北陸人のための金沢・茶屋遊び入門。

2020.06.22

vol. 01

金沢市民すら、茶屋街を知らない。

ひがし茶屋街の様子。

再び、編集長の坂本です。後に副編集長の大坪くんにバトンタッチしますが、ちょっと口上の一幕を、前置きの文章を書かせてください。

 

金沢には、北陸を代表する観光地の茶屋街があります。ただ、この茶屋街とは、そもそも何なのでしょうか。

 

今回の取材では、後に詳しく紹介しますが、金沢のひがし茶屋街にあるお茶屋の<中むら>で活躍する芸妓(げいぎ・げいこ)の唐子(とうこ)さんに、話を聞く機会をもらいました。

 

金沢生まれ・金沢育ちの唐子さんですら、聞けば大学生のころまで、「茶屋街は古いまち並みが残る場所」程度の理解しかなかったそう。

 

今回の取材にあたって、<藤乃弥>というお茶屋を紹介してくれた金沢の経済人であるYさんも同じです。

 

Yさんは金沢生まれ・金沢育ちでありながら、先輩に連れてきてもらうまで、お茶屋がどんな世界なのか、全く知らなかったと言います。

 

生粋の金沢市民すら、よく分からない・知らない茶屋街。富山、福井の人であれば、なおさらですよね。

 

金沢には今でも3つの茶屋街が存在している。

浅野川大橋から眺めた主計(かずえ)町茶屋街。

あらためて最初の問題に戻りますが、茶屋街とは何なのでしょうか。

 

金沢の茶屋街の誕生は、江戸時代にさかのぼります。城下に点在していた茶屋が、藩公認でまとめられたり、風紀の乱れから廃止されたり、再び許可されたり、紆余(うよ)曲折がありました。

 

明治、大正、昭和に入っても、浮き沈みが続きます。明治の後半から大正にかけては盛り上がりを見せ、第一次世界大戦の好景気でも茶屋街はうるおいましたが、第二次世界大戦を境に時代が大きく変わると、お茶屋や芸妓の数は劇的に減っていきました。

 

その流れは全国でも一緒です。茶屋街は金沢以外だと花街(かがい)、芸者町(げいしゃまち)、花柳界(かりゅうかい)などと呼ばれます。芸妓さんたちが活動するエリアという意味では、全て同じ言葉。

 

花街は京都(五花街)、東京(六花街)を筆頭に、全国各地にあります。しかし実態は、どこも規模を縮小し、中には残念ながら消滅した花街もあります。

 

にし茶屋街。

もちろん、その変化の波は金沢にも及びます。それでも、金沢には今でもなお、ひがし、にし、主計(かずえ)町という3つの茶屋街が存在しています。

 

現役の芸妓さんも、数こそ減っていますが、まだまだ数十名の規模で活躍しています。それほど大きいとは言えない地方の中核市で、どうして金沢では茶屋街が生き残っているのでしょうか。

 

今回の特集では、その理由を確かめに、実際のお茶屋をのぞかせてもらいました。

金沢の経済人として、お茶屋の文化を守りたい。

ひがし茶屋街の周辺。

取材は、2019年の末に行われました。新型コロナウイルス感染症の影響が出てくる前です。

 

当日は、雨でした。金沢の茶屋街は一見さんお断りの世界。この取材の取り付けも、一筋縄ではいきませんでした。

 

まず、一見さんの壁を越えさせてくれる、紹介者を探す必要がありました。さまざまなつてをたどる中で、意外にも最も身近な編集部の中に、お茶屋通いをする金沢の若手経営者を知る者が居ました。早速連絡を入れると、協力してくれるとの話。

 

この若手経営者とは、冒頭のYさんです。Yさんは金沢の経済人として、お茶屋の文化を守りたいという思いがあり、紹介の協力を快諾してくれました。Yさんが友人とお茶屋に行く、業界の言葉で言えばお座敷を打つ(宴会を開く)際に、同行させてもらえる話になりました。

 

しかし、今度はYさんに大変な迷惑をかける形になりました。Yさんを通じてでも、取材陣の同行を認めてくれるお茶屋が容易に見つかりません。

 

理由は恐らく、何でもあけすけに、内部の様子を明るみにする行為が、必ずしも粋だとは限らないからだと思います。

 

それでも、粘り強いYさんのお願いにより、ひがし茶屋街にあるお茶屋・藤乃弥のおかみ・吉川弥栄子さんが、お座敷への取材同行を寛大にも受け入れてくれました。

 

吉川弥栄子さんは、お茶屋のおかみを務めながら、同じひがし茶屋街で<照葉(てりは)>というワインバーも経営しています。

 

取材は昨年の末、この藤乃弥で行われました。お茶屋とは一体どのような場所で、茶屋遊びにはどのようなルールがあり、芸妓さんの芸事にはどのような魅力があるのか、浅学ながら伝えられればと思います。

 

いよいよ次の回からは、実際にお茶屋遊びを体験した副編集長にバトンタッチします。その様子をレポートしますので、楽しんでくださいね。

 

(第2回は、副編集長が行く、お茶屋遊びの世界です。)

第2回:畳のへりは、踏んでいいらしい。
金沢には3つの茶屋街がある。ひがし茶屋街はその中の1つ。
ひがし茶屋街に5つあるお茶屋の1つ。石川県金沢市東山1-14ー7
酒宴の場で、歌、三味線、舞踊などを披露しお客を楽しませる芸者。
ひがし茶屋街に5つあるお茶屋の1つ。石川県金沢市東山1-14ー12
1820年(文政3年)
1831年(天保2年)
1867年(慶応3年)
石川県金沢市東山1-24ー7

この記事を書いた人

大坪 史弥

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。