北陸がもっと好きになる。あの人の本と映画と漫画の話。

2020.06.02

第3回

生きる力を養う
「売り込む。踏み倒したら謝る。落ち込む。そしてまたつくる。」

<古本いるふ>の店内。撮影:柴佳安

暮らしの中で、変化を強いられる毎日が続いています。

 

こんな時だからこそ、自己啓発本のように即効性はないけれど、人間の根っこの部分をゆっくりと育ててくれる、生きる力と勇気を与えてくれる、本や映画や漫画はいかがですか?

あの人の作品その11。
「好きこそ物の上手なれ。」山川智嗣(株式会社コラレアルチザンジャパン・代表取締役)

藤子不二雄Ⓐ 『まんが道』(少年画報社、小学館他)

 

「大学進学で上京した時に出合った作品です。富山県が生んだ有名漫画家、藤子・F・不二雄と藤子不二雄Ⓐの2人の成長ストーリー。
 
県外や海外で頑張る若き才能たちにぜひ読んで欲しい作品。勇気づけられます」

 

『まんが道』
著者:藤子不二雄Ⓐ
出版社:少年画報社、小学館他

どんなお話?
“著者の自伝的長編作。藤子不二雄Ⓐと藤子・F・不二雄をモデルにしたふたりのマンガ少年が、デビューを果たして上京、トキワ荘というアパートで同世代の若いマンガ家たちと生活をともにしてプロへの道を歩む姿を感動的に描く。”(小学館クリエイティブのホームページより引用)

山川智嗣(株式会社コラレアルチザンジャパン・代表取締役)
https://corare.net/
「お抱え職人文化を再興する」職人と新たな価値を創造するデザイン事務所、株式会社コラレアルチザンジャパン代表取締役。日本初の職人に弟子入りできる宿<BED AND CRAFT>のクリエイティブディレクター。

あの人の作品その12。
「日本を代表する作家の、令和にも通ずる青春物語。」ナミエミツヲ(sky visual works inc.・アートディレクター/グラフィックデザイナー)

藤子不二雄Ⓐ著『まんが道』(中央公論社、小学館他)

「漫画好きな後輩から勧められました。
 
読んだ時は、藤子不二雄のお2人が富山出身ということも意識せずに、地方から上京した2人の話として読んでいました。
 
自分たちのことに必死で、好きなことをやり続けたい2人と、時を同じく生きる仲間たちの物語は、たくさんの印象深いシーンを生み出しています。
 
みんなが知っているあの2人が、富山で出会っていたなんて最高ですよね。
 
『少年時代』の原作のことも、この漫画で知りました。
 
作品を作って、人に見てもらう。売り込む。踏み倒したら謝る。落ち込む。そしてまたつくる。」

ナミエミツヲ (sky visual works inc.・アートディレクター/グラフィックデザイナー)
http://www.skyvisual.jp/
広告制作会社勤務後、株式会社スカイビジュアルワークス設立。コンセプトの整理、C.I.、V.I、エディトリアル、パッケージ他、ブランディングにおけるアートディレクション、デザイン業務に関わる。2015年(平成27年)、心機一転、10年構えた恵比寿事務所を引払い、富山へ。

あの人の作品その13。
「昔も今も変わらぬ田舎が富山にはある。」東海勝久(株式会社IMATO・代表取締役)

篠田正浩監督『少年時代』(東宝)

「少年時代」DVD発売中 発売元:小学館 販売元:東宝

「中学生のころ、同級生と地元氷見の市民会館で上映された映画を見に行きました。
 
富山出身の藤子不二雄Ⓐが、富山を題材としたストーリー。漫画、映画どれもいいから一度は見るべきと思います。」

 

『少年時代』
出演:風間静江、岩下志麻、他
原作:藤子不二雄Ⓐ、柏原兵三
監督:篠田正浩
製作:「少年時代」製作委員会
配給:東宝
公開:1990年(平成2年)

こんなお話。
“漫画家の藤子不二雄Aが企画・制作し、自身の同名漫画と芥川賞作家・柏原兵三の小説「長い道」を原作にした意欲作。戦時下に疎開した少年たちを描いた群像劇。”(東宝のホームページより引用)


東海勝久(株式会社IMATO・代表取締役)
https://imato.jp/
漁民として25年。今は網元として干物加工業者として日々、勉強中! 魚を知ったからこその「新しいひもの屋」としても、もっか挑戦中!

あの人の作品その14。
「北陸は大変能楽が盛んな土地柄。この本を読んで興味を持っていただけたら。」佐野玄宜(宝生流能楽師)

世阿弥著、竹本幹夫訳注『風姿花伝』(角川ソフィア文庫) 

 

「初めて世阿弥の『風姿花伝』を手に取ったのは大学に入ったころだったでしょうか。もちろんその名前は知っていましたし、既に能楽師として舞台にも立ち始めていましたので、一度読んでみようと思いました。
 
能楽師は、師匠の元でけいこは受けますが、勉強はしません。私は能の研究にも興味をもって大学、大学院で学びました。この角川ソフィア文庫の本は、当時の恩師が訳注をしており、刊行の際にお送りいただいたものです。
 
風姿花伝が日本にとどまらず、翻訳されて海外の方にまで読まれているのは、能楽論、芸術論として優れているだけでなく、一般にも通じる普遍性も持っているからです。
 
年齢ごとに心得ておくべきこと、人の心をつかむために必要なこと、勝負で勝つために必要なこと、などなど人の生き方やビジネスにも通じるポイントがたくさんあります。
 
最近だとジャパネットタカタの高田社長の愛読書として知られ、ある社員が『社長がいつも話していることがこの本に全て載っています』と勧めたとのこと。
 
この本は、少し学問的なところもありますが、現代語訳もありますので読みやすいと思います。」
 
『風姿花伝』
著者:世阿弥
訳注:竹本幹夫
出版社:角川学芸出版
出版年:2009年

こんなお話。
“能の大成者・世阿弥が子のために書いた能楽論を、原文と脚注、現代語訳と評釈で読み解く。実践的な内容のみならず、幽玄の本質に迫る芸術論としての価値が高く、人生論としても秀逸。能作の書『三道』を併載。”(KADOKAWAのホームページより引用)

佐野玄宜(宝生流能楽師)
1981年(昭和56年)生まれ。加賀宝生の流れをくむ宝生流能楽師・佐野由於の長男として4歳で初舞台を踏み、東京と北陸を中心に舞台活動を行う。これまでに『石橋』『道成寺』『乱 和合』を披演。東京・金沢・富山各地にけいこ場を持ち、趣味で楽しむ方向けに謡・仕舞の指導を行う。早稲田大学・学習院大学・椙山女学園大学で非常勤講師を勤めるほか、各地で講演やワークショップを行い、能の魅力を伝えている。

あの人の作品その15。
「10年日記、私も書いてみようかな。」堀京子(保育士)

宮下奈都著『田舎の紳士服店のモデルの妻』(文藝春秋)

「宮下奈都が福井出身の作家とは以前から知っていて、最初の出合いは彼女のエッセイでした。この作品は、彼女の小説になります。
 
作品中には『福井』という地名は出てきませんが、福井を知っている人や子育て中のお母さんには、共感できる部分が多々ある作品です。」

 

『田舎の紳士服店のモデルの妻』
著者:宮下奈都
出版社:文藝春秋
出版年:2010年(平成22年)11月
定価:本体1,333円

こんなお話。
“夫のため田舎に移り住んだ梨々子が妻、母、女として迷いながら進む日々を丁寧に綴る。注目の著者がすべての女性に贈る“私の物語””(文藝春秋のホームページより引用)

堀京子(保育士)
今は保育士をしているが、国文学科卒でもともと読書好き。しかし、ここ数年は仕事や子育てなどに追われ読書からは遠ざかる日々を過ごしてきた。最近やっと少しずつ読書の時間をつくっている。 

あの人の作品その16。 
「貴方(あなた)のお力で死花を咲かせてください」吉川弥栄子(ひがし茶屋街 藤乃弥 照葉・おかみ)

入江たか子主演、溝口健二監督『瀧の白糸』(新興キネマ) 

提供:マツダ映画社

「若いころから泉鏡花先生の作品が好きでした。映画化されている中では、『義血侠血』を原作にしたこの作品が好きです。
 
まず冒頭のシーンで流れてくるのは、今もお座敷太鼓で最初にたたく、『竹に雀』という曲です。
 
白黒ではありますが、太夫の衣装、年齢の設定からは驚くほどの深い恋愛と哀しみが胸を突きます。」

 

『瀧の白糸』
主演:入江たか子主演
原作:泉鏡花
監督:溝口健二
配給:新興キネマ
公開:1933年(昭和8年)

こんなお話。
“「瀧の白糸」と呼ばれる女芸人は、学問をあきらめようとしている苦学生の青年と出会い、彼のために仕送りを続けることを決意する。明治を舞台とした悲劇の物語”(岩手県立美術館のホームページより引用)

吉川弥栄子(ひがし茶屋街 藤乃弥、照葉・おかみ)
東茶屋街 元芸妓(げいぎ・げいこ)。現在はお茶屋 <藤乃弥>おかみ。もうひとつのお店<照葉>は泉鏡花の照葉狂言から名付けた。

あの人の作品その17。
「絶望の先にある本当の幸せを見ました。」坂本欣弘(映画監督)

塙幸成監督『死にゆく妻との旅路』(ゴー・シネマ)

※書影は原作版。

「東京のバイト先で新聞を読んでいた時、富山での事件の記事を発見しました。
 
いつか自分がこの事件を映画化したいと強く思っていて、映画を見て号泣しました。」

 

『死にゆく妻との旅路』
出演:三浦友和、石田ゆり子、他
原作:清水久典
監督:塙幸成
公開:2011年(平成23年)
配給:ゴー・シネマ

こんなお話。
“多額の借金を背負った久典(三浦友和)は大腸がん手術をしたばかりの妻ひとみ(石田ゆり子)を娘夫婦に預け金策に走る。だが3ヶ月走り回って成果はゼロ。もう一時も離れたくないという妻の願いを受け入れた彼は、50万円を手に旅に出る。”(日本映画データベースより引用)

坂本欣弘(映画監督)
1986年(昭和61年)生まれ、富山県出身。大学在学中には、映画監督の岩井俊二が主宰するplay worksにシナリオの陪審員として参加。その後、冨樫森や呉美保らのもとで助監督として活動。監督作には『真白の恋』『もみの家』がある。
 
(編集部コメント:次は北陸の「暮らしとロングライフデザイン」の本と映画と漫画を紹介します。)
 
※クレジットが記載されていない書影については、各出版社が自由な利用を認めたデータベース登録済みの書影を使っています。

 
 

この記事を書いた人

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。