「スマホ」で撮る。SNS時代の「物撮り」の教科書。

2020.10.05

vol. 01

何のために撮るのか。

取材が行われた<COMSYOKU>のキッチンスペース。ガラスの向こう側はコワーキングスペース。

坂本:はじめまして。どうぞよろしくお願いします。『HOKUROKU』編集長の坂本正敬と申します。

 

今日は編集部が置かれた高岡(富山県)のコワーキングスペース<COMSYOKU>まで、お越しいただき、ありがとうございました。

 

佐渡:こちらこそ、よろしくお願いします。

 

坂本:本日はSNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)時代の「物撮り(ぶつどり)」がテーマです。そもそも「物撮り」とは、広告や宣伝のために自分のお店の商品や料理などを撮影する行為という理解で、正しいですよね?

 

佐渡:はい。

 

坂本:今やSNSは個人から大企業までが利用する、広告や宣伝のための大切なツールです。お店や商品の認知度アップに向けて、写真投稿を日課にしている経営者、宣伝担当者は多いと考えられます。

 

しかも、この投稿する写真のクオリティが、情報の広まり方にすごく影響すると、HOKUROKUは過去の取材で学びました。

 

関連特集:

イナガキヤスト×大木賢。「バズる」写真論。

 

なので今回は、広告写真を手掛けるスタジオ<カメラマンズハウス>所属の佐渡亮介さんに、デジタル一眼レフの入門機を使って、さらに言えば「スマホ」のカメラ機能を使って、お店の宣伝に貢献してくれる写真撮影の方法を教えてもらおうという企画になります。

 

佐渡:了解しました。

 

坂本:この特集で想定する読者は基本的に、自分でお店を経営している人、もしくは宣伝を担当するスタッフです。

 

言い換えれば、お店の宣伝にSNSを活用し、情報を拡散したり、お店のブランディングを図ったりしたい人たちがターゲットです。

 

ただ、「物撮り」を「物の撮影」とシンプルに考えたとき、もっと広い読者も見えてくるはずです。

 

例えば、行った場所や食べた物をSNSで積極的に発信しているインフルエンサーの人たちや、そこまででなくても、たくさんの「いいね」をもらいたい普通のSNSユーザーたちも含まれるはず。

 

そこで取材の前半では、できるだけ簡単な言葉で「物撮り」の基本というか、概論を教えていただき、後半では、教えてもらったルールを基に、実際に撮影にチャレンジしてみようと考えております。

 

佐渡:分かりました。

 

佐渡亮介さん。

坂本:ちなみに今回は、前半のインタビュー撮影と後半の実践を、HOKUROKUのウェブディレクターである武井靖に、担当してもらいます。

 

武井:よろしくお願いします。

 

坂本:あえて、今日はHOKUROKUの側で、プロのフォトグラファーを手配しませんでした。

 

あくまでも写真撮影のプロではない武井が、この教えを聞いて、実際にチャレンジしてみるという仕立てを考えております。

 

佐渡:いいですね。

 

坂本:さらに今日は、企画のテーマを聞き付けて、富山でフォトグラファーとして活動する笠原大貴さんが、見学に訪れてくれました。

 

笠原:よろしくお願いします。

 

名刺交換をする佐渡さん(中央)と笠原さん(右)。

坂本:笠原さんにも急きょ、後半の撮影タイムには参加してもらって、笠原さんの「物撮り」論も教えてもらえればと思います。佐渡さん、構いませんか?

 

佐渡:もちろん、構いません。

 

坂本:後半は図らずも、プロ同士の技術が競い合う、バチバチの撮影会になればと思います。

 

佐渡:なんだかちょっと緊張してきました(笑)

 

坂本:それでは、インタビューを始めます。

写真の専門家ではない人たちに、シンプルに役立つ情報が届けられる。

 

坂本:本題に入る前に、ひとついいですか。佐渡さんは、ものすごく若いですよね。失礼ですが、お幾つなのですか?

 

佐渡:22歳です。

 

坂本::22歳ですか!

 

金沢で広告写真を手掛ける名門写真スタジオから送り込まれる腕利きカメラマンだと聞いて、今日は大御所が来ると、気を張って待ち構えていました。

 

しかし、登場した人は、さわやかな超若手のイケメンで、一瞬「元日本代表のサッカー選手、内田篤人選手が来たのでは?」とびっくりしてしまいました。

 

佐渡:まだまだ、駆け出しです。今回の企画に僕が選ばれた理由は、スケジュールが取りやすい若手だったからだと思います。

 

スケジュール以外に会社の狙いがあるとすれば、僕がスタジオカメラマンとして一通りの基礎をたたき込まれたばかりの新人だからかもしれません。

 

坂本:と、言いますと?

 

佐渡:それこそ「物撮り」の基礎を学んだばかりで、変に自己流のアレンジを加えていません。基礎に忠実な状態です。

 

だからこそ、写真の専門家ではない人たちには、シンプルに役立つ情報が届けられるような気がします。

写真で生きていきたいと思って、応募しました。

 

坂本:もうちょっと、今回の講師である佐渡さんについて、詳しく聞かせてください。

 

そもそも写真はいつ始めたのでしょうか?

 

佐渡:会社に入った時期は、20歳の時です。諸事情で大学を中退せざるを得なくなり、何か仕事に就かなければいけなくなりました。

 

その時、ちょうどカメラマンズハウスで人材を募集していると知り、応募して拾ってもらった形になります。

 

坂本:それ以前にも、写真は撮っていたのでしょうか?

 

佐渡:18歳ごろから、写真は趣味で撮っていました。何か仕事をしなければと思った時、写真で生きていきたいと思って、応募しました。

 

坂本:この若さにして、すでにプロのカメラマンとしてキャリアを歩み始めている、その背景がよく理解できました。

 

 

それでは本題に入ります。あらためて、今回の企画の読者を確認させてください。

 

先ほども言ったように、想定ではカフェや雑貨屋や洋服店の店主、宣伝担当者がメインで、インフルエンサーの人たち、たくさんのSNSユーザーたちもイメージに入っています。

 

機材的に言えば、デジタル一眼レフカメラの入門機を持っていたとしても、あくまでも設定はオートモードで、レンズも買った時に一緒に付いてきた標準ズームレンズで撮っている状況を想定しています。

 

言ってしまえば、デジタル一眼レフカメラを持たずに、手持ちの「スマホ」で撮影をする人の方が多いくらいの状況を想定しています。

 

率直に佐渡さんから見て、このような企画の設定は成立しそうですか?

 

佐渡:全く問題ないと思います。それこそ基本を押さえれば、「スマホ」でも十分に、いい写真を撮影できます。

 

それ以上を求めたくなったらプロに頼めばいいだけの話です。

 

坂本:しかもその企画を、「物撮り(ぶつどり)」を「ものどり」と読んでしまうくらいの人たちに、分かりやすく伝えようとしているわけです。

 

一般的な写真の入門書に書かれている露出補正、ISO感度、ホワイトバランス、絞りなど、マニュアル撮影に必要な情報も、全部カットしたいと思っています。大丈夫でしょうか。

 

佐渡:問題ありません。

 

坂本:安心しました。では、道具についてはどうでしょうか。

 

料理撮影の入門書などを読むと、最低でも三脚は必要だとか、自作でもいいのでレフ板は用意しようだとか、撮影用の小物を用意しておこうだとか、道具に関する記述があります。

 

佐渡:カメラさえあれば、大丈夫です。後はお店の環境を利用して、十分に撮影ができます。

 

坂本:カメラ以外は、本当に何も必要ないのですか? 「物撮り」の背景に観葉植物だとかオーナメントを脇役として入れるみたいなテクニックを、入門書では見るのですが。

 

 

佐渡:確かにプロの「物撮り」には、主役の奥に脇役が写っている写真があります。

 

しかし、小物を使うなどのテクニックは、あくまでも結果論です。

 

例えばプロの「物撮り」を見て、背景に何かが置かれているとします。そうなると「『物撮り』では背景には物を置くといい」と、ルール化して考えてしまうかもしれません。

 

しかし、背景に何かが置かれた理由は、あくまでもその写真にテーマがあり、狙いがあり、その狙いを実現するために、たまたま背景に物が必要だっただけです。

 

坂本:小物を置く、脇役を置くが目的なのではなく、目的をかなえるために、結果として小物が置かれただけであると。

 

佐渡:「物撮り」において大切なポイントは、何を、何のために撮るのか、狙いとテーマを決めて、そこからぶれない姿勢です。

 

坂本:テーマがあり、狙いがあるからこそ、その狙いを実現するために、演出が決まってくるのですね。いわゆる、「手段を目的化しない」といった話とも、近いのかもしれません。

編集部まとめ。
「物撮り」では、何のために写真を撮るのか、最初に明確にする。

佐渡:一般的に素人の方が投稿するSNSの写真を見ていると、情報が雑多すぎる写真が目立つ気がします。ありがちな失敗として、テーマが決まっていない写真とも言えるかもしれません。

 

素人の方こそ、テーマを決めたら、情報を足すのではなく、引く。色も物も減らす、引き算の考えで、自分が撮りたい何かを際立たせた方が、いい写真を撮れる可能性も高くなると思います。

 

坂本:確かに、私自身も必要に駆られて「物撮り」をする時、「背景に何かを入れよう」、「ちょっとお皿の端を切ってみよう」みたいなテクニック先行の考え方になってしまいます。

 

でも、そうしたテクニックを根拠なく盛り込むのではなく、むしろテーマをはっきりとさせたら、余分な要素は引いた方がいいのですね。

編集部まとめ。
「物撮り」では、徹底的に情報を引く。

(編集部コメント:足し算ではなく引き算で「物撮り」を考える。プロの言葉には説得力がありますよね。

 

引き続き、話はどんどん深まっていきます。特集の後半には大変な盛り上がりを見せた撮影大会のコーナーもあります。引き続き、第2回をどうぞ。)

この記事を書いた人

坂本 正敬

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。