座椅子に腰掛け、今回の取材のお礼や経緯をYさん、Kさんと話しながら待っていると、あらためて、おかみさんと芸妓さんが2名、お辞儀をして座敷に現れました。

 

左よりKさん。芸妓の唐子さん、Yさん。

芸妓さんは今回の取材先である藤乃弥所属の小千代さん、もう1人は<中むら>所属の唐子さん。

 

なぜ、他のお茶屋の芸妓さんが来ているのか不思議に感じたので聞いてみると、金沢のお茶屋は、芸妓さんとの会話や芸事を楽しむ場でありながら、芸妓さんの所属事務所でもあり、座敷のプロデューサー的な役割も持つのだとか。

 

芸妓さんはお茶屋に所属していますが、雇われているわけではないそう。それぞれが個人事業主で、各お茶屋と専属契約を結んでいるのですね。

 

基本的にお茶屋は所属している芸妓さんをお座敷に呼ぶそうですが、絶対のルールではありません。

 

お客の希望があったり、予約が埋まっていたり、芸妓さんが体調不良などで来られなかったりする場合は、他のお茶屋の芸妓さんを呼ぶのですね。

 

そのような話をしていると、それぞれにお酒が回ります。まずは全員で乾杯をして、30分ほど芸妓さんを交えた歓談が始まりました。話題は今日の取材について、お茶屋や金沢の近況について。

 

小千代さん。

どんな話題でも芸妓さんたちは、上手に受け応えをしてくれます。金沢が地元ではない私からすると分からない話題もありましたが、話題をちょっとずつ翻訳するような話し方をしてくれました。この辺りから、私の緊張が解け始めました。

同じ曲目でも、金沢の三茶屋街でリズムが違う。

楽しく会話できるようになったころ、しつらえが変わり、芸妓さんによる芸事の披露が始まります。

 

最初は笛。演奏は唐子さんでした。座敷の照明が落とされ、静寂の中、唐子さんが背を伸ばし笛を構えます。

 

唐子:では、お笛を1曲、出させていただきます。曲名は『竹林』でございます。

 

『竹林』を演奏する唐子さん

笛の音色には、曲名の通り、竹林の中で風が吹き抜けるような強弱の響きがありました。4分間ほどの幻想的な演奏が終わると、少々の歓談を挟み、次は季節の踊りが始まります。

 

当日の踊りは唐子さん、歌と三味線は小千代さん。題目は『初雪』でした。

 

季節の踊り。踊り:唐子さん 三味線:小千代さん。

さらにお座敷太鼓と続き、『竹に雀』『四丁目』『八丁目』『せり』『虫送り太鼓』の5曲が披露されます。

 

いずれも軽快なリズムで打ち鳴らされ、先ほどまでの笛や踊りとは、雰囲気が一転しました。

 

お座敷太鼓

お座敷太鼓は同じ曲目でも、金沢の三茶屋街(ひがし・にし・主計町)で微妙にリズムが異なっているとの話です。楽譜は存在せず、体で覚える世界なのだとか。

 

以上のように、お茶屋遊びの大まかな流れは、歓談から始まり、芸妓さんによる踊りや笛、長唄の披露、お座敷太鼓11が披露されます。

 

 

最後には芸妓さんがお客にお座敷太鼓を教える、体験時間も待っています。

 

この日も、Yさんの「じゃあ、そろそろ<太鼓の達人>しましょうか」との呼び掛けとともに、お座敷太鼓の体験がありました。

 

Y:せっかく富山から来ていただいたんだし、ぜひ大坪さんやってみてくださいよ!

 

この時点で私は、早々にビール5杯、日本酒1本をいただいていました。取材中とは思えない程度に気持ち良くなっています。

 

「よーし」なんて言いながら、太鼓の前に座り、唐子さんに手ほどきを受けました。1時間ほど前まで緊張していた男の表情は、気が付けばヘラヘラとしていました。

 

(編集部コメント:次は第3回。なんだか本来は楽しいはずの茶屋街レポートが、すごーく硬い文章の仕上がりになっていますね。これは緊張のせいかもしれません。それでも次は、お茶屋遊びの動画もあります。「ええ、こんなに現場は盛り上がっていたの?」なんて雰囲気が伝わるといいなあ。)

10 中むら、八しげ、八乃福、春の家、藤乃弥の5軒。
11 落語の高座の出ばやしが元となっている太鼓の演奏。

この記事を書いた人

大坪 史弥

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。