おもたせやお中元にも。あの人の夏のお菓子。(前編)

2020.08.05

No. 03

もう、手が止まらない。

おわら煎餅の金型。撮影:柴佳安。

食感や見た目にも夏らしいお菓子が続きました。

 

ここでちょっと視点を変えて(別に夏らしくないという意味ではありませんが)、おかきやせんべいを紹介します。

 

汗をかいてミネラルを失う夏に、ちょっとした塩味を感じられる「悪魔のような」おかきと、富山の夏の終わりに催される大きな祭りと深く結び付く素朴なせんべいが登場します。

 

こんな夏のお菓子も、素敵だなあと思いました。

「悪魔のおかき」山﨑義樹さん(プロダクトデザイナー)

御菓蔵(富山県砺波市)の<玉葱おかき>

撮影:大坪史弥。

「富山県の砺波市に引越しをして、近くにある工場で直接購入したのがきっかけです。
 
『何かヤバイものが入っているのでは?』と思うくらい、手が止まらなくなります。
 
わが家では、われ(割れ)おかきの大袋で購入していますが、食べ残さないくらい止まらないです。」
御菓蔵(おかくら)の<玉葱おかき>はどんなお菓子?
 
“玉ねぎの風味を引き出してやわらか仕立てのおかきに仕上げました。”
(御菓蔵(おかくら)の公式ホームページより引用)
 
<玉葱おかき>
価格:18枚500円(税抜)
※賞味期限は製造から4カ月。保管は常温。

Hokuroku

 
山﨑義樹(やまざき・よしき)
プロダクトデザイナー。富山県小矢部市生まれ、富山県高岡市の鋳物メーカー、デザイン事務所に勤務した後、BLOCKDESIGN(ブロックデザイン)を設立。Designノyamazaki yoshikiに屋号を変更。プロダクトブランド<なにがし>を立ち上げる。

「おわらの里、やつおの素朴なおやつ!」原井紗友里さん(株式会社OZLinks代表取締役)

花島おわら堂(富山県富山市)の<おわら煎餅>

撮影:原井紗友里。

「富山県の高岡にある大野屋の<とこなつ>、同じく富山県の八尾にある小蔵亀寿堂の<麩まんじゅう>などなど、大好きなおやつはいっぱいありますし、<おわら煎餅>って夏らしいのか疑問は残ります。

 
ただ、県外だけでなく、富山県内に営業に行くときに必ず持っていく私の相棒で、観光拠点<越中八尾ベースOYATSU>の隣にお店があるため、せんべいを焼き上げる日は、OYATSUまでいいにおいがします!

 

1枚1枚、手焼きで、ほんのりゴマの香りのする素朴なおいしさ。老若男女、世界中の人に喜んでいただける、八尾の隠れた銘菓です!

 

おわらの歌の焼印がされており、食べながら歌を解読するのも楽しい。(今年は中止になりましたが)9月のおわら、もうすぐだなーと感じる逸品です。」

花島おわら堂(はなじまおわらどう)に聞いた。<おわら煎餅>はどんなお菓子?

 

「1枚ずつ手焼きしております。おわらの版(焼印)は8種類あります。林秋路さんの字、画で、おわらの歌と歌にちなんだ絵をお楽しみください」

 

<おわら煎餅>

価格:(10枚箱入り)1,000円(税込)、お店では2枚入160円(税込み)の単品もあり。

※賞味期限は製造から1カ月。保管は常温。

撮影:柴佳安。

原井紗友里(はらい・さゆり)
株式会社OZLinks・代表取締役。越中八尾で通年観光に挑戦し続ける観光拠点<越中八尾ベースOYATSU>のおかみ。着物アップサイクルブランド<tadas>も運営し、八尾町の魅力を発信し続けている。

 

(富山のおかき、せんべいが続きました。米も水もおいしい北陸です。きっと石川にも福井にも、おいしいおかきとせんべいが、たくさんあるのでしょうね。次は第4回。夏らしい冷菓へと続きます。)

この記事を書いた人

坂本 正敬

関連する記事

オプエド

この記事に対して、前向きで建設的な責任あるご意見・コメントをお待ちしております。 書き込みには、無料の会員登録、およびプロフィールの入力が必要です。